アイフルのWEB完結申込はカードレス&郵送物なし

「お金を借りることを家族にも内緒にしておきたい」と考える人は多く、できればどこにも行かずに、郵便物も送られてこない方法でカードローンに申し込みをしたいという声は実際に多いんです。

そんな利用者の希望を叶えるのが、アイフルのWEB完結です。

アイフルのWEB完結はインターネットだけで申し込みから契約まで完了する手続き方法で、便物なし・カードなし・即日融資で借りることもできます。

ただし、アイフルのWEB完結には通常の申し込み方法にはないちょっとした注意点もあります。

ここでは、アイフルのWEB完結の申し込みの流れ、メリット・デメリットなどを詳しく解説します。


もくじ

アイフルWEB完結とは?WEB完結はどんな申し込み方法?

 

アイフルに申し込みをしてお金を借りるには、「申し込み手続き」→「審査・必要書類の提出」→「契約手続き」の流れが必要になります。

この全ての手続きをインターネットだけでできるのが、アイフルのWEB完結で、郵便物なし・カードレスで取引可能です。

スマホ・パソコン・タブレットから申し込みから契約までの全ての手続きができるので、アイフル店舗に来店したり、紙の書類をやり取りする必要もありません。

借り入れ・返済もインターネットでできます。

このインターネットだけで完結する申し込み方法のことをWEB完結と呼んでいます。

 

アイフルWEB完結で申し込む流れ

アイフルWEB完結の申し込みの流れを確認しておきましょう。

手順1:アイフル公式サイトから申し込み手続き

WEB完結の申し込みは、アイフルの公式サイトから行います。電話などの別の方法でも申し込みそのものは可能なのですが、WEB完結にはなりませんのでご注意ください。

手順2:必要書類をアイフルに提出

アイフル申し込みに必要な書類を提出します。申し込みが完了すると、必要書類の提出方法が書かれたメールが届きますので、確認して提出しましょう。

なお、WEB完結の必要書類は、「本人確認書類」と「収入証明書」があります。

実際に必要な本人確認書類は「アイフルWEB完結の必要書類」の項目で詳しく解説します。

手順3:審査が行われ、審査結果のお知らせ

申し込み手続きと必要書類の提出が完了したらアイフルの審査が行われます。審査結果は最短30分程度で電話またはメールでお知らせがあります。

手順4:契約手続き

アイフルとの契約手続きを行います。契約手続きはインターネットで契約条件などを確認して同意するだけなので、すぐにできますよ。

アイフルWEB完結の必要書類

WEB完結の必要書類は、「本人確認書類」と「収入証明書」です。

ただ、収入証明書は必須書類ではありませんので、借り入れ希望額によっては運転免許証1枚だけで申し込むことができます。

本人確認書類

本人確認書類は、「現住所が記載された顔写真付きの本人確認書類」があれば、他に必要なものはありません。

▼顔写真付きの本人確認書類
・運転免許証
・運転経歴証明書
・住民基本台帳カード
・個人番号カード(表のみ)
・在留カード
・特別永住者証明書

顔写真が付いている本人確認書類を持っていない場合は、以下の本人確認書類から2点を提出する、または本人確認書類を1点と公共料金の領収書や納税証明書などの補完書類を1点提出します。

▼本人確認書類として認められる書類
・各種保険証
・パスポート(所持人記入欄があるもの)
・国民年金手帳
・母子健康手帳
・住民票
・戸籍謄本
・住民票記載事項証明書
本人確認書類が不要な場合もあります

アイフルの本人確認方法には、本人確認書類が必要ない「銀行口座で本人確認」という方法もあります。

こちらは、すでに本人確認が済んでいる銀行口座をアイフルの返済用口座として登録することで、本人確認を行うという方法になります。

どちらを選んでも審査は同じように行われますので、ご都合の良い方を選択してください。

収入証明書

収入証明書は必須書類ではなく、以下に該当する場合に必要になります。

・アイフルの希望額が50万円を超える場合
・他社借入額とアイフル希望額の合計が100万円を超える場合

借り入れ希望額が少額の場合は収入証明書の提出は不要になりますので、用意するのが難しい場合は借り入れ希望額を最小限に抑えておくと良いでしょう。

▼収入証明書
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・給与明細書
・確定申告書
・所得証明書

給与明細書は直近2ヶ月分を用意するようにしましょう。また、ボーナスがある場合は賞与証明書も提出してください。

 

アイフルWEB完結は即日融資で借りられる?

契約手続きが完了したら、すぐに借り入れができるようになるので、即日融資も可能です。

アイフルの審査可能な時間は平日土日祝日ともに9時〜21時で、審査時間は最短30分になります。

ただ、審査が混雑していると翌営業日の審査になってしまうこともあるので、できるだけ早い時間に申し込みをすることをおすすめします。

即日融資で借りたい場合は、どんなに遅くても19時までに申し込みを完了させておくと良いでしょう。

アイフルWEB完結の借り入れ方法は便利?

契約手続きが完了したらすぐにお金を借りられるのですが、WEB完結の借り入れ方法は、通常の申し込みをした場合と異なります。

WEB完結で申し込みをした場合、借り入れ方法は「銀行振込」または「スマホATM取引」に限られることになります。

WEB完結は基本的に借り入れもインターネットで行うため、ローンカードが発行されません。

そのため、ローンカードを使う借り入れ・返済方法は利用できず、「銀行振込」または「スマホATM」で借りることになるのです。

銀行振込(振込融資)で借りる

銀行振込は、文字どおり自分の銀行口座にお金を振り込んでもらう借り入れ方法です。
振込依頼はインターネットまたは電話でできます。

振込依頼はインターネットが便利!

インターネットから振込依頼をする場合は、アイフル会員サイトまたはアイフルのスマホアプリから行います。

振込を希望する金融機関を登録して希望額を入力するだけなので、手続きはとても簡単です。

全国1200の金融機関で24時間365日振込可能!

振込が可能な時間はなんと24時間!

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行をはじめとした全国の約1200の金融機関が最短10秒の即時振込に対応しているんです。

24時間最短10秒融資に対応していない金融機関(振込可能時間拡大(モアタイム)を導入していない金融機関)は、「平日8:30~15:30」が振込可能時間となります。

振込融資のシステムメンテナンス時間

24時間振込融資が可能な金融機関でも、システムメンテナンス時間は即時融資ができなくなります。

メンテナンス時間を確認しておきましょう。

▼アイフル振込融資 メンテナンス時間

曜日 メンテナンス時間 受付可能な時間帯
毎週月曜日 00:00~08:00
23:50~24:00
08:00~23:50
毎週火曜〜土曜日 02:00~04:00
23:50~24:00
00:00~02:00
04:00~23:50
毎週日曜日 00:00~06:00
19:00~24:00
06:00~19:00
連休
(最終日除く)
00:00~06:00
23:50~24:00
06:00~23:50

※年始(1/1~1/3)、GW(5/3~5/5)は振込受付が停止となります。

振込融資は手数料無料!

振込融資は手数料無料で借り入れができる方法です。

なお、アイフルのWEB完結で手数料をかけずに借り入れができる方法は、この振込融資のみになります。

次にご紹介する「スマホATM」は、110円または220円の手数料が必ずかかるので、手数料を節約するなら振込融資を活用すると良いでしょう。

スマホATMで借りる

スマホATMは、アイフルのスマホアプリをローンカード代わりにして、ATMから借り入れ・返済ができるサービスです。

ローンカードがなくてもATMから現金を借りられるので、便利なサービスであることは間違いないのですが、

・利用可能なATMが限られる
・必ず手数料がかかる

という注意点がありますので、確認しておきましょう。

利用可能なATMが限られる

アイフルのスマホATMで利用できるATMは、セブンイレブンやイトーヨカドーなどに設置してあるセブン銀行ATMと、ローソンやナチュラルローソンに設置してあるローソン銀行ATMに限られます。

その他のATMは利用できないので、WEB完結ではアイフルATM、都市銀行ATM、地方銀行ATMなどは一切利用できないことになります。

セブンイレイレブンもローソンも全国にあるので、困ることはあまりないと思いますが、通常の申し込みならアイフルATMもその他の提携ATMも利用できるので、不便と感じる人もいるかもしれません。

必ずATM手数料がかかる

アイフルでは、提携ATMの利用に、以下のATM利用手数料がかかります。

取引金額 10,000円未満 10,000円超
借り入れ時の手数料 110円 220円
返済時の手数料 110円 220円

 

つまり、スマホATMを利用すると、借り入れでも返済でも110円または220円の手数料がかかってしまうんです。

たまにお金を借りるときに支払う手数料は仕方がないかもしれませんが、ちょっともったいないように感じます。

スマホATMの借り入れ方法は?

スマホATMで借り入れ・返済をするには、お使いのスマホにアイフルアプリをインストールしておいて、いつでもログインできる状態にしておくと便利ですよ。

▼スマホATM利用の流れ

手順1:セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMに行って、アイフルスマホアプリにログインします。

手順2:スマホアプリの「スマホATMで融資」をタップします。
※ここで「スマホATMで返済」を選択すると返済手続きができます。

手順3:ATM画面で「スマートフォンでの取引」を選択します。

手順4:ATM画面にQRコードが表示されます。「お取引会社のスマホアプリでQRコードを読取り 次へ を押してください」と案内があります。

手順5:手順4のQRコードをスマホアプリで読み取ると企業番号が表示されます。

手順6:ATM画面に、手順5で表示された企業番号を入力します。

手順7:暗証番号の入力を求められるのでATM画面に暗証番号を入力します。

手順8:借りたい金額を入力して「確認」を選択すると現金が出てきて、利用明細が発行されます。

 

アイフルWEB完結の返済方法も知っておこう

アイフルWEB完結の返済方法は、「口座振替」になります。

これはアイフルWEB完結返済の注意点になりますので、必ず把握しておきましょうね。

毎月の返済方法は口座振替に限られてしまうので、約定返済をATMから行うことはできません。(追加返済はATMからできます)

引き落としてもらう金融機関は全国の銀行や信用金庫などから選択することができるので、すでに口座振替を利用している人ならトラブルもないと思います。

しかし、WEB完結以外の申し込み方法であれば返済方法は任意で選択できるので、口座振替以外の方法で返済したい人にとってはデメリットとなってしまいます。

口座振替は履歴が残る

口座振替返済では、お使いの銀行口座にアイフルが引き落としをかけることになるので、口座の取引履歴にアイフルとのやりとりが残ることになります。

名義人は「アイフル」の名称ではなく「SMBCファイナンスサ」または「SMBCファイナンス自払」になりますので、万が一家族に通帳を見られたとしてもすぐにアイフルへの返済とわかることはないと思いますが、家族と共通の口座は利用しない方が良いでしょう。

返済金額は通常の申し込み方法と同じ

アイフルWEB完結の毎月の返済額は、通常の申し込み方法で手続きを行った場合と同じになります。

ただし、アイフルの返済パターンは「サイクル制」と「約定日制」から選択できるのに対して、WEB完結ではサイクル制を選択することはできません。

毎月の返済額は以下のようになります。

▼アイフルWEB完結の約定返済額

借り入れ直後の残高 約定返済額(約定日制の返済額)
1円~100,000円 4,000円
100,001円~200,000円 8,000円
200,001円~300,000円 11,000円
300,001円~400,000円 11,000円
400,001円~500,000円 13,000円
500,001円~600,000円 16,000円
600,001円~700,000円 18,000円
700,001円~800,000円 21,000円
800,001円~900,000円 23,000円
900,001円~1,000,000円 26,000円
1,000,001円~3,000,000円 10万円ごとに1,000円ずつ加算
3,000,001円~3,100,000円 47,000円
3,100,001円~4,900,000円 10万円ごとに1,000円ずつ加算
4,900,001円~5,000,000円 66,000円
5,000,001円~7,900,000円 10万円ごとに1,000円ずつ加算
7,900,001円~8,000,000円 96,000円

 

 

アイフルWEB完結のメリットは?電話・在籍確認はある?

アイフルのWEB完結の申し込みの流れや特徴を見てきましたが、WEB完結はアイフルの申し込み方法のひとつなので、他の方法で申し込みをすることもできます。

正直なところ、WEB完結は申し込み方法としては便利なのですが、長くアイフルとお付き合いをすると考えたときに、通常の申し込み方法の方が便利かも?と思うところもあります。

ここでは、WEB完結で申し込みをするメリットを確認しておきましょう。

郵便物がないので家族にバレにくい

WEB完結では申し込み手続き、必要書類の提出、審査、借り入れ、返済を全てインターネットでできるので、郵便物のやりとりがありません。

「自宅にアイフルから郵便物が届くと困る・・・」という人には、とても助かる申し込み方法だと思います。

カードレスなのでローンカードからバレることがない

ローンカードを家族や恋人に見られてしまったことで、カードローンを利用していることがバレてしまったという事例はたくさんあります。

WEB完結はそもそもローンカードの発行がないので、カードからわかってしまうことが絶対にありません。

どこにも行かずにお金を借りられる!

「アイフルの無人契約機で知り合いにばったり会ったら嫌だし・・・」「外出しにくい時期だし・・・」など、アイフル店舗や無人契約機に行きたくない理由は人それぞれです。

WEB完結ならスマホひとつで申し込みができるので、出かける必要がありません。

借り入れも返済もスマホでできるので、できるだけ外出したくない人や、アイフルの無人契約機やATMに行くのはちょっと不安という女性でも安心して申し込みができます。

アイフルWEB完結は原則電話在籍確認がない

カードローンに申し込みをする際には、必ず勤務先名と電話番号を申告します。これはどのカードローンに申し込む場合でも同じです。

そして、ほとんどのケースで自分が申告した会社の電話番号に消費者金融の審査担当者から電話がかかってきて、本当に在籍していることを確認されることになります。

この確認を在籍確認と言います。

電話では消費者金融の名称が名乗られることは絶対にないので、カードローンに申し込みをしていることが会社にバレることはないのですが、気分的にイヤじゃないですか??

アイフルでは現在、原則としてこの電話在籍確認を行なっていません。

WEB完結でも会社にアイフルから電話がかかってくることは基本的にありませんので、プライバシーを守ることができますよ。

アイフルWEB完結のデメリット

アイフルのWEB完結のデメリットは、アイフルの利用方法が制限されることです。
もっとも大きなデメリットは、ローンカードの発行がないことからセブン銀行ATMとローソン銀行ATM以外のATMが使えないことです。

セブン銀行・ローソン銀行ATM以外のATMは使えません

WEB完結ではローンカードの発行がないため、ATMから借りたいときにはスマホATMで借りることになります。

スマホATMが利用できるのはセブン銀行ATMとローソン銀行ATMのみなので、アイフルATMを使うことはできません。

アイフルの借り入れ・返済で手数料が不要なのはアイフルATMのみになります。

そのため、ローンカードがないWEB完結では、ATMの利用に必ず手数料がかかることになります。

どうしても手数料をかけたくない場合は、自分の銀行口座に振込融資で借りて手数料無料の時間に金融機関のATMから引き出すという方法はありますが、手間を考えるとアイフルATMから直接お金を引き出せた方が便利でしょう。

返済が進みにくい

アイフルWEB完結の返済方法は口座振替に限定されます。

口座振替は、残高不足にだけ気をつけておけば返済の手間をかけずに毎月着実に返済できる方法です。

そのため、延滞する可能性はもっとも低い返済方法になります。

ただし、返済方法としてはとてもおすすめなのですが、口座振替で引き落とされる金額は約定返済額のみとなるので、追加返済(繰上げ返済)を行わなければ返済期間が長引いてしまう可能性があります。

例えば30万円借りた場合の約定返済額は11,000円ですが、金利18.0%で30万円借りて、毎月11,000円の返済だけで完済した場合の返済シミュレーションがこちらです。

▼金利18.0%で30万円借りた場合の返済シミュレーション

借り入れ金額 30万円
金利 18.0%
毎月の返済額 11,000円
返済期間(回数) 3年(36回)
返済総額 386,965円
利息 86,965円

 

毎月11,000円の返済では、完済までに3年かかることになります。

しかも、こちらは追加融資を一切利用しない場合のシミュレーションなので、追加でお金を借りてしまうとさらに返済期間が長引いてしまいます。

アイフルのWEB完結で追加返済できる方法は、「振込返済」「スマホATM」になるのですが、この返済方法はどちらも手数料がかかってしまいますので、余剰金ができても積極的に追加返済しよう!とは思えないのではないでしょうか?

支払う利息を少なくしたい場合は、手数料がかかっても繰上げ返済をした方が良いです。

しかし、なるべく短期間で完済して支払う利息を最小限にしたい場合は、ローンカードを発行する通常の申し込み方法の方が便利かもしれませんね。

アイフルに通常の方法で申し込みをしても、郵便物を避ける方法はありますし、在籍確認も原則として行われません。

自分にとってどちらが便利か比較してからアイフルに申し込みをすると良いでしょう。

 


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP