アイフルの解約方法・退会手続き方法

アイフルに借りていたお金をやっと完済して安心!という人もいるかと思いますが、知っておいていただきたいのは、完済しただけでは解約にはなっていないということ。

アイフルとの契約は自動更新になるため、返済が終わっても契約そのものは残り続けるのです。

アイフルとの契約が続いているということはいつでもお金を借りられる状態ということで、この状態にはメリットもデメリットもあります。

ここでは、アイフルに直接確認した解約方法、解約するメリット・デメリット、解約前に必ずやっておくべき端数の返済についてなど、「アイフルの解約」についてわかりやすく解説しています。

アイフルの解約方法は公式サイトでもあまり詳しく説明されていませんので、これからアイフルに申し込むという人も事前に知っておくと安心ですよ。


もくじ

アイフルとの契約を解約するメリット

まずは、アイフルとの契約を解約するメリット・デメリットを確認しておきましょう。

アイフルを解約するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

他のローン審査に通過しやすくなる

アイフルなどが提供するカードローンは、利用する本人にとってはとても便利なものですが、住宅ローンなどの融資を行う金融機関から見ると、返済能力に不安を覚えてしまう借り入れになるんです。

そう思われてしまう理由はいくつかあるのですが、まずカードローンは金利が高いということがあげられます。

金利が高い消費者金融からお金を借りなければいけないほど、生活に困っているのかな?と思われてしまうことがあるんです。

また、カードローンで借りるお金は使い道が自由ですよね。

借りたお金でギャンブルをすることもできますし、何に使ったかを申告する必要もないため、リスクのある借り入れと思われても仕方がないのです。

借り入れ枠があるだけでお金を借りているとみなされることもある

住宅ローンなどの審査を受ける際に、カードローンでの借り入れがあると審査が不利になってしまうことは実際にあります。(筆者が住宅ローン審査を受ける際に、複数の銀行担当者に確認しました)

また、実際にはお金を借りていなくても、借り入れ枠があるだけでお金を借りているとみなされることもあります。

なぜかというと、借り入れ枠があるということは、いつでもお金を借りられる状態だから。

住宅ローン審査通過後にお金を借りられてしまうと返済能力が変わってきてしまうので、最初から借り入れがあるとみなしておくのです。

住宅ローンをこれから組む可能性があるなら、アイフルとの契約を解約することを強くおすすめします。

実際に住宅ローンを組む際にも「他に借り入れはありますか?」と必ず聞かれますので、クリーンな状態にしておくことが望ましいですよ。

借金生活から卒業できる

どんなに重要な理由があって利用したカードローンでも、いつかは自分の稼ぎだけで生活をしなければいけません。

アイフルで借り入れ枠を残しておくと安心ですし便利ですが、この状況に甘えているとまたすぐに借り入れが増えてしまうかもしれません。

「簡単にお金を借りるクセがついてるかも・・・」と感じる人は、思い切ってアイフルとの契約を解約して、すぐにお金を借りてしまう生活から卒業しましょう。

最初は不安で、苦しいこともあるかもしれませんが、必ず自分のためになります。

信用情報が早く綺麗になる

アイフルを完済してもすぐに信用情報から利用歴が消えるわけではありません。

アイフルと取引があったという履歴は「契約期間中と解約から5年間」は信用情報機関に記録が残ることになるのです。

あなたの家族や恋人などが勝手にあなたの信用情報を取り寄せてチェックすることはできないので気にする必要はないのかもしれませんが、早く解約した方が早く信用情報からアイフルを利用していた記録を消すことができるのです。

ちなみに、信用情報の記録は消してくださいとお願いしても削除されることはありません。「契約期間中と解約から5年間」が経過するのを待つしかないのです。

アイフルとの契約を解約するデメリット

アイフルとの解約にデメリットがあるの?と感じられるかもしれませんが、ひとつだけあるんです。

再度お金が必要な時に審査が必要になる

アイフルとの契約を解約すると、再びお金が必要になった時にはまたゼロから審査を受けなければいけません。

解約前のアイフルの利用で1度も延滞をしたことがなく、他社でも延滞していないなど、カードローンを上手に利用していた人なら再審査でも不安はありませんが、

・アイフルで延滞をしたことがある
・他社で延滞したことがある
・他社での借り入れが増えてしまった

など、状況が悪くなってしまった人は審査に落ちてしまう可能性もあります。

本当にお金に困ってしまった時には生活保護などの支援はありますが、「今月だけ家賃の支払いが厳しい!」というような状況でこういった支援を受けることはまずできません。

ようやくアイフルに完済できたけど、まだ生活の再建には至っていない・・・という場合は、解約を少し待った方が良いこともあります。

アイフルの解約方法・退会手続き方法は?

アイフルを解約することのメリット・デメリットがわかったところで、解約方法を確認していきましょう。

実はアイフルの詳しい解約方法は、公式サイトにも記載されていません。

アイフルに限ったことではないのですが、解約されてしまうと消費者金融は利益を失うことになってしまうので、どのカードローン業者も解約にあまり積極的ではないのです。

ここでは、アイフルに実際に確認した「確実に解約できる手順」を詳しく解説しますのでご覧になってみてください。

解約手順1:アイフルに電話で解約したいことを伝える

まずは解約したいことをアイフルに申し出ましょう。

アイフルに解約の意思を伝える方法は、「電話」と「店頭窓口」があるのですが解約のためにわざわざ店頭窓口に行くのも面倒です。

ここでは電話でのアイフル解約方法をおすすめします。

▼解約を申し出る電話番号
0120-109-437
(平日9:00〜18:00)

電話で解約手続きができるのは平日9:00〜18:00になりますので曜日と時間帯にご注意くださいね。

なお、電話では会員情報確認のためアイフル会員番号を確認されます。手元にローンカードを用意してから電話をかけるとスムーズですよ。

解約手順2:契約書の返却・完済証明について確認する

アイフルを解約する際には、
・契約書の返送の有無(WEB完結で契約した人は契約書はありません)
・完済証明発行の有無

を選択することができます。

契約書はどちらでも構いません。不安だったら送ってもらうと良いでしょう。

アイフルの完済証明書はもらっておくことをおすすめします。使用しない可能性も高いですが、直近で住宅ローン審査を受けるようなことになった場合に備えて持っておくと安心です。

もらっておいて損するものではないですし、保険だと思って保管しておきましょう。

解約手順3:ローンカードを破棄する

アイフルの解約手続きはこの電話1本で完了しますが、手元にローンカードが残ることになります。

アイフルのローンカードは、自分でハサミを入れて破棄して良いので処分してしまいましょう。

アイフルを解約する前の返済(一括返済・完済)について

アイフルとの契約を解約するには、借入額を端数も含めて全て完済しておかなければいけません。

アイフルの「無利息残高」とは?

アイフルでは1,000円未満の端数を無利息残高として扱っています。

無利息残高は請求されることもなく利息がつくこともない借り入れ残高のこと。

借入額が1,000円を下回ったら、返済しなくても取り立てをされることがないのです。

ただし、たとえ利息がつかない残高であっても借入金であることには変わりないので、無利息残高があるうちはアイフルとの契約を解約することはできません。

最終返済は端数も含めてアイフルに一括返済しましょう

無利息残高が発生した場合、アイフル店頭窓口か銀行振込で精算してもらうことができるのですが、最終返済時に端数もきっちり一括返済すれば精算してもらう手間もかかりません。

端数も一括返済する方法は?

アイフルの返済方法のうち、端数の返済ができるのは、「コンビニマルチメディア端末」と「銀行振込」になります。

アイフルへの最終返済は、いずれかの方法で行うようにしましょう。

返済総額の確認方法は?

カードローンの利息は日割りで増えていくので、最終返済時の返済総額は返済する日によって変動します。必ず完済する日の返済総額を確認してから返済手続きを行うようにしましょう。

返済総額はアイフル会員ページまたはアイフルスマホアプリから確認することができます。

アイフル会員メニューに表示される「ご利用残高」と「利息」と「その他費用」の合計が完済金額になりますので、合計金額を返済しましょう。

口座振替で返済している人は電話で確認しよう

口座振替で返済している場合は、一括返済をする日によって支払額が変わってきます。

アイフル会員専用ダイヤル(0120-109-437 / 平日9:00-18:00)に電話をかけて、正確な返済金額を確認するようにしてください。

アイフルを解約した方が良い人・解約しない方が良い人(まとめ)

アイフルを解約するメリット・デメリット、解約方法を確認してきましたが、「そろそろ完済できそうだけど、解約しても大丈夫なのか自信がない・・・」という人もいるでしょう。

最後にアイフルを解約した方が良い人・解約しない方が良い人をご紹介しますので、目安にしてみてください。

アイフルを解約すべきなのはこんな人

住宅ローンを組む予定がある人は絶対に解約を

住宅ローンを組む予定がある人、将来的にマイホームが欲しい人は、早めに解約すべきです。

住宅ローンはカードローンや銀行の目的ローンなどとは桁違いの金額を借りることになるので、審査も非常に厳しくなります。

ローン審査に落ちてしまっても、落ちた理由を教えてもらうことはできないのですが、「カードローンを解約してなかったことが原因かな・・・」と思うのはイヤじゃないですか?

希望する金融機関から有利な条件で住宅ローンを組むためには、アイフルなどのカードローン契約はなるべく早く解約した方が良いですよ。

早く信用情報を綺麗にしたい人

アイフルなどと契約していた記録は、解約しても最長5年間は個人信用情報に履歴が残ります。

自分の信用情報からアイフルとの取引があった記録そのものを早く消すために有効な方法は、1日でも早く解約することです。

もうお金を借りる生活に戻りたくない人

計画的に利用しようと思っていたはずなのに、いつの間にか返済が苦しくなってきて「返済日がくるのが怖い!どうしよう!」という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

解約するのは勇気がいることですが、腹を括って解約してしまえばなんとかなるかもしれませんよ。

借金のことばかりが頭に思い浮かぶような生活に戻りたくないと思うなら、キッパリと解約してしまって経済的な自立を目指すようにしましょう。

アイフルを解約すべきじゃないのはこんな人

アイフルに完済できたけど、経済的にはまだ余裕がなく生活再建にはもう少し時間がかかりそうという場合は、解約手続きを少し待ってみてください。

基本的に、もうお金を借りる必要がなくなったら解約をした方が良いです。

ただ、アイフルなどが提供するカードローンのように幅広い年齢の人が無担保で即日融資でお金を借りられる方法は他にありませんので、今後もどうしてもお金に困ってしまいそうなら解約を少し待つという選択もあります。

一般常識や社会通念上では、カードローンは利用しない方が良いものとなっていて、これは実際そのとおりと言えるでしょう。

しかし、「今月の家賃さえ払えれば、あとはなんとかなるんだけど・・・」という時に親や友達を頼れないような人はどうすれば良いのでしょうか。

国や地自体では、こういった個人的な都合での緊急時に少額でお金を借りられる方法はありません。
「緊急小口融資」などの支援はあるのですが、セーフティネットの制度でお金を借りるのは当然ながらカードローンほど簡単なことではありません。

こういった立場の弱い人を狙っているのがヤミ金です。

インターネットで見かけた「うちなら即日融資できます!」と謳っていた業者が実はヤミ金や悪質業者だったというケースもあります。

なるべく早く解約するに越したことはないですが、もっと状況が悪くなるくらいなら解約せずに様子を見るという選択もありだと思います。

早く解約した方が将来の自分のためになるのは間違いありませんので、アイフルとの契約がもう不要であればすぐに解約すべきです。

しかし、アイフルの解約は電話1本でいつでもできますし手間もかかりません。安易な借り入れさえしなければ手続きを急がなくても良いでしょう。

契約を推奨するわけではありませんが、ご自分の現状をよく把握してからアイフルを解約する時期を検討してみてくださいね。


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP