今すぐ5万円借りる方法【即日で借りたい方】30分審査・無利子で借入!稼ぐ方法も

ここでは、今すぐ即日で5万円を借りたい方に向けて、「早い(30分審査)」「安心・安全」「利息もお得(低金利・一定期間無利子)」に5万円を借りられる金融機関だけを厳選して紹介しています。

スマホ・パソコンで24時間.365日申込みOKなので急いで5万円借入したい方はご覧ください。

最後には、5万円(少額)を稼ぐ方法、作る方法も記載していますので、急いで5万円が必要なか方は是非ご覧ください。


もくじ

☆今すぐ5万円借りるのにおすすめのカードローン

 

・最短1時間融資も可能
・瞬フリ:10秒で5万円振込
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可

 

今すぐ5万円借りる代表的な方法

今すぐ5万円を即日で借りる方法を紹介しますが、それぞれ注意点もありますのでご覧ください。

カードローンで5万円を即日融資

カードローンで5万円を借りる場合、借り入れ先は銀行、もしくは消費者金融の2択になります。

ほとんどの方が消費者金融よりも、銀行カードローンで5万円を借りたいと考えますが、急いでお金を借りたいと考えている方には、消費者金融をお勧めします。

理由は・・・

▼消費者金融は即日融資に対応している(24時間365日申込み可。銀行は即日不可)
▼30日間無利息サービスを実施している消費者金融がある
▼銀行カードローンは審査が非常に厳しい

この3点が大きいです。

大手消費者金融は即日融資に対応している

銀行カードローンは、普通預金口座を用意しないと即日融資どころか、カードローンの利用もできない所が多いですが、大手消費者金融は即日融資に対応しています。

※銀行カードローンは申込者が反社勢力と関係していないか?警察のデータベースに照合をかける必要があるのと、以前の貸し過ぎ問題で即日融資ができなくなりました。
<即日融資の条件は?>

アコムプロミスなど大手消費者金融の場合、振込融資でも、ATMからのキャッシングでも、営業時間内に審査に通過しておく必要があり、そのタイムリミットは21時~22時(土日祝日含む)です。

5万円を即日で振り込んでもらう場合は、営業時間内に審査に通過して、振込依頼をすることで可能になりますが、一部の金融機関(振込先)の場合、14時以降に対応しておらず、翌日以降の振込になってしまう可能性があるのでご注意ください。

もう一つの借り入れ方法は、ATMからのキャッシングで5万円を借りる方法になります。

例えば、プロミスの自動契約機は9:00~21:00(※契約機により営業時間が異なる)まで営業をしているので、その時間までに審査に通過すれば、その場でカードを発行して、ATMで5万円を即日キャッシングすることも可能です。

自動契約機を利用する時は、インターネットで審査に申込み、カードの発行を自動契約機で行い、近くのATMで5万借りる方法がおすすめです。

消費者金融の30日間無利息サービスは見逃せない

また、30日間無利息サービスを行っている銀行は、ほんの一握りなのに対して、大手消費者金融は「アコム」「プロミス」「アイフル」「レイクALSA」などほとんどの所で実施しています。

30日間で借りた5万円をすべて返済してしまえば利息0円です。

30日間で全額返済しなくても、その期間は利息が0円になりますので、かなりお得になります。

また、レイクALSAの場合は、5万円までなら、180日間無利息になりますし、即日融資も可能なので、無利息サービスを重視する方にはおすすめです。


⇒レイクALSAの180日間無利息の詳細を見る

銀行カードローンの審査は厳しい

銀行カードローンは、審査が非常に厳しいですし、金融機関によってはアルバイト・パートの借り入れが不可、他社借入があると不可、年収制限など、利用条件もかなり厳しいところがあります。

急いで5万円を借りたいのに、申し込んでは落ち、申し込んでは落ち、を繰り返したらいつもでたっても5万円を借りることはできません。

消費者金融なら、特に5万円など少額融資であればより通りやすくなります。

年収や勤務形態などによっては高額融資は通らないことも多くなりますが、5万円程度の場合にはパートアルバイトなど非正規雇用でも審査通過のチャンスがあります。

他社でも借りているけど新たに5万円借りることはできる?

今、「プロミスで限度額いっぱい借りているので、アコムで5万円追加で借りたい」「SMBCモビットで増額したかったけど断られた」などなど、他社を利用している方が新たに5万円借りたい、そう考えている方もいるかもしれませんね。

2社目、3社目となるとどうしても審査が不安になってきますよね。

⇒消費者金融 2社目申込でオススメは?2社目の審査通過のコツ

一概に大丈夫とは言えませんが、5万円程度の少額融資なら十分に可能性があります。

ただし、今まで滞納・延滞がないことはもちろん、借入額の総額が年収の3分の1以下でなければなりません(総量規制)。

審査が心配な方は、アコムやプロミス、SMBCモビットの公式ページで、お試し診断がありますので、やってみると良いかもしれません(匿名で質問は2~3個、数秒~数分で瞬時に結果が出ます)。

 
このような理由で急いで5万円を借りたい方には、当サイトでは大手消費者金融をお勧めしています。

5万円程度なら消費者金融でも利息は大したことない

消費者金融でお金を借りる場合、1番心配なのが利息ですよね。銀行カードローンが15%前後なのに対して、消費者金融の金利は18%の所が多いです。

しかし、5万円程度なら消費者金融でも利息は大したことありません。

参考までにプロミスで5万円借りた場合のシミュレーションを記載します。

▼プロミスの最高金利17.8%で5万円を借りた場合

返済期間 1回の返済額 利息
3ヶ月 17,163円 1,489円
6ヶ月 8,771円 2,626円
9ヶ月 5,975円 3,775円
12ヶ月 4,579円 4,948円

 
利息は借りている期間が長いほど、月々の支払いは少なくなり、利息の額は大きくなりますが、5万円程度なら上記の金額になります。

他の大手消費者金融も多少前後しますが、5万円の借り入れの場合、それほど変わりはありません。

しかも、大手消費者金融のプロミスやアコム、アイフルの場合、即日融資はもちろん、30日間無利息サービスを行っているので、期間中に全額返済すれば利息は0円、5万円を借りたら、5万円を返済すればOKになります。

5万円程度なら運転免許証など身分証明書があればOK

消費者金融のカードローンを利用する場合の必要書類は、5万円程度なら運転免許証や保険証、パスポートなど、身分証明書があればOKです。

50万円など高額な借り入れの場合は収入証明書(源泉徴収票や納税証明書など)が必要になりますが、基本的に5万円など少額融資なら身分証明書があればOKです。

大手消費者金融の場合、スマホやパソコンなどから申し込む場合、写真で撮影してアップロードするだけで必要書類を提出することができるので便利です。

また自動契約機を利用する場合も備え付けのスキャナーを利用して必要書類を提出することができます。

5万円借りる!オススメのカードローンは?

先ほども申し上げましたが、5万円を借りるなら多少利息が高くても消費者金融のカードローンをおすすめします。

ただ、どこの消費者金融でも良いというわけではなく、「即日融資」に対応した「無利息サービス」を行っている大手消費者金融をおすすめしています。

中小の消費者金融は、即日融資に未対応だったり、無利息サービスも行ってないことろが多く、中には届け出をしていない闇金に引っかかる可能性もあります。

ここで紹介する大手消費者金融は、三井住友銀行や三菱UFJ銀行などと同じグループに所属し、東証一部に上場している安心して5万円を借りられる消費者金融です。

プロミスで5万円借りる

 

・最短1時間融資も可能
・審査時間最短30分
・瞬フリ:10秒で5万円を振り込み
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%(大手で1番低金利)

 
 

アコムで5万円借りる

 

・即日融資可能
・30日間金利0円
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:3.0%~18.0%

 

アコムプロミスは、即日融資に対応、30日間無利息サービス、24時間瞬時に振り込みが完了するサービスを実施しています。

5万円を借りるならアコムかプロミスをお勧めします。

ちなみに、アコムとプロミスの審査通過率は、ほとんど変わらなく45%~50%前後で、月によって変動があります。もし細かい審査通過率をご覧になりたい方は「アコム マンスリーレポート」「SMBCコンシューマーファイナンス 月次データ」をご覧ください。

内緒で5万円を借りたい方にオススメのカードローンは?

内緒で5万円を借りたい方におすすめなのはプロミスSMBCモビットです。

この2つの消費者金融ではWEB完結申込みをいうサービスを行っています。

WEB完結申込みとは、「カード発行なし」「郵送物なし」でカードローンを契約できるので、郵送物を家族に勝手にあけられて、カードローンの利用がバレる心配がありません。

さらに、SMBCモビットの場合は、職場への電話連絡もナシに設定できるので、本当に秘密で5万円を借りたい方にはおすすめします。

ただし、SMBCモビットの「WEB完結申込」は、会社で発行される「社会保険証」「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行の口座を持っている」のが条件です。

またSMBCモビットは30日間無利息サービスは行っていませんのでご注意ください。

※アコムはカードレス・郵送物なしは無理ですが、振込融資ならWEBで完結しますし、郵送物はACサービスセンターという名義で送付されるのでバレる可能性は低いです。

主婦もカードローンで5万円借りれる?

パートで働いていて、定期的な安定収入があれば、主婦の方でも消費者金融のカードローンで5万円借りることは十分に可能です。もちろん20歳以上の学生の方やフリーターの方も5万円程度なら十分に借りれる可能性はあります。

しかし、収入がない専業主婦の方は、アコムやプロミス、SMBCモビット、アイフル、レイクALSAなどのカードローンでお金を借りることはできません。

どうしても専業主婦の方で5万円を借りたい方は、専業主婦への貸付(配偶者貸付)を行っている貸金業者か、総量規制対象外の銀行や信用金庫などを利用してください。

ただし配偶者(旦那さんなど)に安定した収入があることが条件です。また、専業主婦の場合、限度額は30万円以下に設定されることが多いですが、5万円の借入なら問題ありませんね。

カードローンで5万円借りる時の注意点

カードローンの審査について

新規でカードローンを使う場合には、審査に通過する必要があります。

審査は5万円など少額になるほど通りやすくはなりますが、落ちる可能性もあるので、審査の申し込みは慎重に行い、できるだけ通りやすい環境を作ることが大切です。

一度に複数の消費者金融に申し込んだり、嘘の情報を入力するのは審査に落ちる原因になります。

消費者金融では、それぞれの貸金業者が信用情報機関で申し込みや契約者の情報を共有しており、申し込みをしていることは他社にも筒抜けとなっており、複数社に同時に申し込むと警戒されます。

また、他社で借り入れしていることを隠したり、ごまかしたりしてもばれてしまい、審査に落ちやすくなります。

利息がかかることを忘れずに

消費者金融などの貸金業者から借りれば当然、利息がかかります。

消費者金融では最大18パーセントとなっており、短期間でも、たとえ1日でも利息がつきますので、たとえ5万円(少額)でも馬鹿にせず、しっかり返済計画を立てる必要があります。

⇒カードローンでいくら借りる?【返済計画の立て方】シミュレーションや利息の計算方法

無利息期間がある消費者金融もあるので、できるだけ利息がお得になる金融機関で5万円を借りるようにしましょう。

友人などから5万円を借りる場合にも利息、もしくはお礼することを忘れないように。

手持ちのクレジットカードのキャッシング枠で5万円を借りる

クレジットカードはショッピングでの利用がメインですが、全体の限度枠のうちの一部を使ってキャッシングできることがあります。

クレジットカードは、ショッピング枠の中にキャッシング枠が設定できるようになっており、5万円程度ならカードローンのようにお金を借りることが可能です。

キャッシング枠の申し込みは契約時にもできますが、ネットのマイページなどからでも設定や変更が行えます。

キャッシングを使ったことのない人も契約時にいくらかの設定をしている場合もあるので、確認してみると良いでしょう。

また、今月はお金が足りなくなるな?と思ったらできるだけクレジットカードで支払えるものは、クレジットカードで払って現金を手元に残しておくのも良い方法です。

クレジットカードを使って借りる時の注意点

クレジットカードで5万円を借りる時にはキャッシング枠を使います。このキャッシング枠は、あくまでも全体の枠の一部であり、ショッピングで枠を使い切っている人は利用できません。

クレジットカードをショッピングでも活用している人は、キャッシング枠が残っているかを確認してから利用しましょう。

また、クレジットカードのキャッシング枠も、カードローンと同じく貸金業法という消費者金融などが守るべき法律に則って作られています。

家族や友人などに5万円を借りる

5万円程度の金額は、貸金業者ではなく、親や友人などから5万円を借りようと考える人もいると思います。

他人からお金を借りる場合には、その人との信頼関係と言い訳が必要ですが、親しい人であれば信用して5万円を貸してもらえる可能性が高くなります。

また友人や家族なら基本的に利息を払う必要がないのも大きなメリットです(利息を支払う必要があることも)。

家族や友人からお金を借りる時の注意点

友人知人や親類縁者などにお金を借りるのは簡単そうですが、実は一番難しいかも知れません。

貸す方は業者ではないため、5万円程度の少額でも、不満が残ったり後々のトラブルに発展するリスクがあります。

例えば友達にお願いした場合、同情や気遣いで快くお金を貸してくれることばかりではなく、断りきれなくてしぶしぶ5万円を貸しているかも知れません。

5万円を完済をきちんとしたとしても、わだかまりが残って以前のような関係ではいられなくなることもありますし、思わぬ事態で返済が滞ったら、さらに人間関係はおかしくなります。

友人に返済を求められない人は多く、高い確率で人間関係にヒビが入ります。

5万円を人に借りるなら、叱られることはあるでしょうが、親から借りるのが最も安全です。

ただ、親子でも金銭関係でトラブルになる可能性も十分にあるため、心配な方は銀行や消費者金融の貸金業者を利用してください。

⇒親にお金を借りるには【理由・口実・頼み方・言い方・贈与税対策】大事!

5万円を借りるその他の方法

その他、即日で5万円を借りる方法として質屋に骨とう品やブランド品などを預けて、それを担保にしてお金を借りる方法などもあります。

売りたくはないけど、価値が高そうなものがある、そんな方は質屋を利用して5万円を用意しみてはいかがでしょうか。

ただ、質屋の場合も利息がありますし、万が一返済できなかった場合は、預けた品物は他の手に渡ることになりますので十分にご注意ください。

その他、緊急小口資金貸付など公的機関から借りる方法や、生命保険の契約者貸付、自動車やオートバイ、不動産を担保にして5万円を借りる方法もあります。

即日で5万円を借りることができない方法もありますが、様々な借入方法について詳細は⇒お金を借りる即日融資ガイド110番TOPをご覧になってください。

5万円必要な時は借りるだけが方法ではない!稼ぐ方法も

上記では、「今すぐ5万円必要」という方に借りる方法を紹介してきましたが、5万円を用意する方法は他にもあります。

自宅などにあるパソコンやテレビ、オーディオなどの家電製品や本やCDなどをリサイクルショップなどに売却すれば即日で5万円を稼ぐことが可能です。

また、クラウドソーシングや日払いのバイトなら、今すぐは無理かもしれませんが、5万円を比較的早く稼ぐことも可能です。

5万円までいかないかもしれませんが、差額をカードローンで借りるのも悪くはありませんし、カードローンの返済に充てるのも良いですよね。

また、即日で5万円を稼ぐのは難しいですが、メルカリやヤフーオークションで不用品を売却したり、クラウドソーシングで副業して稼ぐ方法などもあります。

詳しくは以下で解説しておりますので、借りる以外で5万円を用意したい方はご覧ください。


 
 

この記事の監修者・専門家

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している金融メディア運営の専門家。

PAGETOP