荘内銀行「カードローン1000」「カードローンWeb」でお金を借りる

荘内銀行は山形県鶴岡市に本店がある地方銀行で、山形県を中心に、宮城県、福島県、秋田県、東京都に87か所に本支店があります。

荘内銀行のカードローン商品は「カードローン1000」と「カードローンWeb」の2つです。

本記事では「カードローン1000」と「カードローンWeb」の違いや、お金を借りるメリット・デメリットなどをわかりやすく解説していきます!

低金利なカードローンをお探しの方はぜひ注目してくださいね。


もくじ

荘内銀行カードローンの特徴

商品名 カードローン1000 カードローンWeb
利用対象者 ・満20歳以上満70歳未満の方。
・安定した収入がある方。
・審査基準を満たし保証会社の保証が受けられる方。
・荘内銀行口座を持っている人または開設できる人。
・満20歳以上満70歳未満の方。
・安定した収入がある方。
・審査基準を満たし保証会社の保証が受けられる方。
・荘内銀行の各種カードローンを利用していない方。
限度額 10万円~1,000万円 10万円~500万円
※年金受給者は20万円
※パート、アルバイトは50万円
金利(実質年率) 3.5%~13.5% 3.5%~14.6%
借り方 ATM ATM
初回のみ振込融資が可能
返済方法 約定返済:自動引き落とし
追加返済:ATM
約定返済:ATM
追加返済:ATM
遅延損害金 14.6% 14.6%
最低返済額 5,000円 5,000円
担保・保証人 不要 不要
来店 必要 不要
口座開設 必要 不要

 

荘内銀行の2つのカードローンは、違いがわかりやすいので選びやすいのではないかと思います。

まず、「カードローン1000」は口座開設と来店契約が必要なので、必ず1度は荘内銀行に行くことになりますが、最高1,000万円までの融資が可能なので高額融資を希望する方に向いています。

上限金利が「カードローンWeb」よりも低いので、低金利なカードローンを探している方にも良いですよ。

ただし、「カードローンWeb」は限度額が30万円を超えた時に金利が大きく下がるので、30万円の枠をもらえる可能性が高い方には「カードローンWeb」をオススメします。
口座開設も不要、来店契約も不要で簡単に申し込みができるのも「カードローンWeb」になります。

荘内銀行カードローンの利用対象者は?

年齢制限は「カードローンWeb」も「カードローン1000」も20歳~70歳となっています。

自営業者、パート、アルバイト、年金受給者の方も申し込み可能ですが、学生は不可となっています。

あとは安定した収入と返済能力があればOKなので、申し込み難易度は全く高くありません。

荘内銀行カードローンの限度額と金利

金利は限度額の高さに応じて設定されています。

●カードローン1000の金利と限度額

限度額 金利
50万円以下 13.5%
100万円以上150万円以下 11.8%
200万円 9.8%
300万円 7.8%
400万円以上600万円以下 5.8%
700万円以上1,000万円以下 3.5%

 

●カードローンWebの金利と限度額

限度額 金利
10・20万円 14.6%
30万円以上50万円以下 11.8%
70万円 9.8%
100万円・150万円 7.8%
200万円・250万円 5.8%
300万円以上500万円以下 3.5%

 
初めてのカードローンに申し込む場合、限度額は返済が可能と思われる最低限の設定になるのが一般的です。それに伴い金利は高くなってしまいます。

「カードローン1000」なら限度額は50万円以下で金利は一律13.5%です。

「カードローンWeb」の金利は限度額30万円までは14.6%です。ただ、「カードローンWeb」は限度額が30万円になった場合、金利が11.8%まで下がります。

そのため、限度額が30万円以下の場合は「カードローン1000」の方が低金利ですが、30万円の枠をもらえそうなら「カードローンWeb」の方が有利な借り入れができることになります。

30万円の限度額をもらう条件とは?

「カードローンWeb」で30万円借りた場合の約定返済額は10,000円になりますので、審査では「安定した収入があり毎月10,000円の返済が可能かどうか」をチェックされることになります。

20万円の借り入れなら返済額は5,000円なので、単純に2倍の返済能力が必要になります。この返済額の違いから、限度額20万円と30万円の間には大きな壁があると考えることができます。

カードローン業者は審査の内容を公開していないので確実とは言えないのですが、30万円の限度額をもらうには最低でも、

・現在の仕事に就いて1年以上経っている
・年収は200万円以上

これくらいの条件は満たしてから申し込みをしたいところです。

パート・アルバイトでも30万円借りられる?

「カードローンWeb」はパート・アルバイトの方でも50万円までの借り入れが可能です。

アルバイトでも年収200万円以上あれば限度額30万円の可能性がありますが、年収を抑えて働いているパートの方は厳しいでしょう。

パートの人、勤続年数が短い人、年収が気になるアルバイトの方は、最初から「カードローン1000」に申し込みをしておいた方が安心です。

「カードローン1000」の上限金利は13.5%ですが、この設定は他の銀行カードローンと比べても低い方になります。金利が13.5%になってしまっても全く損ではありませんよ。

<参考>山形県の方が申し込み可能なカードローンの金利

商品名 上限金利
山形銀行カードローン 4.5%~14.6%
きらやか銀行 きらやかWebカードローン 9.0%~11.0%
鶴岡信用金庫 私の財布 5.5%~12.0%
山形信用金庫 信金カードローンⅡ 9.8%
山形信用金庫 きゃっする900 2.8%~14.5%
米沢信用金庫 ファーストローンα 5.8%~12.3%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
りそな銀行カードローン 3.5%~12.475%
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%
セブン銀行カードローン 15.0%
楽天銀行カードローン スーパーローン 1.9%~14.5%
アイフル 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%
ノーローン 4.5%~18.0%

 

荘内銀行カードローンの審査申し込み方法

荘内銀行の2つのカードローンの申し込み方法で大きく変わるところは、「カードローン1000」は口座開設と来店が必要、「カードローンWeb」はどちらも不要というところです。
簡単に申し込みができるのは間違いなく「カードローンWeb」です。

カードローン1000の審査申し込みの流れ

1.仮審査の申し込み
仮審査申し込みはネットでできます。

2.審査・審査結果の連絡
荘内銀行の審査では在籍確認も実施され、審査結果は電話連絡になります。

3.店頭で正式申し込み
必要書類を持って荘内銀行に来店します。

4.ローンカードの発送
ローンカードは郵送で荘内銀行から届きます。受け取り後から融資を受けられるようになります。

荘内銀行「カードローン1000」は口座を持っていないと利用できないのですが、正式申し込みのために来店した時に開設することができますので、事前に作っておかなくても大丈夫です。

カードローンWebの審査申し込みの流れ

1.ネット申し込み
カードローンWebの申し込み方法はネット限定となります。

2.審査・申し込み内容の電話確認
審査の後に申し込み意思確認のための電話がかかってくることになります。

3.審査結果の連絡・契約手続き
必要書類をアップロード形式で荘内銀行へ提出して、契約手続きを行います。

4.契約手続き完了連絡・ローンカード発行
契約手続きが完了したことを知らせるメールが荘内銀行から届きます。
ローンカードは後日郵送で届きます。

荘内銀行「カードローンWeb」の申し込みの流れは他社のWeb完結と比べると手順が多いように感じますが、難しいことはなさそうです。

カードローンWebは初回のみ振込融資が可能

「カードローンWeb」だけのサービスになりますが、初回のみローンカードが到着する前に口座振込でお金を借りることができます。(振込手数料有料)
振込先口座は荘内銀行口座じゃなくても大丈夫です。

審査の途中で、荘内銀行から申し込み意思確認のための電話がかかってくることになるので、振込融資を希望する場合はその際に相談してみてください。

「カードローン1000」はローンカードから届いてからの融資になるので、早く借り入れができるのは「カードローンWeb」となります。

荘内銀行カードローンの申し込みに必要な書類

「カードローン1000」も「カードローンWeb」も本人確認書類が必須となります。

本人確認書類

運転免許証、パスポート

「カードローンWeb」に申し込む場合は、運転免許証またはパスポートが必須となり、マイナンバーカードなどは本人確認書類として認められません。

「カードローン1000」の正式申し込みで、荘内銀行へ来店する場合は、コピーではなく原本が必要になります。

収入証明書

源泉徴収票、住民税決定通知書、課税証明書、公的所得証明書などの原本

収入証明書は限度額50万円を超える場合に提出を求められます。

預金通帳とお届印(カードローン1000のみ)

荘内銀行口座をすでに持っている人は普通預金通帳とお届印も持参します。来店時に開設する人は、本人確認書類と登録する印鑑を持参しましょう。

荘内銀行は在籍確認を行う?

荘内銀行カードローンでは、在籍確認は必須になります。

書類で在籍確認をとってもらうことはできないので、必ず勤務先に電話がかかってくることになります。その際は荘内銀行と名乗ることはなく、担当者が個人名で電話をかけてきます。

会社やバイト先に電話があるのはあまり気持ちが良いものではありませんが、もし、他の人が電話に出た場合でもカードローンの要件だと伝わることはありません。

プライバシーにはしっかり配慮がありますので安心してくださいね。

融資スピードが早いのはどっちのカードローン?

現在、銀行カードローンは即日融資を行っていないのでどちらに申し込んでもその日のうちにお金を借りることはできません。これは日本全国どの銀行カードローンでも同じです。

融資スピードが早いのは、どちらかというと振込融資を受けられる「カードローンWeb」になります。しかし、「ホントにどっちかというとカードローンWebの方が早い」という感じで、積極的なスピード融資は行っていないようです。

まず、申し込みから審査結果が出るまでに3営業日ほどかかります。そこから申し込み内容確認の電話をもらい、審査結果が出た後に必要書類を登録したら振込でお金を借りられるのですが、この必要書類登録から振込融資までの期間が最短5営業日なんです。

振込融資を受けられる頃にはローンカードが届いているのでは??

「カードローン1000」も審査結果が出るまで3営業日程度。そこから来店申し込みをして、ローンカードを郵送で受け取ってからの融資になるので、2週間ほどかかってしまうことになります。

荘内銀行カードローンはスピード融資とは言えなさそうですね。

荘内銀行カードローンでお金を借りる方法

「カードローンWeb」のみ初回だけ振込融資を受けることができますが、その後はどちらも「ATM」からの借り入れに限定されます。

●利用可能なATM
荘内銀行ATM
イオン銀行ATM
ゆうちょ銀行ATM
セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
E-net
など

●荘内銀行ATM利用手数料と利用可能時間帯

曜日 時間帯 手数料
平日 8:00~21:00 無料
土日祝日 9:00~21:00 108円

 
 
曜日 時間帯 手数料 平日 8:00~8:45 108円 8:45~18:00 無料 18:00~21:00 108円 土日祝日 8:00~21:00 108円

 
 
●ゆうちょ銀行ATM利用手数料と利用可能時間帯

曜日 時間帯 手数料
平日 7:00~8:45 108円
8:45~18:00 無料
18:00~23:00 108円
土曜 7:00~9:00 108円
9:00~14:00 無料
14:00~23:00 108円
日曜祝日 7:00~23:00 108円

 
 
●セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・E-net利用手数料と利用可能時間帯

曜日 時間帯 手数料
平日 7:00~9:00 216円
9:00~18:00 108円
18:00~23:00 216円
土日祝日 7:00~23:00 216円

 
荘内銀行カードローンの借り入れ方法はATMのみとなるのですが、平日でしたら手数料無料で利用できるATMが複数あります。

ゆうちょ銀行やイオン銀行のATMを手数料無料で利用できるのは全国的に見てもめずらしく、とても便利なサービスだと言えます。

荘内銀行カードローンの返済方法

返済方法は2つのカードローンの大きな違いになりますので、それぞれ知っておきましょう。

カードローン1000は自動引き落としで返済

「カードローン1000」の約定返済は荘内銀行口座からの自動引き落としになります。

返済日は「毎月5日(銀行休業日は翌営業日)」で、他の日を指定することはできません。

約定返済額は「前月末日の借入残高」によって決まります。

●カードローン1000の毎月の返済額(約定返済額)

毎月返済日の前月末日の借入残高 毎月返済額
30万円以下 5,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超500万円以下 50,000円
500万円超1,000万円以下 60,000円

 

例えば「カードローン1000」で30万円借りた場合、毎月5日に5,000円が荘内銀行口座か自動的引き落としで返済されることになります。

ちなみに金利13.5%で借りた30万円を、毎月5,000円の約定返済だけで完済すると、返済期間は8年5ヶ月(101回)、返済総額は502,253円になります。

利息だけで202,253円支払うことになるので、自動引き落としだけに頼らず追加返済も積極的に行っていきましょう。

カードローンWebの返済はATMから

「カードローンWeb」の約定返済は、ATMからの入金のみとなります。口座引き落としや振込での返済はできません。

返済日は「毎月5日(銀行休業日は翌営業日)」です。

約定返済額は「前月末日の借入残高」によって決まります。

●カードローンWebの毎月の返済額(約定返済額)

毎月返済日の前月末日の借入残高 毎月返済額
20万円以下 5,000円
20万円超50万円以下 10,000円
50万円超70万円以下 15,000円
70万円超150万円以下 20,000円
150万円超250万円以下 30,000円
250万円超500万円以下 40,000円

 
例)20万円借りた場合は?
初回から最終回まで毎月5,000円の返済になります。

例)30万円借りた場合は?
借入残高が20万円以下になるまでは毎月10,000円、20万円以下になったら毎月5,000円の返済になります。

金利11.8%で30万円借りた場合の返済例はこうなります。

毎月の返済額(約定返済額) 1回~14回:10,000円
15回~63回:5,000円
最終回:1,679円
返済期間 5年4ヶ月
返済回数 64回
返済総額 386,679円
利息の合計 86,679円

※シミュレーターを使った試算になるため、実際の金額とは異なることがあります。

「カードローン1000」で30万円を借りて、約定返済のみで完済した場合と比較すると66,426円も利息を節約できることになります。

ただ、毎月10,000円の返済は大変ですし、毎月必ずATMに行って入金しないといけないので返済する負担は「カードローンWeb」の方が大きくなりがちです。

追加返済もできる?

約定返済額以上の金額を返済できそうな時はATMから入金します。

「カードローン1000」ならATMからの入金は全て追加返済扱いになり、「カードローンWeb」なら約定返済額を超える分が追加返済になります。

まとめ:荘内銀行カードローンはどちらで借りるのがお得?

荘内銀行カードローンは2つのカードローンで特徴が異なるため、選びやすいのではないでしょうか?

どちらがお得になるかは利用者のライフスタイルで変わってきますので、以下のそれぞれのメリット・デメリットを確認してみてください。

カードローン1000でお金借りるメリット・デメリット

●メリット
・上限金利が低い(13.5%)
・パートアルバイトでも申し込み可能なため、年収が気になる人でも低金利な借り入れができる。
・毎月の返済は5,000円から。返済負担が少ない。
・返済は自動引き落としで簡単!

●デメリット
・来店が必須。
・口座開設が必須。
・融資スタートまでに時間がかかる(約2週間)

「カードローン1000」は来店・口座開設が必要で、初回融資までのスピードも遅いです。

それでも毎月の返済は5,000円からでOKで、口座引き落とし返済が可能という「カードローンWeb」にはないメリットがあります。

また、上限金利が低いのも「カードローン1000」なので、審査に自信がない方でも低金利な借り入れができる可能性があります。

カードローンWebでお金借りるメリット・デメリット

●メリット
・来店不要。
・口座開設不要。
・融資スピードがカードローン1000より早い(初回のみ振込融資可能)
・限度額が30万円になれば低金利で借り入れ可能(11.8%)

●デメリット
・限度額が30万円以下になった場合、「カードローン1000」よりも金利が高くなる。
・返済方法がATMのみ。
・20万円以上借りた時の返済負担が大きい(20万円~50万円で毎月10,000円の返済)

「カードローンWeb」は申し込みしやすいのが大きなメリットです。融資までのスピードも「カードローン1000」より早いです。

また、限度額が30万円を超えた時の金利は全国的に見ても圧倒的低金利です。

通常は限度額が低いほど金利は高くなるので、30万円~50万円を11.8%で借りられる機会は本当に滅多にありません。消費者金融なら18%になってしまってもおかしくないくらいですから!

ただし返済がATMのみとなってしまうのはダメージが大きいです。毎月のお給料日に確実にATMに行かないと延滞してしまうことがあるかもしれませんので、自分でしっかり管理しておく必要があります。

荘内銀行カードローン以外のローン一覧

荘内銀行にはカードローン以外にも使い勝手が良いローン商品が複数用意されています。
ここでは幅広く使いやすいローンをご紹介します。

荘内銀行の目的別ローン ドリームコンシェル

荘内銀行の「ドリームコンシェル」は目的別ローンになります。
5種類の目的設定がありますので、該当するものがあれば申し込み可能となります。

商品名 金利 限度額 資金使途など
マイカープラン 2.4% 1,000万円 車の購入、修理、車検、免許取得、車庫の新改築、他社マイカーローンの借り換えなど
学資プラン 3.0%~4.5% 1,000万円
※各種条件あり
入学金、授業料などの教育資金。他社教育ローンの借り換えなど
フリープラン 4.5%~14.6% 500万円 自由!おまとめローンにも利用可能です
カードローンプラン 4.5%~14.6% 500万円
パート・アルバイトの方は30万円
自由

 
違いがわかりにくいのが「フリープラン」と「カードローンプラン」だと思います。

「フリープラン」は必要な金額を最初に借りたら、あとは完済するまで毎月決まった金額を返済していく借り方になります。

旅行費用をすぐに振り込むために30万円必要といったときには「フリープラン」が便利です。

「カードローンプラン」は、限度額の範囲内で何度でも借り入れ・返済ができる借り方です。

旅行先で使うお小遣いを借りるために利用枠を作っておきたいときには、必要なときに少額から借り入れができる「カードローンプラン」が向いています。

●荘内銀行のフリーローン

商品名 金利 限度額 資金使途など
フリーローン1000 3.5%~13.5% 1,000万円 自由
フリーローンWeb 3.5%~14.6% 300万円 自由

 
「フリーローン1000」は最大1,000万円までの借り入れが可能な大口ローンになります。荘内銀行口座があれば来店不要で申し込みできます。

「フリーローンWeb」は最大300万円までの融資になりますが、ネット申し込みが可能で最短2営業日で融資を受けることができます。

●荘内銀行その他のローン

商品名 金利 限度額 資金使途など
シニアローン 介護プラン 3.5%または6.5% 500万円 介護品の購入や介護のためのリフォーム、ヘルパー費用など介護にかかる費用
シニアローン 年金プラン 4.5%または6.5% 200万円 65歳~75歳で、荘内銀行口座を年金受け取り口座にしている人向け。資金使途自由
ビジネスべんリッチS 5.0%・8.0%・14.6%のいずれか 300万円 事業性資金にも利用可能な個人事業主向けプラン
事業者応援ローン500 8.2%または14.8% 500万円 個人事業主と法人向けの事業性資金限定ローン

 

PAGETOP