アコムの金利・無利息サービスを利用する方法

アコムの審査を受けたら金利18.0%になったという人は多いと思いますが、この金利によって支払う利息はどう変わってくるのでしょうか?

ここでは、アコムの金利、毎月の返済額、無利息サービスなど、アコムの金利について詳しく解説します。


もくじ

アコムの金利の決まり方は?

 

金利は、借りたお金に対して支払う利息の割合になります。

アコムをはじめとした貸金業者や銀行カードローンは、自由に金利を設定しているわけではありません。

「利息制限法」という法律に基づいて上限金利を定めているのです。

▼利息制限法による上限金利
・元本の金額(限度額)が10万円未満のときの上限金利:年20.0%まで
・元本の金額(限度額)が10万円以上から100万円未満のとき上限金利:年18.0%まで
・元本の金額(限度額)が100万円以上のときの上限金利:年15.0%まで

利息制限法では、限度額(借入額)が10万円未満のときは金利を20.0%まで設定して良いことになっているのですが、アコムは上限金利を18.0%と定めているので、限度額に関係なく金利18.0%を超えることはありません。

アコムの金利一覧

アコムの金利は、設定される限度額によって以下のように決まっています。

▼アコムの限度額と金利

限度額 適用金利
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

 
アコムの一覧表を見ると、「限度額が30万円でも7.7%で借りられる可能性もあるのかな?」と思えるかもしれませんが、残念ながらそうではありません。

利息制限法では限度額が30万円でも99万円でも、金利は18.0%まで設定して良いことになっているので、アコムにとっては金利を下げる理由がないのです。

金利に幅があるときは、その範囲の上限金利が適用されるのが一般的です。

アコムから借り入れを行う場合は、非常に多くのケースで金利は18.0%になると思っておいた方が良さそうです。

また、アコム利用者の口コミを確認したところ、初回申し込み時は限度額が10万円~30万円に設定されるケースが多いようで、どんなに高い人でも50万円となっていました。

いずれの場合もアコムの金利は18.0%という口コミが多いようでした。

 

大手消費者金融とアコムの金利を比較

アコムの金利は、他の大手消費者金融と比較すると高いのでしょうか?それとも低いのでしょうか?

▼大手消費者金融の金利と限度額

消費者金融 金利 限度額
アコム 3.0%~18.0% 最大800万円
プロミス 4.5%~17.8% 最大500万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 1万円~500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アイフル 3.0%~18.0% 最大800万円

 

下限金利はアコム、SMBCモビット、アイフルが低く、上限金利はプロミスが最も低いですね。

カードローンで借り入れをするとき、下限金利で借りられることはまずありませんので、比較すべきなのは上限金利です。

なぜ下限金利で借りられないの?

下限金利で借りるには限度額が最大に近い金額にならなければいけないのですが、消費者金融から借りられる金額は総量規制によって年収の3分の1までと決まっています。

アコムから借りられる最大額は800万円なので、最低でも年収が2,400万円必要ということになるのですが、そもそも日本に年収2,000万円以上の人ってどれくらいいると思います?

年収2,000万円~2,500万円稼いでいるという人は、令和元年の給与所得者5,255 万人のうち12万4千人で全体の0.2%、2,500万円以上稼いでいる人は15万1千人で全体の0.3%のみなんです。

<参考>国税庁-民間給与実態統計調査-

たったこれだけの人しか総量規制をクリアしておらず、さらに年収の3分の1まで必ず借りられるというわけでもないので、アコムで800万円を借りることは不可能と言っても良いくらい難しいことなのです。

アコムの金利は大手消費者金融の水準です

大手消費者金融を上限金利で比較するとプロミスが0.2%低いので、金利面でお得なのはプロミスということになります。

ただ、0.2%程度の差であれば繰上げ返済を行うことでカバーできる範囲なので、アコム金利は消費者金融の水準と言って良いでしょう。

 

アコムに支払う利息を抑えるためにできることが知りたい!

カードローン返済は金利が低い方が利息も安くなるのですが、金利が同じでも支払う利息を抑える方法は2つあります。

①繰上げ返済で返済期間を短縮!

カードローンの利息は日割りで増えていくので、借入額と金利は同じでも借り入れ期間が短い方が支払う利息は安くなるんです。

借り入れ期間を短くするには毎月なるべくたくさんの金額をアコムに支払って、元金をどんどん減らすことが有効です。

金利18.0%で30万円借りた例で比較してみましょう。

パターンA パターンB
借り入れ額 30万円 30万円
金利 18.0% 18.0%
毎月の返済額 10,000円 20,000円
返済回数期間・期間 41回・3年5ヶ月 18回・1年6ヶ月
返済総額 401,523円 342,404円
利息 101,523円 42,404円

 

いかがでしょうか。パターンAでは毎月10,000円の返済で、パターンBは倍の2万円を返済したケースになります。

アコムからの借入額と金利は同じでもパターンBの方が返済期間が1年11ヶ月も短縮されて、支払う利息に至っては約6万円も節約になっています。

追加返済の効果がよくわかるのではないでしょうか?

アコムの追加返済は、インターネット返済、ATM、店頭窓口で返済できますので、お給料日には必ず追加返済をすると決めておくなど、お財布に余裕があるときにはどんどん返済していきましょう。

②30日間無利息サービスを活用する

アコムを初めて利用する人は30日間無利息サービスを利用することができます。

無利息サービスはデメリットがない嬉しいサービスなのですが注意点もありますので、詳しく解説します。

アコムの無利息サービスを利用する方法

アコムの無利息サービスは、アコムを初めて利用する人が対象なので、過去に利用していたことがある人や、増額時に利用することはできません。

まずは30日間無利息サービスの利用条件から確認していきましょう。

アコムの無利息サービスを適用する条件とは?

アコムの30日間無利息サービスを利用できる人は、「アコムでの契約が初めての人」になります。

これ以外の条件はありませんのでとても簡単です!

アコム無利息期間を利用すると利息はどれくらい安くなるの?

無利息期間は最大30日間になるので、30日分の利息が丸ごとカットされることになります。

利息の計算方法はこちらです。

利息 = 借り入れ残高 × 金利(%) × 借り入れ日数 ÷ 365日

30日間無利息期間で節約できる利息はこうなります。

借入額 カットできる利息(30日分の利息)
10万円 1,479円
20万円 2,958円
30万円 4,438円
40万円 5,917円
50万円 7,397円

 

アコムの30日間無利息期間は、いくら借りても利息がかからないのでお得なのですが、この期間にはできるだけたくさんの金額を返済することをおすすめします。

30日間無利息期間に返済した金額は全て元金の返済に充てられるので、無利息期間内に全額返済できれば利息0円で返済できるんです。

全額返済できない場合でも、できるだけの金額を返済すれば、のちの返済が間違いなく楽になりますよ。

例えば、アコムから金利18.0%で10万円借りて、毎月10,000円を返済するとします。この場合の返済内訳は以下のようになっています。

返済回 返済額 利息 借入残高
1回目 10,000円 1,479円 91,479円
2回目 10,000円 1,353円 82,832円
3回目 10,000円 1,225円 74,057円
4回目 10,000円 1,095円 65,152円
5回目 10,000円 963円 56,115円
6回目 10,000円 830円 46,945円
7回目 10,000円 694円 37,639円
8回目 10,000円 556円 28,195円
9回目 10,000円 417円 18,612円
10回目 10,000円 275円 8,887円
11回目 9,018円 131円 0円

 

返済金額10,000円はそのまま元金の返済に充てられるのではなく、元金と利息の返済に使われることになります。

しかし、30日間無利息期間に返済した10,000円は全て元金の返済に充てられるので、返済スピードが早いんです。

無利息期間を活用するには、この30日間にできるだけたくさんの金額を返済するというのが利息を大幅に抑えるためのとても大きなポイントになります。

 

アコム30日間無利息サービスの注意点

アコムの30日間無利息サービスは、アコムが顧客獲得のために行なっているサービスなので、私たち利用者にリスクやデメリットはありません。

ただし、知っておきたい30日間無利息サービスの注意点がありますので確認しておきましょう。

無利息期間の開始日は「契約日の翌日」になる

アコムの無利息期間の開始日は、「契約日の翌日」になります。

注意したいのは、初回借り入れ日の翌日からではないというところ。

アコムとの契約が完了すると、その翌日から自動的に無利息期間が始まるので、お金を借りても借りていなくても無利息期間は自動的にスタートするんです。

このため、アコムの無利息サービスは最大で30日間となります。

30日間無利息サービスをしっかり活用するには、お金が必要なタイミングで申し込みをすることが重要です。

無利息期間は30日間!1ヶ月ではありません

これも非常に重要な無利息期間の注意点です。

アコムの無利息期間は「30日間」になり、「1ヶ月」ではありませんので、無利息期間が31日間になることはありません。

例えば、4月1日に契約をした場合、無利息期間は4月2日からスタートして、30日後の5月1日に終了します。

口コミでも、無利息期間を1ヶ月間と勘違いしてしまった事例もありましたので、無利息期間は30日間になることも忘れないでくださいね。

アコムの金利・無利息サービスのまとめ

アコムは最大手の大手消費者金融なので、金利も業界水準を採用していますし、返済方法も豊富に用意されています。

はじめてアコムを利用する場合は30日間無利息サービスも適用されるので、お得に借りることができますよ。

ただ、消費者金融の金利設定そのものが高めなので、できるだけ追加返済を行なって利息を抑えることを意識すると良いでしょう。

借り入れ残高や毎月の返済額が知りたい場合は、アコムのインターネット会員サービスやスマホアプリからいつでも確認ができます。

アコムの会員サービスやアプリをチェックすると返済意識も高まりますので、こまめに確認して返済シミュレーションも試してみてください。

 


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP