キャレントは個人融資をしない貸金?法人貸付けのみ?スーパーローン審査の流れ

PR

キャレントは個人融資をしない貸金?法人貸付けのみ?スーパーローン審査の流れ
キャレントは東京都品川区五反田を拠点とする貸金業者です。

2023年現在、キャレントは個人向けの融資を行っておらず、法人向けにビジネスローンの融資を行っています。

ここでは、キャレント「スーパーローン」の金利、限度額、審査の流れ、口コミ、審査難易度、即日融資は可能か?などを詳しくご紹介しますので、ビジネスローンをお探しの方はご覧になってみて下さい。

なお、今回ご紹介するキャレントと、消費者金融のキャネットを混同している情報サイトさんもあるようです。キャレントとキャネット(北キャネなど)は異なる会社ですのでご注意下さい。


もくじ

⇒自営業者・個人事業主の借入方法まとめ【事業資金・自由資金】

キャレントはどんな貸金業者?

▼キャレントの会社概要・企業情報

商号 株式会社IPGファイナンシャルソリューションズ(キャレント)
所在地 東京都品川区西五反田7-13-5 DK五反田ビル6F
電話番号 03-5740-5087
登録番号 東京都知事(4) 第31399号
加盟団体 日本貸金業協会会員 第006016号
公式サイト こちら

 

キャレントは東京都品川区五反田に拠点を置く消費者金融です。

規模が小さな消費者金融から事業性資金を融資してもらうことに不安を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、きちんと東京都知事の認可をもらって貸金業を営んでいますので、ヤミ金や悪質業者とはまったく関係ありません。

「東京都知事(4) 第31399号」がキャレントの貸金業登録番号になります。

カッコの(4)は更新回数を表します。初回が(1)で3年に1回更新が行われます。

キャレント(IPGファイナンシャルソリューションズ)は金融庁登録の貸金業者
登録情報は、金融庁の「登録貸金業者情報検索入力ページ」で確認することができます。

キャレント(IPGファイナンシャルソリューションズ)は日本貸金業協会の会員
さらにキャレントは日本貸金業協会の会員で、貸付金利も取り立てのルールなども貸金業法に基づいて行っていますので安心です。

キャレント「スーパーローン」の特徴

キャレント「スーパーローン」の特徴

申込対象者 法人のみ
※個人の方、個人事業主の方は不可となります。
融資限度額 1~500万円
金利(実質年利) 100万円未満:13.0%~18.0%
100万円以上:7.8%~15.0%
返済方式 元金均等返済方式
返済期間(回数) 最長120ヶ月(1〜120回)
遅延損害金(実質年率) 20.0%
担保・連帯保証人 不要
必要書類 本人確認書類(免許書・保険証)、登記事項証明書など。
借入方法 口座振込
即日融資 平日14時までに手続きが完了すれば即日融資可能。
返済方法 口座振込
口座振替(三菱UFJ銀行のみ)
郵送便はある? なし
無利息サービスはある? なし

 

キャレントスーパーローンは法人向けの融資になります

キャレントスーパーローンは法人向けの融資
キャレントスーパーローンは会社員などの個人、個人事業主への融資は行っておらず、対象となるのは法人のみとなります。

▼キャレントの利用対象者

法人経営者
個人事業主・フリーランス・自営業者 ×
公務員・会社員 ×
派遣社員 ×
パート・アルバイト ×
専業主婦・主夫 ×
学生 ×
年金受給者 ×

 

キャレントも以前は個人向けのおまとめローン、フリーローン、レディースローンもあったのですが、現在は法人経営者向けのビジネスローンのみの取り扱いとなっています。

キャレントはアコムやプロミスのような個人向けカードローンをお探しの方には向いていませんが、法人経営の方で「メインバンクで融資を断られた」「創業直後で資金が足りない」「つなぎ融資として利用したい」などの希望がある方は便利に活用することができるでしょう。

キャレントは担保・連帯保証人が不要です

キャレントは事業性資金を無担保・連帯保証人なしで融資してくれる貸金業者です。

公的機関や銀行から融資を受ける場合は、基本的に担保や保証人が必要になりますが、キャレントは無担保・無保証人での融資が可能です。

スーパーローンは即日融資にも対応

キャレント スーパーローンは即日融資にも対応
事業性資金の公的な借入先として日本政策金融公庫があります。圧倒的に金利が低いのですが審査期間が長く、早くても約2週間必要となります。

また、近年は新型コロナの影響で申込者が増えているためさらに審査期間が延びてしまい、3週間以上かかってしまうこともあるようです。

キャレントの審査時間は最短30分となっており、平日14時までに契約手続きが完了すれば即日融資も可能なのでスピード融資にも対応してもらえます。

スーパーローンは総量規制の対象外の融資

通常の個人向けカードローンの場合、消費者金融や信販会社などの貸金業者から借りられる金額は総量規制によって「年収の3分の1まで」と決められています。

しかし、キャレント「スーパーローン」は事業性資金の融資となるため総量規制の対象外となります。

すでに他社から総量規制ギリギリの借り入れがある方でも、キャレントのビジネスローンなら借りられる可能性があります。

キャレントは全国から申込可能です

申し込み方法はインターネット、借入方法は口座振込、返済方法は口座振込または口座振替となっていますので、キャレントは全国どこからでも申し込みができます。

なお、電話・来店での申し込みは受け付けておらず、申し込み方法はインターネット限定となっています。

スーパーローンはカードローンではありません

キャレント「スーパーローン」は限度額の範囲内で何度でも借り入れができるカードローンではなく、審査によって決定した金額を一括で借りる証書貸付となります。

融資金を借りたら、その後は完済まで毎月返済を繰り返す形となりますので、追加で借りたい場合はインターネットから再度申し込みをすることになります。

キャレント「スーパーローン」の限度額と金利

キャレント「スーパーローン」の限度額と金利
キャレント「スーパーローン」の限度額と金利は次のように設定されています。

限度額 金利(実質年率)
100万円未満 13.0%~18.0%
100万円以上~500万円 15.0%~7.8%

 

融資限度額が100万円未満なら13.0%~18.0%の範囲、100万円を超えたら7.8%~15.0%の範囲で設定されるということですね。

キャレントの金利は高い?低い?

アコム、SMBCモビット、レイク、アイフルが上限金利を18.0%としているので、キャレントの金利設定は大手消費者金融と同等と言えます。

事業性資金と考えると高いと思われるかもしれませんが、無担保・無保証人で即日融資が可能という利便性を考えると妥当とも言えるのではないでしょうか。

キャレントの融資額【事例】

キャレントが実際に貸付を行ったケースとして、限度額いっぱいの500万円を融資した事例もあります。

表はスライドしてご覧いただけます
業種 年商 従業員数 創業 融資額
建設業 1億2千万円 17名 15年 400万円
解体業 1千万円 2名 1年 50万円
製造業 1億9千万円 5名 25年 500万円
運送業 9千5百万円 3名 2年 500万円

 

キャレントの借入方法

キャレント「スーパーローン」の借り入れ方法は口座振込になります。

申し込み後、契約手続きが完了したら速やかに指定の金融機関口座に振り込んでもらえます。

どの銀行口座あてでも振込手数料はかかりません。

なお、キャレントの場合、一般的なカードローンのように自社TMや提携ATMから、カードを使って現金を引き出すことはできません。

信用情報に不安がない方、法人の業績に不安がない方などは、キャレントではなく、銀行の事業者向けのローンを利用した方が金利も低いですし、借入方法もたくさんあり便利です。

もしくは大手消費者金融が提供している事業者向けのローンを検討しても良いかもしれません。

⇒自営業者・個人事業主の借入方法まとめ【事業資金・自由資金】

キャレントは追加融資可能?

借り入れ後にさらに追加融資を受けることも可能です。

キャレントには会員サイトがあり契約後に会員登録をすることができます。追加融資の申し込みはこの会員サイトから手続きできます。

追加の申し込みをすると審査が行われ、審査に通過したら再度融資を受けることができます。

追加融資の審査は慎重になるものと思われますので、他社借り入れを増やさず、返済も延滞せずに返済実績を積んでから申し込みをする必要があります。

キャレントの返済方法

キャレントの返済方法は「口座振込」と「口座振替」があります。

口座振込でキャレントに返済する

口座振込返済は、キャレントが指定する金融機関に自分でお金を振り込んで返済する方法です。
振込手数料は利用者負担となります。

振込方法は自由ですので、ATM、銀行口座のインターネットバンキング、銀行窓口などご都合の良い方法で返済できます。

口座振替でキャレントに返済する

口座振替返済は返済用口座に三菱UFJ銀行口座を指定できる方のみ利用可能となります。

毎月1回の返済日に三菱UFJ銀行口座から返済金額が自動的に引き落とされるので、口座振込で返済をする手間がかかりません。

しかも三菱UFJ銀行口座からの口座引き落としなら手数料もかかりません。

三菱UFJ銀行口座をお持ちの方はとても有利にキャレントを利用できることになりますね。

キャレントの返済日はいつ?

キャレント「スーパーローン」の返済日は、利用者のご都合が良い日を指定することができます。

例えば毎月25日を返済日(支払期日)とした場合、25日より前の10日間が支払い期間となります。(支払期日が土日祝日の場合は翌営業日が支払期日になります)

口座振込で返済をするなら?

返済期間の10日間に入金をする必要があります。返済日が25日なら毎月15日から25日の間に振込手続きを行いましょう。

口座振替で返済をするなら?

毎月25日に三菱UFJ銀行口座から引き落としがかかりますので、忘れずに入金しておきましょう。

キャレントの毎月の返済額は?

キャレント「スーパーローン」の毎月の返済額は、借入金額と返済回数などを総合して、契約時に決定することになります。

詳細はキャレント担当者と相談して決めることになりますが、返済シミュレーションを行ってみましたので以下をご参照下さい。(金利は各限度額の上限金利を想定しています)

借り入れ金額が10万円(金利18.0%)の場合
毎月の返済額 借入期間・回数 返済総額 うち利息
3,000円 3年11か月・47回 138,781円 38,781円
5,000円 2年・24回 119,429円 19,429円
8,000円 1年2か月・14回 111,383円 11,383円
10,000円 11か月・11回 109,018円 9,018円

 

借り入れ金額が30万円(金利18.0%)の場合
毎月の返済額 借入期間・回数 返済総額 うち利息
6,000円 7年8か月・92回 549,823円 249,823円
8,000円 4年8か月・56回 440,765円 140,765円
10,000円 3年4か月・40回 399,463円 99,463円
120,000円 2年8か月・32回 377,351円 77,351円

 

借り入れ金額が50万円(金利18.0%)の場合
毎月の返済額 借入期間・回数 返済総額 うち利息
10,000円 7年8か月・92回 916,431円 416,431円
20,000円 2年8か月・32回 628,933円 128,933円
30,000円 1年8か月・20回 578,388円 78,388円
50,000円 11か月・11回 545,113円 45,113円

 

借り入れ金額が100万円(金利15.0%)の場合
毎月の返済額 借入期間・回数 返済総額 うち利息
20,000円 6年7か月・79回 1,564,016円 564,016円
30,000円 3年8か月・44回 1,295,791円 295,791円
50,000円 2年・24回 1,155,312円 155,312円
70,000円 1年4カ月・16回 1,106,815円 106,815円

 

借り入れ金額が200万円(金利15.0%)の場合
毎月の返済額 借入期間・回数 返済総額 うち利息
40,000円 6年7か月・79回 3,128,111円 1,128,111円
50,000円 4年8か月・56回 2,772,906円 772,906円
60,000円 3年8か月・44回 2,591,604円 591,604円
70,000円 3年・36回 2,480,832円 480,832円

 
※金額、返済期間等は返済シミュレーターを使用した試算になります。実際の返済内容とは異なる場合があります。

毎月の返済金額が少ないと利息が高くなりますが、返済額が大きすぎると返済に追われることになってしまいます。

確実に返済できる金額をあらかじめ試算しておくことを強くおすすめします。

キャレント「スーパーローン」の審査は甘い?審査難易度について

キャレント「スーパーローン」の審査は甘い?審査難易度について
審査難易度は非常に気になるところだと思いますが、キャレントのQ&Aでは、「大手より審査基準は緩いですか?」という質問に対して「審査基準が緩いということはありませんが、大手企業ではない当社だからこそできるサービスはご提供できるものと考えております。」との回答があります。

キャレントの審査は独自審査になる

大手消費者金融と銀行カードローンの審査では、まず総量規制(年収の3分の1以上)の借り入れがある人と、債務整理中など信用情報がブラックリストの人は融資を受けることはできません。

しかし、規模の小さい消費者金融まで同じ基準で審査をしてしまうと中小規模の消費者金融から借りられる人がいなくなってしまいます。

中小規模の消費者金融でも返済能力は確実に審査されますが、債務整理歴がある人、ブラックリストの人、総量規制ギリギリまで借りている人などに対して、それだけが理由で審査を否決とすることはせず、現在の返済能力で審査を行います。

過去には上手に返済ができずブラックリストになってしまったけど、現在は返済能力がしっかりあって、人間性がきちんとしている人には融資を行ってもらえる可能性もあるのです。

一般のカードローンでは総量規制を超えた貸付は絶対に行いませんが、キャレントは総量規制の対象外(個人向けではない為)なので限度額的にも融資してもらえる可能性があります。

必要書類はしっかり用意しよう

キャレント「スーパーローン」はあくまでも法人への融資という形になりますので提出する書類が非常に大きく影響します。

個人的には審査に不安がある場合でも融資を受けられる可能性は十分にありますが、健全な経営状態が確認できなければ融資を断られることもあるでしょう。

事業計画書、収支計画書、資金計画書などの提出を求めらたら、嘘偽りなくできるだけ丁寧に記載して下さい。

資金使途に注意

キャレントの融資金は事業に関するもののみに利用できます。

経営者本人の生活資金、旅行資金、娯楽費用、カードローンの返済など個人的なものには利用できませんので、資金使途の申告の際はご注意下さい。

なお基本的に資金使途がわかる書類の提出などは不要となっています。

キャレントの口コミ・評判

キャレントの口コミ・評判
キャレントの口コミをネットで広く探してみたのですが、法人限定の融資という特徴のため口コミはかなり少ないようでした。

※ネット上の評判が良いものと悪いものに分けて一部抜粋・編集して紹介します。

キャレントの良い口コミ・評判

・申し込みから融資までスピーディーでした。
・融資先が複数あると法人は安心だと思うので、キャレントにも申し込んでいます。2回目の融資でしたが、限度額を増額してもらえました。
・他社からも借り入れをしていますが、キャレント審査に通ることができました。
・限度額が大きく金利も他社とそう変わらないです。審査時間がとても短いので急な出費に間に合いました。
・ビジネスローンでネット申し込みができて口座振込で借りられるのは便利です。

キャレントの評判が良い口コミでは、融資までのスピードの速さを褒めている声が複数見つかりました。

即日融資のビジネスローンは大変便利だと思いますので、すぐには借りなくても借入枠を作っておく意味合いで申し込みをしておくのも良いかもしれません。

キャレントの悪い口コミ・評判

・必要なときに何度でも借りられるカードローンかと思っていました。融資が必要なときにその都度申し込んで審査が入るのは大変そうです。
・キャレントの審査に通りませんでした。柔軟な審査を期待していたので残念です。
・電話をかけてもつながりません。対応が良いとは感じられませんでした。
・最短30分審査と聞いていましたが、私の場合は審査結果が出るのが遅かったです。即日融資もできませんでした。
・他のビジネスローンでも審査時間が短いものもあるようですが、キャレントは審査に時間がかかりました。他社も比較してから申し込みをすればよかったです。

キャレントの悪い口コミで気になったことは、審査時間が意外と長くなるケースもあるということ。
やはり申込者みんなが最短30分で融資を受けられるわけではなく、数日かかってしまうこともあるようです。

また、キャレントの融資をカードローンのような何度でも借りられるものと勘違いしている方もいらっしゃいました。

キャレントの融資回数は1度の申し込みにつき1回限りですので、追加融資を受ける際にはその都度審査が必要になります。

キャレントの審査申し込み方法

キャレントの審査申し込み方法は、インターネット申し込み限定となっています。

電話、来店、郵送などでは申込できず、公式サイトの申し込みフォームからの手続きのみ受け付けています。

1.キャレント公式サイトから申込をする
キャレントのインターネット申し込みは、24時間365日いつでも手続き可能です。お急ぎの際は早めに申し込みを行うことをおすすめします。

2.審査、在籍確認
キャレントの審査が行われます。審査では在籍確認も行われます。勤務先電話番号にキャレント審査担当者から個人名で電話がかかってきますので対応しましょう。

3.審査結果のお知らせ
キャレント「スーパーローン」の審査結果はメールでのお知らせとなります。

4.契約
キャレント「スーパーローン」の契約手続きもインターネットで行います。必要書類をFAXで提出して、14時までに全ての手続きが完了すれば当日中の振込融資が可能です。

キャレントの在籍確認について

キャレントの在籍確認(会社への電話連絡)について
キャレントは原則として電話在籍確認を行う貸金業者になります。

こちらはキャレント公式に記載されている在籍確認についてのQ&Aです。

Q. 申込みの際、会社に確認の電話はきますか?
A. 確認のため、会社にお電話させていただきます。
お客様のプライバシーに十分配慮し、担当者の個人名でおかけいたしますので 当社名でご連絡することはありません。

引用:キャレントよくある質問

会社にキャレント審査担当者から電話がかかってくることになりますが、融資に関する内容ということがわからないように配慮してもらえますので安心して下さい。

キャレントの必要書類

キャレントの必要書類は申込者の事業内容などによって異なりますので、詳細は申し込み後に案内があります。

キャレント公式サイトには本人確認書類(運転免許書・保険証)と登記事項証明書などが必要になるとの記載がありますが、通常、ビジネスローンを利用する際は2年分以上の決算書も必要になります。

事業計画・資金計画・収支計画に関する書類、収入証明書類などの提出を求められる可能性もあります。

創業間もない場合は決算書とキャレント指定の事業計画書、収支計画書、資金計画書の提出が必要になります。

必要書類の提出方法は?

必要書類の提出はFAXまたは郵送になります。即日融資を受けたい場合やお急ぎでしたらFAXで提出しましょう。

キャレント「スーパーローン」は即日融資可能?審査時間について

キャレント「スーパーローン」の審査時間は最短30分で、平日14時までに全ての手続きが完了すれば即日融資も可能となっています。

ただし、あくまでも最短30分ですので、融資希望額が大きい場合や事業形態によってはさらに時間がかかることが容易に想像されます。

お急ぎの場合は午前中または前日の夜に申し込み手続きを済ませておくことをおすすめします。

【まとめ】キャレント「スーパーローン」のメリット・デメリット

キャレント「スーパーローン」のメリット・デメリットをまとめます。

キャレント「スーパーローン」のメリット

▼キャレントのメリット
・最短即日融資で借りられる

キャレント「スーパーローン」のメリットは、事業性資金を最短即日融資で借りることも可能というところです。

いざ資金繰りに困ったときに日本政策金融公庫や商工ローンなどに申し込みをしようとすると、必要書類が膨大で審査期間も長く、わからないこと多いしとても待っていられない!ということもあります。

キャレント「スーパーローン」なら早ければ即日融資も可能ですので、「明日の振込に間に合わせたい」「どうしても一時的に資金が必要」など緊急性があるときに必要な金額だけを借りる一時的な資金繰りやつなぎ融資には便利に使えるかと思います。

キャレント「スーパーローン」のデメリット

▼キャレントのデメリット
・カードローンではないため追加融資には再審査が必要になる
・信頼できる口コミが少ない

キャレント「スーパーローン」のデメリットは、カードローンではないため追加融資が必要な時には再審査を受ける必要があること。

融資が必要なのは今回限りということでしたら問題ないのですが、いざというときに備えて融資枠を確保しておきたいということでしたら、キャレントよりも「事業性資金として利用できるカードローン」の方が便利かもしれません。

また、キャレントの審査に関する具体的な口コミが少ないのも気になるところです。

審査期間、必要書類、在籍確認で聞かれたことなどがわかりにくい点は、デメリットとまではいかなくても申し込みにあたって不安に感じる部分かもしれません。

大手消費者金融のビジネスローンも検討してみましょう

一般的なカードローンは事業性資金として利用することはできませんが、以下の商品は利用可能となっています。

商品名 金利 限度額
アイフル 事業サポートプラン 3.0%~18.0% 1万円~500万円
アコム ビジネスサポートカードローン 12.0%~18.0% 1~300万円
プロミス 自営者カードローン 6.3%~17.8% 300万円まで
レイク de ビジネス 4.5%~18.0% 1万円~500万円

 

4社とも最短即日融資が可能ですし、必要書類も少ないですよ。

いずれも大手消費者金融のビジネスローンですので借入方法・返済方法も複数用意されていて非常に便利です。

事業資金の借入先は慎重に選ばれることと思いますが、最近は自営業者、個人事業主、フリーランス、法人経営者が利用できる事業性ローン、ビジネスローンもどんどん増えています。ぜひ幅広く検討してみて下さい。

⇒自営業者・個人事業主の借入方法まとめ【事業資金・自由資金】


 
 

このサイトの監修者・専門家

この記事の監修者 このサイトの監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。
   

PAGETOP