アイフルの返済方法・返済額・返済日について

ここでは、アイフルの返済方法・返済額・返済日について、アイフルから初めてお金を借りる人やカードローンを初めて利用する人でもわかりやすく解説していますので、ぜひ返済計画にお役立てください。


もくじ

アイフルの返済方法は5種類

アイフルの返済方法は以下の5種類が用意されています。

・アイフルATM
・提携ATM
・口座振替(自動引落)
・振込
・Famiポート

それぞれとても便利なメリットと注意点がありますので、アイフルの詳しい返済方法を確認していきましょう。

ちなみに、手数料無料で返済できる方法は、「アイフルATM」「口座振替」になります。

手数料は? 土日でも返済可能 ローンカード不要
アイフルATM 無料 必要
提携ATM 1万円以下:110円
1万円超え:220円
セブン銀行ATM、ローソン銀行ATMはローンカード不要
口座振替(自動引落) 無料 × 不要
振込 お使いの金融機関で異なります × 不要
Famiポート 1万円以下:110円
1万円超え:220円
必要

 

アイフルATMで返済する

手数料 無料
営業時間 7:00~23:00

 

アイフルATMは土日祝日も7:00~23:00で営業していますので、仕事帰りの遅い時間でも返済しやすいと思います。

アイフルATMからの返済はローンカードが必要になりますので、忘れずに持参してください。

アイフルATM返済方法

1.ローンカードをアイフルATMに挿入します
2.「返済」を選択して、返済金額を入金します。
3.確認画面になりますので、入金額が間違っていないことを確認します。

提携ATMでアイフルに返済

手数料 1万円以下:110円
1万円超え:220円
営業時間 金融機関によって異なります

 

▼アイフルの提携ATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM Enet
・イオン銀行ATM
・三菱UFJ銀行ATM
・西日本シティ銀行ATM
・十八親和銀行
・福岡銀行(借り入れのみ)
・熊本銀行(借り入れのみ)

提携ATMで使いやすいのは、コンビニATMではないでしょうか。

手数料はかかりますが、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなど全国のコンビニATMから借り入れ・返済ができるので、急いでいる時などはとても便利だと思います。

提携ATM返済方法

ATMによって操作は若干変わりますが、基本的には以下のような流れになります。

1.提携ATMにローンカードを挿入します。
2.「返済」を選択して、返済金額を入金します。
3.確認画面になりますので、入金額が間違っていないことを確認します。

コンビニATMの営業時間は?

コンビニATMの営業時間は店舗によって異なりますが、朝から夜の時間帯ならどのコンビニATMでも問題なく返済できますよ。

<セブン銀行ATMの営業時間>

曜日 借り入れ・返済が可能な時間
平日 03:00~翌日02:00
土曜 03:00~23:00
日曜 07:00~24:00
祝日 03:00~翌日02:00

 
 

<ローソン銀行ATMの営業時間>

曜日 借り入れ・返済が可能な時間
月曜日 7:00~23:00
火~金曜日 0:00~24:00
土曜日 0:00~23:50
日曜日 7:00~23:50
祝日 曜日通り

 

<Enetの営業時間>
平日、土日祝祭日ともに7:00~23:00
<イオン銀行ATMの営業時間>
平日、土日祝祭日ともに24時間

セブン銀行ATM、ローソン銀行ATMならカードレスで返済できる

なお、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMは「スマホATM」に対応していて、アイフルスマホアプリがあれば、ローンカードがなくても借り入れ・返済ができるようになっています。

▼スマホATMで借りる流れは?
1.アイフルスマホアプリにログインします。
2.「スマホATMで返す」を選択してください。
3.ATMの画面で、「スマートフォンでの取引」を選択します。
4.ATM画面にQRコードが表示されます。
5.スマホアプリで、ATM画面に表示されたQRコードを読み込みます。
6.4桁の企業番号が表示されるので、ATMに入力します。
7.ATMにアイフルの暗証番号を入力します。
8.返済金額を入力して、返済金額を入金します。

口座振替(自動引落)でアイフルに返済

手数料 無料
営業時間 -

 

アイフルの口座振替返済は、お使いの金融機関口座から毎月決まった日に自動引落で返済する方法です。

残高不足にだけ気をつけておけば延滞することもありませんので、とても便利な返済方法です。手数料もかかりません。

口座振替の返済方法は?

1.アイフル会員ページから口座振替返済の設定を行います。
2.口座振替の設定手続きから自動引落が始まるまで40日ほどかかります。この期間はATMなどから返済を行なってください。
3.設定が完了したら返済期日までに約定返済額以上の金額を入金しておけば、自動的に返済が行われます。

引落名義人名は「アイフル」になるの?

口座引き落としは返済の手間がかからないので、最も延滞しにくい返済方法になります。

ただ、ひとつだけ気になるのは、口座にアイフルとの取引履歴が残ってしまうこと。

記帳したときに「アイフル」と載ってしまうと困ってしまう人も多いと思いますが、引き落とし名は「SMBCファイナンスサ」、「SMBCファイナンス自払」、「ライフカード(カ」のいずれかになります。

万が一家族に通帳を見られたとしても、アイフルへの返済とすぐにわかってしまうことはないでしょう。

振込でアイフルに返済

手数料 金融機関によって異なります
営業時間 銀行窓口は9:00~15:00
(金融機関によって異なることがあります)
インターネットバンキングなどは24時間

 

振込返済は、銀行窓口やインターネットバンキングなどからアイフル指定の口座に入金して返済する方法です。

振込先は、アイフルの会員ページから確認できます。

銀行窓口の営業時間であればいつでも返済可能で、一円単位での返済が可能なので、最終返済時に端数もきっちり完済したいときにも便利です。

振込返済の方法

1.会員ページから返済先の口座情報を確認します。
2.銀行窓口やインターネットバンキングで返済手続きを行います。

Famiポートでアイフルに返済

手数料 1万円以下:110円
1万円超え:220円
営業時間 7:00~23:30

 

Famiポートは、ファミリーマートに設置してあるマルチメディア端末です。

Famiポートから返済できることはあまり知られていませんが、端数の返済ができるというメリットがあります。

端数の返済ができます

Famiポート返済は返済金額を1円単位で指定できるので、最終返済時に端数を返済したいときにとても便利です。

なお、アイフルATMと提携ATMでは、この端数の返済はできません。

Famiポート返済方法

1.Famiポートの画面をタッチして「金融サービス/国際送金など」を選択します。
2.「借入金のご返済」をタッチして選択します。
3.「アイフル」を選択して、ローンカードの読み込みを行います。
4.案内にしたがって暗証番号を入力します。
5.返済したい金額を入力します。
6.「Famiポート申込券」が出力されるので、30分以内にレジに持って行って支払いを行います。

手間がかからず延滞しにくいアイフルの返済方法はある?

アイフルへの返済は必ず毎月1回は行うことになります。

遠くのATMまで現金を持って行かないといけないような返済方法だと面倒に感じてしまうので、手間をかけずに返済ができると自分もラクですし、延滞の防止にもつながります。

手間もかからず延滞しにくい返済方法としていちばんおすすめできるのは「口座振替」です。

お給料が振り込まれる口座を返済用口座にしておけば入金の手間すら不要です。

ただし、口座振替で引き落とされる金額は約定返済額のみとなり、増やすことができません。

アイフルの毎月の約定返済額は、お財布に無理がない金額に設定してあるので、約定返済額だけで完済しようとすると返済期間が長くなってしまいます。

お給料日にはアイフルATMから追加返済を行うなど、ATM返済を組み合わせると効率良く返済していくことができます。

アイフルの返済期日は選択できます

アイフルの毎月の返済金額は、借り入れ金額と返済期間によって変わりますので、返済期間についても確認しておきましょう。

返済期間は「約定日制」と「サイクル制」が用意されていて、自分で選択することができます。

「約定日制」は毎月決まった日に返済します

約定日制は、毎月の返済日を利用者が自由に設定できます。

27日を返済日と決めたら、毎月27日に返済を行います。(金融機関休業日は翌営業日が返済期日になります)

返済期間は11日間

アイフルの「約定返済」では返済期日を含む11日間に返済を行います。

毎月27日を返済期日にする場合、11日前の17日~27日が返済期間になりますのでこの間に入金を行います。

11日間よりも前に返済してしまうと、前月分の追加返済として扱われて当月分の約定返済にはなりませんのでくれぐれもご注意ください。

「サイクル制」の返済期日は35日ごと

サイクル制は35日ごとに返済期日を設けて返済していく方法で、「返済日の翌日から数えて35日後」が次回の返済日になります。

初回の返済期日は、初回借入日の翌日から35日後になります。

初回借入日が9/7の場合、返済期日は初回借入日の翌日から数えて35日後の10/12になります。

次回の返済日は当月返済日の翌日から数えて35日後になるので、11/16が返済期日になります。

サイクル制では約定日制と違って返済期間が設けられませんので、35日間にいつどのような形で返済しても構いません。

追加で借り入れをしても返済期日は変わりません

アイフルの返済期間中に追加でお金を借りる機会もあると思いますが、追加融資を受けても返済期日に変動はありません。

サイクル制の返済期日は、いつでも「前回返済日の翌日から35日後」になります。

返済期日はアイフル会員ページから確認できます

約定日制の場合は、返済期日を忘れてしまうこともあまりないと思いますが、サイクル制の返済期日は毎月異なることになります。

返済日と返済金額は、いつでもアイフル会員ページから確認できますので、うっかり忘れてしまいそうな時は会員ページで確認してください。

約定日制とサイクル制、どっちを選べば良い?

約定日制とサイクル制は契約の際に設定することになりますので、自分にとってどちらが返済しやすいか考えておく必要があります。

約定日制がおすすめな人

サイクル制は返済期日が変動するので、お給料日に合わせて返済日を固定にしたい場合は約定日制を選択してください。

例えば毎月25日がお給料日の場合、27日を返済日に設定しておけば余裕を持って返済ができます。

また、毎月のアイフルへの返済金額が少ないのは約定日制になりますので、無理なく返済していきたい場合も約定日制をおすすめします。

サイクル制がおすすめな人

返済期間を設けずに、好きなタイミングでアイフルに返済したい場合はサイクル制を選択してください。約定日制は返済期日を含む11日間が返済期間になりますが、サイクル制は返済期間が設けられていないのでいつでも返済することができます。

アイフルの返済額はいくら?返済額早見表

アイフルの毎月の返済額は、「借り入れ直後の借り入れ残高」と選択した返済期日によって決まります。

「借り入れ直後の借り入れ残高」とは?

ちょっとややこしいのですが、借り入れ直後の借り入れ残高は、最後に借りた時の残高になります。

例1)50万円借りた場合の借り入れ直後の借り入れ残高は?
50万円全額が借り入れ直後の借り入れ残高になります。

例2)返済が進んで、借り入れ残高が40万円になった場合の借り入れ直後の借り入れ残高は?
返済が進んでも最終借入時の借り入れ残高に変動がないので、借り入れ直後の借り入れ残高は50万円のままです。

例3)返済が進んで借り入れ残高が30万円になったときに、追加で5万円借りました。借り入れ直後の借り入れ残高は?
最終借入時の借り入れ残高が変動したので、借り入れ直後の借り入れ残高は35万円になります。

最終借入時の借り入れ残高は「お金を借りた時」に変動する!

上の例を見ても分かるとおり、最終借入時の借り入れ残高は返済をするだけでは変動しません。

アイフルの毎月の返済額は、「借り入れ直後の借り入れ残高」と選択した返済期日によって決まるので、初回借入時から1度も追加融資を受けなければ、完済するまで毎月の返済金額も変わらないということを覚えておきましょう。

アイフル毎月の返済金額の早見表

アイフルの返済額を早見表にしていますので、確認してみてください。

借り入れ直後の残高 サイクル制の返済金額 約定日制の返済金額
1円~100,000円 5,000円 4,000円
100,001円~200,000円 9,000円 8,000円
200,001円~300,000円 13,000円 11,000円
300,001円~400,000円 13,000円 11,000円
400,001円~500,000円 15,000円 13,000円
500,001円~600,000円 18,000円 16,000円
600,001円~700,000円 21,000円 18,000円
700,001円~800,000円 24,000円 21,000円
800,001円~900,000円 27,000円 23,000円
900,001円~1,000,000円 30,000円 26,000円
1,000,001円~3,000,000円 10万円ごとに1,000円ずつ加算
3,000,001円~3,100,000円 51,000円 47,000
3,100,001円~4,900,000円 10万円ごとに1,000円ずつ加算
4,900,001円~5,000,000円 70,000円 66,000円
5,000,001円~7,900,000円 10万円ごとに1,000円ずつ加算
7,900,001円~8,000,000円 100,000円 96,000円

 

アイフルの返済シミュレーション

カードローンでお金を借りる時は、事前に返済シミュレーションを行なって無理のない返済計画を立てておかなければいけません。

ここでは、「10万円借りて、約定返済額だけで完済した時の返済期間と利息を、約定日制とサイクル制でそれぞれで知りたい!」など、借り入れ金額別の毎月の返済額、返済回数、返済期間、返済総額、利息の合計を掲載しています。

▼借入金額5万円の毎月の返済額・返済回数・返済期間・返済総額・利息

約定日制 サイクル制
返済額 4,000円 5,000円
返済回数・期間 14回・1年2ヶ月 11回・11ヶ月
返済総額 55,688円 54,505円
利息 5,688円 4,505円

 
 

▼借入金額10万円の毎月の返済額・返済回数・返済期間・返済総額・利息

約定日制 サイクル制
返済額 4,000円 5,000円
返済回数・期間 32回・2年8ヶ月 24回・2年
返済総額 125,771円 119,429円
利息 25,771円 19,429円

 
 

▼借入金額15万円の毎月の返済額・返済回数・返済期間・返済総額・利息

約定日制 サイクル制
返済額 8,000円 9,000円
返済回数・期間 23回・1年11ヶ月 20回・1年8ヶ月
返済総額 176,974円 173,507円
利息 26,974円 23,507円

 
 

▼借入金額20万円の毎月の返済額・返済回数・返済期間・返済総額・利息

約定日制 サイクル制
返済額 8,000円 9,000円
返済回数・期間 32回・2年8ヶ月 28回・2年4ヶ月
返済総額 251,562円 244,283円
利息 51,562円 44,283円

 
 

▼借入金額25万円の毎月の返済額・返済回数・返済期間・返済総額・利息

約定日制 サイクル制
返済額 11,000円 13,000円
返済回数・期間 28回・2年4ヶ月 23回・1年11ヶ月
返済総額 306,956円 296,350円
利息 56,956円 46,350円

 
 

▼借入金額30万円の毎月の返済額・返済回数・返済期間・返済総額・利息

約定日制 サイクル制
返済額 11,000円 13,000円
返済回数・期間 36回・3年 29回・2年5ヶ月
返済総額 386,965円 369,712円
利息 86,965円 69,712円

 
 

▼借り入れ金額40万円の毎月の返済額・返済回数・返済期間・返済総額・利息

約定日制 サイクル制
返済額 11,000円 13,000円
返済回数・期間 53回・3年8ヶ月 42回・3年6ヶ月
返済総額 578,326円 537,624円
利息 178,326円 137,624円

 
 

▼借入金額45万円の毎月の返済額・返済回数・返済期間・返済総額・利息

約定日制 サイクル制
返済額 13,000円 15,000円
返済回数・期間 49回・4年1ヶ月 40回・3年4ヶ月
返済総額 635,263円 599,208円
利息 185,263円 149,208円

 
 

▼借入金額50万円の毎月の返済額・返済回数・返済期間・返済総額・利息

約定日制 サイクル制
返済額 13,000円 15,000円
返済回数・期間 58回・4年10ヶ月 47回・3年11ヶ月
返済総額 745,035円 694,050円
利息 245,035円 194,050円

 
 

▼借入金額60万円の毎月の返済額・返済回数・返済期間・返済総額・利息

約定日制 サイクル制
返済額 16,000円 18,000円
返済回数・期間 56回・4年8ヶ月 47回・3年11ヶ月
返済総額 881,581円 832,867円
利息 281,581円 232,867円

 
 

▼借入金額70万円の毎月の返済額・返済回数・返済期間・返済総額・利息

約定日制 サイクル制
返済額 18,000円 21,000円
返済回数・期間 59回・4年11ヶ月 47回・3年11ヶ月
返済総額 1,049,714円 971,685円
利息 349,714円 271,685円

 
 

▼借入金額80万円の毎月の返済額・返済回数・返済期間・返済総額・利息

約定日制 サイクル制
返済額 21,000円 24,000円
返済回数・期間 57回・4年9ヶ月 47回・3年11ヶ月
返済総額 1,185,680円 1,110,504円
利息 385,680円 310,504円

 
 

▼借入金額90万円の毎月の返済額・返済回数・返済期間・返済総額・利息

約定日制 サイクル制
返済額 23,000円 27,000円
返済回数・期間 59回・4年11ヶ月 47回・3年11ヶ月
返済総額 1,354,528円 1,249,324円
利息 454,528円 349,324円

 
 

▼借入金額100万円の毎月の返済額・返済回数・返済期間・返済総額・利息

約定日制 サイクル制
返済額 26,000円 30,000円
返済回数・期間 58回・4年10ヶ月 47回・3年11ヶ月
返済総額 1,490,108円 1,388,142円
利息 490,108円 388,142円

 
 

※シミュレーターを使った試算になります。実際に返済額と異なることもあります。
※金利18.0%で計算しています。(借入額100万円のみ15.0%)

返済額が少ないのは約定日制

アイフルの約定日制は毎月1回の返済になるので、返済周期は30日または31日ごとになります。

サイクル制は35日ごとに返済することになるので、返済周期が長いのはサイクル制です。

そのため、毎月の約定返済額にも違いがあり、返済額が少ないのは約定日制になります。

例えば、借り入れ金額が10万円以下の場合、約定日制は4,000円ずつの返済ですが、サイクル制では5,000円ずつの返済になります。

約定返済額は無理のない金額にしておいて、追加返済でどんどんアイフルへ返済していきたい時は約定日制を選択しておくと安心ですよ。

返済総額が少ないのはサイクル制

アイフルのサイクル制は約定返済よりも毎月1,000円~最大4,000円も多く返済を行うことになります。

ちょっと大変かもしれませんが、その分返済総額が少ないのはサイクル制になります。

例えば50万円借りた場合、約定日制では返済総額が745,035円(利息は245,035円)ですが、サイクル制なら返済総額は694,050円(利息は194,050円)です。

利息は5万円以上違いますし、返済期間は11ヶ月も短くできます。

なるべく多い金額を返済することが利息を節約する最大のポイントになることもぜひ覚えておいてくださいね。

最低返済額以上の金額をアイフルに返済することもできる!

早見表に掲載している返済額は、「毎月最低でも、これだけは返済してくださいね」という金額なので、もっと多くアイフルに返済してももちろん構いません。

むしろ、お財布に余裕がある時はどんどん追加返済を行なって、早期完済を目指すことをおすすめします。

アイフルへの追加返済に便利な返済方法は?

アイフルへの追加返済はこちらの方法で行います。

・アイフルATM
・提携ATM
・振込
・Famiポート

手数料がかからない返済方法は、「アイフルATM」のみなので、できるだけアイフルATMから返済できると手数料を節約できます。

知っておきたいアイフル返済のポイント

アイフルの返済を無理なく効率よく行うために知っておきたいポイントをご紹介します!

30日間無利息サービスを最大限活用しよう

30日間無利息サービスは、はじめてアイフルを利用する人だけが適用されるサービスです。

無利息期間は初回契約日の翌日から30日間になりますので、「借入日から30日間」ではないところに注意してくださいね。

無利息期間に返済をした金額は、すべて元金の返済に充当されますので、この30日間にできるだけ多く返済することで利息を減らすことができます。

ちょっと極端な例ですが、30日間無利息期間に全額返済すれば利息は1円もかかりませんよ。

⇒アイフルの金利・限度額や無利息サービスについて

追加返済を積極的に行いましょう

カードローンの利息は日割りで増えるので、借り入れ期間が長いと利息も多くなってしまいます。

アイフルの返済は約定返済さえ行っておけば延滞することはないのですが、返済期間が短くなるほど支払う利息を減らすことができますので、できるだけ多く返済することをおすすめします。

特に口座振替では、引き落とされる金額は約定返済額のみとなるので、「返済は毎月引き落としだから安心♪」と思っていると、「思ったより返済が進んでいない・・・」ということになってしまうかもしれません。

借り入れ残高は会員ページからいつでも確認可能なので、こまめに確認して積極的に追加返済も行っていきましょう。

アイフルへの一括返済も検討しましょう

一括返済は、借入残高をまとめて返済することです。

カードローンの利息は借入期間が長いほど多く支払わなければならないのですが、逆に借入期間が短くなるとその分だけ少なくなります。

利息の計算式はこちらになります。

利息額 = 借入金額 × 金利(年率) × 借入日数 ÷ 365日(うるう年の場合は366日)

利息は日割りで増えていくことになりますので、借入金額は同じでも借入期間が短い方が支払う利息は安いんです。

アイフルへ支払う利息をいちばん節約できる方法は、1日でも早く一括返済で完済することと言っても良いくらいです。

借入期間が長期間になってしまわないように十分気をつけてくださいね。

なお、一括返済も追加返済と同じ方法で行えますが、気をつけたいのは端数の返済ができないケースがあること。

アイフルATM、提携ATMでは端数の返済ができないので、できれば振込またはFamiポートから返済するようにしましょう。

多く入金した分は返金してもらうことができるのですが、一括返済後すぐにアイフルを解約をしたい場合は端数の返済をきっちり行っておくと後がラクですよ。

「aiメール」の設定を行いましょう

「aiメール」は、返済期日を事前にお知らせしてくれるアイフルのメールサービスです。

お知らせは返済日の3日前に届きます。

特にサイクル制は返済期日が毎月違うので、うっかり間違えてしまうこともあると思います。

返済日を勘違いしてしまったために延滞しちゃった・・・ということがないように、「aiメール」を設定しておくと安心です。

延滞しそうな時は返済期日が来る前に手続きを!

長く返済を続けていると、「どうしても今月は全額返済が難しい」というときがあるかもしれません。

そういったときは、アイフルの返済期日が来る前に対処しなければいけません。

利息だけなら返済できそうなときは?

約定返済額を全額返済するのは難しいけど利息だけなら返済できそうなら、利息と諸費用(ATM利用手数料など)を返済すればとりあえず延滞になることはありません。

返済日当日の利息と諸費用は会員ページで確認できますので、特にアイフルに連絡することなく、必要な金額を返済すれば大丈夫です。

一時的に返済日を変更することも可能

約束の返済日に返済するのは厳しいけど、数日だけずらしてもらえれば約定返済額を全額返済できるという時には、返済日の変更を行いましょう。

変更方法はとても簡単で、会員メニューの「次回返済期日の変更(猶予)」から希望の日を設定するだけです。

オペレーターさんと会話をする必要もないので、気兼ねなく手続きができます。

ただ、返済日変更の手続きを行っても、当初の返済日から延滞していることに変わりはないので遅延損害金の発生を止めることはできません。

遅延損害金は借入残高に対して1日ごとに20.0%かかってきますので、1日でも早く返済するようにしましょう。

利息の返済も厳しいときは必ずアイフルに連絡を!

利息の返済すら厳しい・・・という時は、会員専用ダイヤル(0120-109-437 平日9:00~18:00)に相談してみてください。

返済可能な日を聞かれることになるかと思いますが、何も連絡せずに延滞するより良いですよ。

何も連絡をせずに延滞してしまうと、催促の電話がきたり、延滞が解消されない場合は郵便物で返済を求められることになります。

今後の返済額の相談も可能ですので、延滞することがわかったらその時点でアイフルに電話をしましょう。


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP