アコムの解約方法は?完済しても退会しない方がいい?

アコムの借り入れを完済したから解約したいと思ってるんだけど、
・解約方法がよくわからない
・解約したことを証明できる書類が欲しい
・今解約するべきなのか判断できない・・・
など、不安もあるのではないでしょうか。

アコムとの契約を解除すると気持ちはスッキリできますが、また急にお金が必要になった時には、再度審査を受けて契約を結ばなければいけません。

ここでは、アコムの解約の仕方、解約のメリット・デメリット、解約証明書、信用情報など、アコムの解約に関して事前に知っておくべきことを詳しく解説しています。

また、アコムの解約と住宅ローンについて検索している人がとても多いようですので、住宅ローンの影響についてもご紹介します。


もくじ

アコムの解約の仕方

まずはアコムの解約方法を確認しておきましょう。

解約方法は3種類用意されています。

・電話で解約
・自動契約機(むじんくん)で解約
・店頭窓口で解約

最も簡単で早くアコムとの契約を解約できる方法は「電話」になります。

なるべく早く解約したい場合は、電話での解約をおすすめします。

電話解約の仕方・流れ

解約手順1:アコムローンカードを用意して、アコム総合カードローンデスク「0120-629-215」に電話をかけます。
※受付時間は平日9:00~18:00

音声ガイダンスの案内にしたがってオペレーター接続を選択します。

解約手順2:アコムのオペレーターに解約したいことを伝えます。
オペレーターにつながったら解約希望であることを伝えてください。
カード番号の確認があるので、ローンカードに記載されているカード番号を伝えます。
本人確認として、氏名、生年月日などの確認もありますので回答してください。

解約手順3:解約に関する案内があります。
残高の確認や、ローンカード処分方法の案内があります。
不明点はしっかりアコムのスタッフに確認しておきましょう。

解約手順4:アコムの解約証明書の発行をお願いしましょう。(任意です)

電話による解約はどこにも行かずに手続きができるので、最も簡単な解約方法です。

電話ではアコムカードに記載されている会員番号を確認されるので、カードを手元に用意しておきましょう。

なお、電話での解約は受付時間が平日9:00~18:00に限られますので、時間帯にだけご注意ください。

自動契約機(むじんくん)で解約する流れ

自動契約機(むじんくん)でも解約手続きができます。土日祝日も21時まで営業しているので、仕事帰りにサクッと解約してしまいたいという場合などに便利な解約方法です。

⇒アコムの自動契約機「むじんくん」審査申込方法【使い方・必要な持ち物】

解約手順1:ローンカードを持参して自動契約機(むじんくん)に行きます。
※自動契約機(むじんくん)の営業時間は9:00~21:00です。(土日祝祭日も営業)

解約手順2:オペレーター直通の電話が備え付けてあるので、電話でオペレーターに解約したいことを伝えます。

解約手順3:会員番号などの確認後、解約手続きが行われます。解約証明書の発行を希望しましょう。(任意です)

アコムの自動契約機(むじんくん)に行って解約をしても機械で手続きをすることはできず、室内の電話でオペレーターさんと会話しながら手続きを進めることになります。

そのため、自動契約機(むじんくん)に行って解約を行うメリットはあまりありません。

どうしても平日9:00~18:00にアコムに電話ができない場合の代替え手段となるでしょう。

アコム店頭窓口解約の仕方・流れ

アコムの有人店舗でも解約手続きを行うことができます。

対面での解約手続きは、不安なことを直接担当者に確認したい場合におすすめの方法です。

また、1,000円未満の借り入れ(無利息残高)を返済する必要がある場合も店頭窓口ならまとめて手続きができます。

解約手順1:本人確認書類とローンカードを持ってアコム有人店舗に行きます。
※営業時間は平日9:30~18:00です。(土日祝日は不可)

解約手順2:アコムのスタッフに解約したいことを伝えて本人確認書類を提示します。

解約手順3:その場で解約手続きが行われます。ローンカードの返却を行なって解約証明書の発行を希望しましょう。(解約証明書は任意です)

アコム店頭窓口なら担当者と相談しながら解約ができるので、不安材料を一切残すことなく解約することができます。

ただ、アコムの有人店舗は2021年4月現在全国に4店舗しかありませんので、来店できる人が限られています。

お近くに店舗がある場合にのみ利用できる解約方法になるでしょう。

▼アコムの有人店舗

店舗名 住所 営業時間 定休日
西新宿支店 東京都新宿区西新宿1丁目3-1
新宿サンフラワービル2F
平日9:30~18:00 土日祝日
川崎駅前支店 神奈川県川崎市川崎区駅前本町5-3
KOWA川崎駅前ビル2F
平日9:30~18:00 土日祝日
天王寺支店 大阪府大阪市天王寺区堀越町16-9
毎日シルバ-ビル4F
平日9:30~18:00 土日祝日
梅田支店 大阪府大阪市北区小松原町1-7
ミスターりんビル2F
平日9:30~18:00 土日祝日

 

注意!アコムの解約は完済した後になる

アコムの契約を解約するには、借りているお金を全額きちんと返済する必要があります。

最終返済時に1円単位で完済していれば問題ありませんが、返済額が足りていない、または多く返済していることがあるので、解約前に確認しましょう。

1,000円未満の借り入れ残高(無利息残高)があると解約できない

アコムでは1,000円未満の借り入れに関しては、利息がつかず返済の請求もされない「無利息残高」として扱っています。

例えば5,600円の借り入れがあって最終返済時に5,000円返済した場合、600円の借り入れが残ってしまいます。

この600円には利息もつかず、返済しなくても請求されません。また、延滞金も発生しません。

しかし、無利息残高もアコムからの借金であることには変わりないので、解約する際には返済してしまわないといけません。

端数を返済する方法は?

端数をアコムに返済できる方法はこちらです。

・店頭窓口
・銀行振込
・インターネット返済

いざアコムを解約したい!と思い立った時に手間がかからないように、最終返済時はこれらのいずれかの方法では数もきっちり完済することを強くおすすめします。

預かり金があると解約できない

5,600円の借り入れに対して、最終返済時に6,000円を返済したとします。

この場合、アコムへの返済は完了していますが、400円のお釣りが発生することになります。

また、口座振替で返済をしている人が、最終返済の引き落とし前に繰上げ返済でATMから全額返済した場合なども、預かり金が発生することがあります。

これは、完済されたにも関わらず口座振替を停止する手続きが行われていなかったために預かり金が発生したケースです。

システムの問題なので仕方がないことなのですが、この預かり金は全額返還してもらうことができます。

預かり金の返還方法は、
・口座振込で入金してもらう
・店頭窓口に受け取りに行く
のどちらかになります。

預かり金が発生している場合は、アコム総合カードローンデスク「0120-629-215」に電話で相談してみると良いでしょう。

しかし、解約しようとしているときに、まずは預かり金を返済してもらわないといけないとなると面倒ですよね。

口座振替のタイミングによってお釣りが発生してしまうのは仕方がないのですが、振込で返済している場合は預かり金も無利息残高もどちらも発生しない方法で完済してしまうことをおすすめします。

アコムを解約すると信用情報はどうなる?

アコムとの契約を解約すると、信用情報機関に載っている情報もすぐに削除されるというイメージがあるかもしれませんが、実は解約しても一定期間は記録が残ることになります。

信用情報からアコムの記録が消えるのはいつ?

信用情報機関はCIC、JICC、全国銀行協会の3社あり、会員となっている加盟店から提供される情報をそれぞれで保有しています。

アコムはCICとJICCの2つの信用情報機関に加盟していて、全国銀行協会には加盟していません。

信用情報機関 CIC JICC 全銀協(※1)
アコム利用歴 契約期間中および契約終了後5年以内 契約期間中および契約終了後5年以内 -
延滞歴 契約期間中および契約終了後5年以内 契約期間中および契約終了後5年以内 -
異動情報(事故情報) 契約期間中および契約終了後5年以内 契約期間中および契約終了後5年以内 -(※2)

(※1)信用情報として記録が残るのはCICとJICCのみとなるのですが、信用情報機関3社はCRIN(Credit Information Network)という情報交流ネットワークを行なっており、必要に応じて各金融機関で保持している情報を共有することができるようになっています。

(※2)全国銀行協会は、異動情報のうち自己破産の情報を10年を超えない期間保有します。そのため、自己破産をすると最長10年間は、信用情報機関に記録されると言われています。

最長5年間記録が残ることになる

各社の信用情報の保有期間にそこまで大きな違いはありません。

CICでもJICCでも、延滞することなくアコムを利用していた場合は解約から5年間は契約していた情報が残ることになります。

延滞や異動情報(事故情報)があった場合も、契約が終了しても5年間は記録されるので、アコムから融資を受けていたことを信用情報からなるべく早く消し去りたい場合は、1日でも早く解約した方が良いでしょう。

アコムを解約しないと住宅ローン審査に通らないって本当?

アコムの利用が住宅ローンに影響するかどうかを検索している人は本当に多く、質問掲示板でも「アコムから借り入れがあると、住宅ローン審査に通らないのでしょうか?」という質問をよく見かけます。

この答えは、「影響する場合もある」ということになります。

カードローンはいつでも簡単に借り入れができてしまうものなので、住宅ローンを融資する金融機関からすると、借り入れ枠があるだけでも返済能力に不安があるリスクということになるのです。

住宅ローン審査申し込み時の借り入れ状況は必ず確認されます

不動産会社経由で住宅ローンに申し込む場合も、金融機関で直接事前審査を受ける場合も、現在の借り入れ状況は必ず確認されます。

アコムなどの消費者金融からお金を借りている状態の場合は、住宅ローン審査に通過する可能性が非常に低くなってしまいます。

異動情報(事故情報)があると絶望的・・・

住宅ローンでは、カードローンとは桁違いのお金を借りることになるので、審査も非常にシビアに行われます。

信用情報に延滞歴があるだけでも大きなマイナスになるのですが、もっと大変なのは異動情報です。

2ヶ月を超える長期延滞、強制解約、保証履行(代位弁済)、債務整理歴などがあると異動情報として登録されてしまうのですが、すでにアコムに完済して解約した後であっても異動情報があると住宅ローン審査に通過できる確率は限りなく低くなってしまいます。

延滞だけは絶対にしないように!

現在もアコムをはじめとした消費者金融から融資を受けている場合は、延滞だけは絶対にしないようにしましょう。

将来、家族のために持ち家が欲しいと思った時に、住宅ローンが組めない可能性は本当にあります。

また、住宅ローンもカードローンと同様に、条件が良いほど審査は厳しくなります。

過去にカードローンで延滞していたために、自分にとって最適な金融機関で組むことができずに金利が高いところから借りざるを得ないという結果になってしまうことも実際にあります。

たとえ借り入れがない状態であっても、アコムの利用状況が住宅ローンに影響することは実際にあるということを頭に入れておきましょう。

後から悔やむことがないように、延滞にだけは気をつけてくださいね。

アコムから解約証明書をもらった方が良いって本当?

解約証明書は、その名のとおりアコムとの契約を解約したことを証明できる書類です。

アコムでは「残高証明書」という形で発行していて、借り入れ残高が0円であることを証明できる書類を作成してもらうことができます。

アコム解約証明書の必要性

解約証明書は日常生活で必要になることはほぼありません。使う可能性があるとしたら住宅ローンを組む時になります。

住宅ローンの審査では、必ず信用情報の照会も行われます。

その際にアコムからお金を借りていたことはすぐにわかるので、すでに解約していることを証明できる書類があった方が良いケースがあるのです。

解約証明書は無料で請求できるので、住宅ローンを組む予定がない場合でも念のため受け取っておくことをおすすめします。

アコム解約証明書はいつ届くの?

電話、自動契約機(むじんくん)で解約手続きを行う場合、解約証明書は自宅に郵送されてくることになります。

解約手続きを行ってから数日~数週間で届くことになりますが、自宅にアコムから郵便物が届くと困る場合は、アコム総合カードローンデスク(0120-629-21 受付時間:平日 9:00~18:00)に相談してみてください。

アコムの解約に関するQ&A

アコムの解約に関するよくある質問をQ&Aでまとめてみました。質問掲示板でよく見かける質問をまとめてありますので、確認してみてください。

もう消費者金融と関わるのはこりごり!解約しないで放っておいてもいい?

やっとの思いで借りていたお金を返済したことで、消費者金融とはもう関わりたくない、解約の連絡すらしたくないと感じる人もいるようです。

しかし、今後もう消費者金融に関わりたくないと思うなら、必ず解約手続きを行ってください。

完済しただけでは契約は続いている状態なので、信用情報機関にも記録が残り続けることになります。

解約手続きは電話1本でできるので、最後のシメとして解約手続きを行ってスッキリしましょう。

ローンカードを破棄するだけでは解約になりませんので、ご注意ください。

ローンを組む予定がなければ解約しなくても良い?

結論から言うと、審査を受ける予定がなくても、早めに解約することをおすすめします。

なぜ消費者金融と契約があるとローンに影響してしまうのか、その理由を確認しておきましょう。

返済能力に不安がある

アコムから借り入れがある人が銀行の目的ローンに申し込みをしたとします。

この場合、すでに他社から借り入れがある状態でお金を借りることになるで、銀行はこの人は返済能力が低いと判断します。

また、そもそも金利が高い消費者金融でお金を借りているということに対して「よほどお金に困っているのかな?」と思われてしまうこともあります。

自分にとっては本当に必要な経費として借りたお金でも、お金を貸す側の金融機関から見ると「自分の収入だけで生活ができない人」と厳しい判断をされることもあるのです。

借り入れがなくてもいつでもお金を借りられる状態である

すでに完済している場合でも、借り入れが枠があるだけでお金を借りている状態とみなされることがあります。特に住宅ローンではこの傾向が強いようです。

なぜここまで厳しいのかというと、借り入れ枠があるというということは、またいつでもお金を借りられる状態だから。

例えば100万円の借り入れ枠がある人を住宅ローン審査に通したとします。

この人が審査通過後に100万円の借金をしてしまうと、住宅ローンの返済能力が大きく落ちてしまうことになり、延滞してしまうかもしれません。

こういったリスクがあることから、最初から100万円の借り入れがあるとみなして審査を行うのです。

アコムからの借り入れ枠があるということが審査に影響するケースは実際にあります。

何かの審査を受ける直前に解約するよりも、事前に解約しておいたほうが借金を完済して安定した生活を過ごせていることをアピールすることができますので、お金を借りる必要がなければ解約しておくと良いでしょう。

本人以外の人が解約することもできる?

子供が親に内緒で借金をしていたとか、妻が夫に内緒で借金をしていたことが発覚したなどお金のトラブルも実際にあります。

本人以外の代理人が1日でも早く解約してしまいたいという状況もあるかもしれませんが、アコムの解約は本人しかできません。

契約できるのもの本人のみなので、他人が勝手に解約をすることはできないのです。

ただし、代理人が返済することは可能です。返済に関しては決まった金額を入金するだけなので絶対に本人が返済しないといけないというルールはありません。

本人以外の人が代理で完済して、解約手続きは本人に行ってもらうという流れであれば解約可能です。

アコムを解約するメリット・デメリット(まとめ)

アコムの解約方法と解約にまつわる気になることを確認してきましたが、最後にアコムとの契約を解除することのメリット・デメリットをまとめます。

基本的にはお金を借りる必要性がなくなったら解約した方が良いのですが、あまり急ぎすぎない方が良いケースもあるんですよ。

アコムを解約するメリット

▼アコムを解約するメリットは?
・住宅ローンの審査に通過しやすくなる
・クレジットカード、目的ローン、マイカーローンなど各種ローン審査に通過しやすくなる
・借金生活から綺麗さっぱり卒業できる

アコムとの契約を解約する大きなメリットは、今後のローン審査に通過しやすくなるということ。

特に住宅ローン審査を受ける予定がある人は、完済したら解約することを強くおすすめします。

筆者もつい最近実際に住宅ローン審査を受けましたが、どの金融機関でも借り入れ状況の確認はありました。

消費者金融からの借り入れがある場合はどうなるのかを担当者に確認したところ、「審査次第にはなりますが、通過できないことも実際にございますね」とのことでした。

また、「借り入れはなくても、借り入れ枠が残っている状態だとどうですか?」と突っ込んで聞いてみたところ、「そういったケースでは、借り入れがあるとみなして審査をすることもございます」と言われました。

将来的には住宅ローン審査を受けるかもと思うなら、早めに解約することは少なからずメリットになりますよ。

また、借金生活から完全に離れられるということは、金銭的にも精神的にも良いことです。
こちらもとても大きなメリットですね。

アコムを解約するデメリット

▼アコムを解約するデメリットは?
・再び借り入れしたい時には再審査が必要

アコムを解約するデメリットはただひとつで、またお金に困ってしまった時にすぐに借りることはできず、再度審査を受けなければいけないということ。

安易にお金を借りることはおすすめしませんが、完済した直後はまだ生活が不安定で、とりあえず一旦全額返済できたは良いけど、アコムからの融資がないとクレジットカードの支払いを延滞してしまうかも・・・という事態に陥ってしまうこともあります。

ここまで困ってしまいそうなら、もう少し生活再建ができるまで契約を続けておいたほうが安心でしょう。

1度完済したことがある人であれば、そう簡単にお金を借りるようなこともしないのではないでしょうか?

ただし、「ついまたお金を借りてしまいそう・・・」と不安ならば、本当に困った時には再審査を受けようと決めて思い切ってアコムを解約をするというのもひとつの手段です。

現在の生活状況と、今後住宅ローンを組む予定があるかどうかで総合的にアコムの解約を判断してみてください。


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP