アイフルのおまとめMAXとかりかえMAX

アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」は、「おまとめローン」「借り換えローン」と呼ばれている既存の借り入れを返済するためのローン商品になります。

借り入れ条件が有利な「おまとめMAX」「かりかえMAX」で借り換えることで、他社には速やかに完済して今後はアイフルへの返済に一本化できるわけです。

ここではアイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」がどういう仕組みなのか、実際どれくらい利息が減るのかなどをわかりやすくご紹介しています。

「おまとめローンが気になるけど、アイフルの公式サイトだけではイマイチよくわからない・・・」という人もご覧になってみてください。


もくじ

アイフル「おまとめMAX」「かりかえMAX」の商品概要

おまとめMAX かりかえMAX
貸付利率(実質年率) 3.0%~17.5% 3.0%~17.5%
遅延損害金(実質年率) 20.0% 20.0%
限度額 1万円~800万円 1万円~800万円
返済方式 元利定額返済方式 元利定額返済方式
返済期間および返済回数 最長10年(120回) 最長10年(120回)
貸付対象者 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方 ・当社を初めてご利用される方
・満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
担保・連帯保証人 不要 不要

 

「おまとめMAX」「かりかえMAX」は、すでに抱えている借金を返済するための返済専用の借入になります。

「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の違いはアイフルの利用状況だけ

一応2商品用意されていますが、違いはたったひとつだけで、アイフルからお金を借りている人は「おまとめMAX」、借りたことがない人は「かりかえMAX」を選択することになります。

金利、限度額、返済方法などはどちらも同じですので、違いはアイフルの利用状況のみと思っておいて大丈夫です。

「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の利用対象者

アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」の利用対象者は、「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方」となっています。

また、上の項目でお知らせしたとおり、「おまとめMAX」はアイフルで借り入れを行なっている人、「かりかえMAX」はアイフルを利用したことがない人というのが条件に加わります。

「おまとめMAX」「かりかえMAX」は借金を返済するためのローンなので、借金があることというのもの利用条件になりますね。

正社員、パートアルバイトなどの雇用形態は問われません。

「おまとめMAX」「かりかえMAX」で借り換えができる借金は?

「おまとめMAX」「かりかえMAX」では、消費者金融からの借り入れ、銀行カードローン、クレジットカードのリボ払いなども借り換えることができます。

他社のおまとめローンでは、貸金業者以外の借り入れは対象外となることも多いのですが、アイフルならおまとめ可能です。

アイフル「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の限度額と金利について

アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」の限度額は、どちらも1万円~800万円、金利は3.0%~17.5%になります。

幅がありすぎて、お得なのかよくわからないですよね。

毎月支払う利息をシミュレーション

以下の表は、借り入れ金額に対する毎月(30日間)の利息を金利別に表にしたものです。

支払額ではなく、利息のみとなるところに注意してみてください。

金利18.0%の利息 金利17.5%の利息 金利15.0%の利息 金利10.0%の利息
50万円 7,397円 7,191円 6,164円 4,109円
100万円 - - 12,328円 8,219円
200万円 - - 24,675 16,438円

※借り入れ金額が100万円を越えると、利息制限法によって金利は必ず15.0%以下になります。

現在複数の消費者金融から100万円以下の借り入れを行なっている場合、金利はおそらく18.0%に設定されているのではないかと思います。

この借り入れをアイフル「おまとめMAX」「かりかえMAX」で借り換えると、金利は必ず17.5%以下になります。

また、例えば現在金利18.0%で3社から50万円ずつ借りているとします。
この借り入れを「おまとめMAX」「かりかえMAX」で借り直した場合、金利は必ず15.0%以下になります。

これは利息制限法によって以下のように上限金利が定められているためです。

借り入れ金額(カードローン限度額) 上限金利(実質年率)
10万円未満 20.0%まで
10万円以上から100万円未満 18.0%まで
100万円以上 15.0%まで

 

借り換え後の金利は審査によって決まるのですが、現在18.0%で複数から借りている場合は、「おまとめMAX」「かりかえMAX」に変更すると有利な借り換えとなるでしょう。

アイフル「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の申し込み方法

アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」の申し込みはインターネットからできますのでとても簡単です。

手順1:アイフル公式サイトからネット申込

電話・店頭窓口でも申し込み可能ですが、わざわざ電話や来店で申し込むよりも、時間がある時にアイフル公式サイトからインターネットで申し込んだ方がスムーズでしょう。

不明点や事前に確認しておきたいことがあったら、アイフルフリーダイヤル(0120-201-810)に電話で確認してください。

手順2:アイフルの審査が行われます

アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」は借り入れ額が高額になることも珍しくないため、審査は慎重に行われることになります。

必要書類の提出もここで行います。

▼必要書類
・本人確認書類
・収入証明書
・他社借り入れ状況がわかる書類

本人確認書類

アイフルに提出する本人確認書類は、基本的に運転免許証を用意してください。
運転免許証の発行を受けていない場合は、以下のいずれかを提出します。

・パスポート(所持人記入欄があるもの)
・住民基本台帳カード
・特別永住者証明書
・在留カード
・公的証明書類(氏名・住所・生年月日あり)
・個人番号カード(表のみ)

「かりかえMAX」をインターネットで申し込む場合、別途補完書類が必要になることがあります。

また、本人確認書類の住所と現住所が異なる場合も別途補完書類が必要になります。

▼補完書類

・現住所が記載されている本人確認書類
健康保険証/パスポート/年金手帳/母子健康手帳など

・公共料金領収書
電気/ガス/水道/固定電話/NHK

・官公庁発行書類で氏名、住居、生年月日の記載がある書類(発行日より6か月以内のもの)
住民票/納税証明書/印鑑登録証明書など

収入証明書

▼収入証明書
源泉徴収票
住民税決定通知書
直近2ヶ月分の給料明細書(賞与証明書があれば一緒に提出します)
確定申告書
所得証明書

収入証明書も必須書類となりますので、用意してから申し込みをすると良いでしょう。

その他の書類

他社借り入れ状況がわかる書類も提出を行います。

手順3:契約手続き

アイフルの審査に通過したら契約手続きを行います。

契約はインターネットではできません。無人契約機または店頭窓口に来店して手続きを行うことになります。

来店が難しい場合は郵送契約も可能ですので、相談してみてください。

手順4:他社借り入れを返済します

他社への返済は、アイフルが直接行うことになります。

例えばアコムへの借り入れを「おまとめMAX」で返済する場合、利用者は完済する日の返済総額をアコムに確認します。(会員ページから確認可能です)

返済金額と返済先をアイフルに伝えると、アイフルが利用者の名義でアコムに完済してくれます。これでアコムへの返済は完了します。

手順5:アイフルへの返済がスタートします

他社への返済が完了したら、今後はアイフルへの返済を行うことになります。返済は原則として月に1回ですが、追加返済や一括返済も可能です。

アイフル「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の返済方法は?

「おまとめMAX」「かりかえMAX」での借り換えが成功して、他社への借金を完済したら、その後はアイフルにのみ返済を行うことになります。

返済期間はどうなるの?

返済期間は最長10年(120回)まで設定できます。

毎月の返済額を多めに設定すれば、返済負担は大きいですが返済期間を短くすることができますし、支払う利息も少なくなります。

毎月の返済額は最低限にしておきたいという場合は、返済期間を長くすることで返済負担を抑えることができます。

ただし、あまりにも毎月の返済額を少なくしすぎると、借り換え前よりも利息が増えてしまうことがあります。

返済期間を10年に設定することもできるけど・・・

「おまとめMAX」「かりかえMAX」では、返済期間を最長10年に設定することもできるのですが、今日から10年かけて消費者金融の借金を返済すると考えてみると気が遠くなりそうじゃないですか?

ここまで長期間かけて返済するなら、債務整理を行った方がメリットが多い可能性があります。

例えば任意整理を行う場合、手続きは専門家に依頼することになるのですが、受任した弁護士・司法書士は、まず全ての債権者に「受任通知」を送ります。

この受任通知を受け取った債権者は、債務者に直接取り立てをすることができなくなりますので早い段階で取り立てが止まります。

返済もストップすることができます。

債務整理の最大のデメリットは、信用情報機関に異動情報が掲載されてブラックリストとなってしまうことです。
しかし、任意整理、特定調停、個人再生であればブラックリスト期間は最長5年なので、10年かけて返済するリスクと比較すると債務整理の方が負担が軽いと考えることもできます。
(自己破産は10年です)

何よりも、「おまとめMAX」「かりかえMAX」では、元金を減らすことはできません。

債務整理なら、借金そのものを減額または全額免責とすることも可能です。

どうしても返済が長期化しそうな場合は、債務整理も視野に入れて、どちらが自分にとって良い方法なのが比較してみると良いでしょう。

返済方法は「口座振替」または「ATM返済」

アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」の返済方法は、
・口座振替
・ATM

のいずれかになります。

口座振替は、お使いの金融機関口座から自動引き落としで返済する方法です。

返済の手間がかからないので手軽ですし、延滞のリスクも低いです。

ATM返済は、契約時に発行されるローンカードを使って行います。
このローンカードは返済専用のカードになり、お金を借りることはできません。

手数料がかからないアイフルの返済方法は?

返済方法 手数料
口座振替 無料
アイフルATM 無料
提携ATM 10,000円未満の返済:110円
10,000円超の返済:220円

 

口座振替とアイフルATMは手数料無料で返済可能ですので、お急ぎでないときは、これらの方法で返済すると良いでしょう。

⇒アイフルの返済方法・返済額・返済日について

「おまとめMAX」「かりかえMAX」でどれくらい利息を減らせるの?

「おまとめMAX」「かりかえMAX」を検討する最大の理由は、少しでも借金の負担を減らしたいからですよね。

利息を減らす方法としてとても有効なのは、借り入れ期間をできるだけ短くすることです。

消費者金融の利息は日割りで増えていきますので、借り入れ期間を短くすることが支払い総額を減らすための最大のポイントになるんです。

「おまとめMAX」「かりかえMAX」の返済期間は最長10年なのですが、どんなに長くても5年を超えないほうが良いでしょう。

返済期間を3年、5年に設定した場合の、借り入れ金額別の毎月の返済額を確認してみましょう。

▼金利17.5%で借りた場合

3年で返済した場合の毎月の返済額 5年で返済した場合の毎月の返済額
50万円 17,892円 12,497円
100万円 35,783円 24,993円
200万円 71,565円 49,986円

 
 

▼金利15.0%で借りた場合

3年で返済した場合の毎月の返済額 5年で返済した場合の毎月の返済額
50万円 17,283円 11,842円
100万円 34,565円 23,683円
200万円 69,130円 47,365円

 
 

▼金利12.0%で借りた場合

3年で返済した場合の毎月の返済額 5年で返済した場合の毎月の返済額
50万円 16,568円 11,081円
100万円 33,136円 22,162円
200万円 66,272円 44,323円

 

仮にA社・B社・C社から金利18.0%で合計100万円借りていて、それぞれに毎月11,000円ずつ返済しているとします。

この場合、毎月の返済額は合計33,000円で、返済期間は41回(3年5ヶ月)になります。
支払う利息の合計は336,521円です。

このローンを「おまとめMAX」「かりかえMAX」の金利17.5%で借り換えができた場合、3年間で完済するなら毎月の返済額は35,783円となり、現在の支払額よりも負担は大きくなりますが利息は288,135円まで減らすことができます。

返済期間を5年に伸ばす場合、毎月の返済額は24,993円まで落とすことができますが、その分支払い期間が長くなります。

利息は0.5%下がりましたが、返済期間が長くなるので利息も増えてしまい、499,510円の支払いが必要になります。

金利が15.0%まで下がった場合はどうでしょうか。

3年で完済する場合、毎月の返済額は34,565円になります。この時の利息は244,308円です。
借り換え前と比べると、毎月の返済額は1,500円ほど増えてしまいますが利息は92,213円も減らすことができました。

希望の返済期間によっては利息が多くなってしまうこともありますが、効率良く、かつ自分にとって無理なく返済できる方法はアイフルのスタッフに相談することができます。

金利は必ず17.5%以下に下がりますので、現在18.0%で借りている人は「おまとめMAX」「かりかえMAX」を検討する価値は大いにあると思いますよ。

アイフル「おまとめMAX」と「かりかえMAX」のメリット・デメリット

最後に、アイフル「おまとめMAX」と「かりかえMAX」のメリットとデメリットを確認しておきましょう。

アイフルでの借り換えが自分に合っているかどうかがよくわかると思います。

アイフル「おまとめMAX」と「かりかえMAX」のメリット

「おまとめMAX」「かりかえMAX」は総量規制の対象外です

アイフルの「おまとめMAX」と「かりかえMAX」は、総量規制の対象外になります。

年収の3分の1以上の金額を借りることができるので、すでに他社から総量規制ギリギリいっぱいまで借りちゃってる・・・という人でも借り換えが可能です。

借り入れ条件が良くなる

アイフルの「おまとめMAX」と「かりかえMAX」は、上限金利が17.5%です。

大手消費者金融の場合、アコム、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAの上限金利が18.0%、プロミスが17.8%なので、「おまとめMAX」「かりかえMAX」で借り換えをすれば借り入れ条件は確実に良くなります。

新規融資はできないので借金が減りやすい

「おまとめMAX」「かりかえMAX」は、他社の借入を返済するためのローンになります。

そのため、借り入れ可能な金額は他社返済に必要な金額のみとなります。

ちょっと多く借りたり、借り入れ可能な枠をつけることはできません。

窮屈に思えるかもしれませんが、その分、元金をどんどん減らすことができます。

返済回数が月1回になり口座振替なら返済の手間もなし!

アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」で借り換えが成功すると、他社への返済は完済できるので、今後の返済はアイフルのみとなります。

これまで3社から借りていた場合、今後は1社のみの返済で良くなるため精神的な負担も減るでしょう。

また、アイフル「おまとめMAX」「かりかえMAX」の返済は口座振替でできるので、最初に設定しておけば返済の手間は一切かかりません。

アイフル「おまとめMAX」と「かりかえMAX」のデメリット

返済期間の設定によっては利息が増えることもある

「おまとめMAX」「かりかえMAX」の借り換え条件が、現在の借り入れ条件よりも悪くなることはありません。

しかし、返済期間は自分で設定することができるため、あまりにも返済期間を長く設定してしまうと、元々の借り入れよりも返済が長期化して利息も多くなってしまいます。

おまとめローンを最終的に成功させるためには、返済計画をしっかり立てて、計画通りに返していくことが非常に重要です。

毎月の返済額を大きく減らすことはできない(向いていない)

「おまとめMAX」「かりかえMAX」で毎月の返済額減らしすぎると、毎月の返済はラクになりますが、返済期間は確実に伸びてしまいます。

返済額を長くしすぎるとせっかく借り換えをして金利が下がっても、あまりメリットが感じられないでしょう。
毎月の返済額を無理のない金額に設定することも大切ですが、支払う利息と返済総額もしっかり確認してから返済額を決めるようにしましょう。


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP