アイフルのアプリの特徴や便利な利用方法

アイフルにスマホアプリがあることをご存知でしょうか?

アイフルのアプリをスマホにダウンロードしておけば利用残高を知りたいときや、返済状況が気になったときにすぐに確認することができますし、申し込みもスマホアプリからできるようになっています。

ここでは、アイフルのスマホアプリの便利な利用方法やできることなど、特徴を解説していきます。


もくじ

アイフルのアプリでできることとは?

 

アイフルアプリは、原則24時間いつでも無料で使うことができます。

アイフルアプリでできることはこちらです。

・新規の申込
・必要書類の提出
・利用状況の確認
・返済金額、返済日など返済に関する確認
・増額審査の申込
・振込での借り入れ
・カードレスで借り入れ、返済(スマホATM)
・1秒診断
・返済シミュレーション
・ATM、店舗の検索
など

アイフルアプリの特徴を確認しておきましょう。

カードレスで借入・返済ができる「スマホATM取引」を利用できます

アイフルスマホアプリがあれば、ローンカードがなくてもセブン銀行ATMとローソン銀行ATMで借り入れ・返済ができる「スマホATM取引」が利用できます。

アイフルローンカードを持ち歩く必要がないので、カードレスのキャッシングができますよ。

ただ、とても便利な機能なのですが、ちょっとした注意点もありますので、「スマホATM取引でスマホをローンカード代わりに!」の項目で詳しくご紹介します。

アイフルアプリで申し込み、必要書類の提出もできる

アイフルアプリから新規申し込みの手続きを行うこともできます。
アプリから申し込みを行う流れを確認しておきましょう。

アイフルアプリから申し込みをする流れ

1.アイフルアプリをスマホにインストールします。

2.必要事項を入力して、申し込み手続きを行います。
運転免許証があれば氏名や住所を読み込むことができますので、入力の手間が省けますよ。

3.アイフルの審査が行われます。
申し込み後にメールで必要書類の提出の案内がありますので、本人確認書類を提出しましょう。(借入額によっては収入証明書も必要です)
書類はアプリから提出することができます。
カメラで撮影してアプリから送信するだけなので、他の提出方法よりもとても簡単にできます。

アイフルへ書類を提出したら、審査が行われて電話またはメールで審査結果のお知らせがあります。

4.契約手続きを行います。
アイフルとの契約手続きもスマホから行います。
このとき、ローンカード発行の有無を選択できるのですが、発行しておくことをおすすめします。ローンカードの発行方法は、郵送、アイフル有人店舗または無人店舗に来店することになります。自宅に郵便物が送られてくると困る場合は来店発行を行いましょう。

アイフルアプリで増額の申し込みもできる

アイフルを利用し始めたけど、限度額をもうちょっと上げて欲しい・・・というときには、アプリから増額の申し込みをすることができます。

増額してもらうには、増額の申し込みをして審査に通過する必要があるのですが、この増額審査の申し込み手続きをスマホアプリからできるようになっています。

アイフルアプリを使って返済計画を立てることができる

アイフルアプリでは、次回返済日と返済金額の確認をすることができます。

アイフルの返済日をうっかり忘れてしまいそうなときには、返済期日の3日前にメールでお知らせしてくれる「aiメール」を設定することもできます。

返済シミュレーションもいつでもできるので、返済計画を立て直すこともできますので、延滞せずに早期完済を行うために、アイフルアプリはとても役に立ちますよ。

また、延滞しそうなときに「今回だけどうしても返済日を後ろ倒ししたい!」というときや、お給料日が変わったために返済日そのものを変更したいというときもあると思います。

そういったときも、アプリから手続きができます。

延滞してしまいそうなときに、アイフルスタッフさんと話をするのはかなり気まずいですが、アプリから設定変更できるなら助かりますね。

アイフルアプリへのログインは簡単にできます

他社のスマホアプリでは、ログインするたびにパスワードを入力しなければいけないものもあります。

大切な個人情報とお金を守るためには重要なことなのですが、わかっていても面倒ですよね。

アイフルアプリは、生体認証とPINコードによるログインに対応していますので、初回にID・パスワードを設定すれば、次回以降は面倒なID入力、パスワード入力を省略することができます。

 

アイフルのスマホATM取引でスマホをローンカード代わりに!

ここでは、アイフルのスマホアプリを使ってATMから借り入れ・返済ができる「スマホATM」について確認しておきましょう。

スマホATM取引はどのATMで利用できるの?

スマホATM取引が利用できるのは、
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM

になります。

アイフルATMとその他の提携ATMではスマホATMが使えませんのでご注意ください。

どうやってATMをアプリで動かすの??

アイフルアプリとATMのそれぞれの案内に従って、ATMでQRコードを表示させて、スマホアプリで読み込みます。

画面の案内に従って操作するだけなので、1度スマホATM取引で手続きを行えばすぐに慣れると思いますよ。

ここでは、スマホATM取引によるセブン銀行ATMとローソン銀行ATMの借り入れ方法を確認しておきましょう。

セブン銀行ATMのスマホATM取引操作方法

1.アイフルスマホアプリにログインします。

2. 借り入れをするときは「スマホATMで借りる」を選択します。
※返済時は「スマホATMで返す」を選択してください。

3.セブン銀行ATMの画面で、「スマートフォンでの取引」を選択します。

4.セブン銀行ATM画面にQRコードが表示されます。

5.スマホアプリで、ATM画面に表示されたQRコードを読み込みます。

6.スマホ画面に4桁の企業番号が表示されるので、セブン銀行ATMに入力します。

7.セブン銀行ATMにアイフルの暗証番号(4桁)を入力します。

8.取引金額を入力して「確認」を選択すると現金が出てきます。

ローソン銀行ATMのスマホATM操作方法

1.アイフルのスマホアプリにログインします。

2. 「スマホATMで借りる」を選択します。

3.ローソン銀行ATMの画面で、「スマホ取引」を選択します。

4.QRコードが取引画面に表示されます。

5.表示されたQRコードをアプリで読み取ります。

6.スマホに4桁の企業番号が表示されるので、ローソン銀行ATM画面に入力します。

7.ローソン銀行ATMに暗証暗号を入力します。

8.取引金額を入力して「確認」を選択すると現金が出てきます。

 

アイフルアプリが使えなかったらどうすればいい?

とても便利なアイフルアプリですが、稀にログインできない、スマホATMでQRコードが読み取れないなどのトラブルが起こることもあるようです。

アイフルアプリが使えない時の対処方法についても知っておきましょう。

アイフルアプリをインストールできない

インストールそのものができない場合は、お使いのスマホがアイフルアプリの推奨環境にあっていることを確認してみましょう。

推奨環境はこちらです。

・Android4.1以降
・iOS 10.0以降

他にもお使いのインターネット環境によってインストールできないこともあります。

これには、wi-fi環境でのみアプリをインストールできるような設定をしている状態で、4G環境でインストールを試みているなどの原因が考えられます。

アイフルアプリにログインできないのはなぜ?

アイフルアプリにログインができない場合も、原因はいくつか考えられます。

まずはIDとパスワードが正しく入力されていることを確認しましょう。

アプリのIDとパスワードは半角英数字になるので、全角やカナなどが含まれていないことも確認してください。

生体認証が反応しない場合は、使っている指が正しいこと、手が極端に濡れていないか、乾燥していないかもチェックしてみてください。

また、ケガをしているなど、指紋の読み取りができなくなってしまうと生体認証が使えなくなります。この場合は、IDとパスワードを入力してログインしてください。

本人確認書類を提出したいのにカメラが起動しない

カメラが起動しない場合は、アイフルアプリにカメラ使用の許可をしていない可能性があります。

以下を確認してみてください。

▼Androidの場合
設定を開いて、「アプリ」→「権限」と進み、カメラをオンにします。

▼iPhoneの場合
設定を開いて、「アプリを選択」→カメラをオンにします。
または
設定を開いて、「プライバシー」→「カメラ」→「アクセス要求の中のアイフルアプリ」をオンにします。

スマホATMのQRコードが読み込めない

スマホATMでは、ATM画面に表示されるQRコードをスマホを読み込まなければいけないのですが、稀に読み込みができないことがあるようです。

操作方法を間違っていないのにQRコードが読み込めない場合は、コンビニの照明の当たり方が原因となっていることもあるそうですよ。

角度を変えてみても読み込めない場合は、別のコンビニで試した方が解決しやすいかもしれません。

通信エラーになる

通信エラーになってしまい接続できない原因はいくつかあります。

▼通信エラーの原因で考えられること
・スマホが機内モードになっている
・「データ無効」になっている
・速度制限に引っかかってしまった
・アイフルアプリの不具合
など

アイフルアプリに不具合がなくて、お使いのスマホの設定とインターネット環境によって通信エラーが出てしまうこともよくありますので、心当たりを確認してみましょう。

なぜかアイフルから借り入れができない

アイフルアプリにログインできたけど、なぜか借り入れだけができないという場合は、何らかの理由によってアイフルから新規融資をストップされている可能性もあります。

新規融資を止められてしまう理由としては、延滞している、アイフルからの融資と他社からの借り入れの合計が年収の3分の1に達してしまい総量規制に抵触してしまったなどが考えられます。

通常なら頻繁に起こることではありませんが、ATMからの借り入れもできないなどアプリ以外の方法でも融資を受けられない場合は、一時的に利用停止となっている可能性がありますので、アイフルに電話問い合わせをしてみてください。

 

アイフルアプリのよくある質問

最後にアイフルアプリの使い方について、よくある質問をご紹介します。

スマホを機種変更したらアイフルアプリはどうすればいい?

アイフルのスマホアプリを使うと機種変更した時に面倒なことになるのでは?と不安に感じている人もいるかもしれませんが、アイフルアプリは引き継ぎも簡単です。

機種変更をしてスマホが新しくなったら、再度アイフルアプリをインストールしてください。

カード番号(またはID)とパスワードを入力すればログインできますので、今まで通り使い続けることができます。

生体認証でログインしたい場合は、新しいスマホにも設定しておきましょう。

アイフルのスマホアプリがあればローンカードは発行しなくてもいい?

ローンカードはATMから借り入れ・返済をする時に使います。

アイフルアプリがあれば、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMをカードレスで使えるので、ローンカードは要らないように感じられますが、特別な理由がなければ発行しておくことを強くおすすめします。

その理由は2つあります。

セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMは手数料がかかる

アイフルの借り入れ・返済ができるATMは、
・アイフルATM
・提携ATM

があるのですが、このうちアイフルATMは何度利用しても手数料は無料です。

提携ATMは、10,000円以下の取引で110円、10,000円超えなら220円の手数料が発生します。

スマホATMが利用できるのはセブン銀行ATMとローソン銀行ATMになりますが、この2つのATMは、その都度手数料がかかってしまうんです。

たまにお金を借りる時に利用する程度なら気にならないかもしれませんが、毎月1回の返済をするたびに手数料を支払うのはもったいないですよね。

いざという時にローンカードがあると安心できる

スマホATM取引で返済しようと思ったけど、なぜかアプリが使えないとか、スマホを紛失してしまったなど、不測の事態が起こることもあります。

絶対にお金が必要な時に借り入れができないと困りますし、資金に余裕はあるのにスマホの不具合で返済ができなければ延滞してしまう可能性もあります。

こういった事態に備えておくという意味でも、ローンカードは発行しておいたほうが安心です。

ネット申し込みとアイフルアプリからの申し込みは審査難易度は同じ?

アイフルの申し込み条件は「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」となっていて、これはどの方法で申し込みをしても共通です。

通常のインターネット申し込みでも、アプリ申し込みでもアイフルの審査難易度は同じですのでご安心ください。

アイフルアプリなら、お仕事の休憩中や隙間時間にも手軽に申し込みができるので、とても便利ですよ!

 


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP