お金を借りられない!最終手段教えて?

銀行カードローンからも消費者金融からもお金を借りることができない・・・。

そんなとき、最終手段として利用できる金策方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは銀行カードローンや誰もが知ってるような大手消費者金融でお金を借りられないときでも、最終手段として安全にお金を調達できる方法をご紹介します。


もくじ

最終手段といえば!中小規模の消費者金融でお金を借りる

大手消費者金融がダメでも中小規模の消費者金融ならお金を貸してくれるケースもあります。お金を借りる最終手段として利用する方も多い借入方法です。

エイワフクホーアロー、キャネットなどは、「ブラックでも借りられた」といった口コミも多く信用情報に大きな不安がある人でも利用できた実績が複数あります。

これまで1度もお金を借りたことがない人が、あえて中小規模の消費者金融を利用することはまずありません。

みんな最初はアコムやプロミスなどの大手消費者金融や銀行カードローンを検討するものです。

中小規模の消費者金融に申し込みをする人というのは、ほとんどの場合審査に自信がない人や信用情報に問題がある人になります。

中小の消費者金融もそのことはわかっているので、「これくらいなら返済できるだろう」という基準が大手よりも低くなっているため、大手では断られた場合でも中小規模の消費者金融なら融資を受けられる可能性があるのです。最終手段として検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードのショッピング枠でお金を借りる

最終手段として中小の消費者金融を頼ったけどダメだった・・・。
そんな方は、持っているクレジットカードの「キャッシング枠」を確認してみてください。

クレジットカードには普段のお買い物や公共料金などの支払いに使う「ショッピング枠」と現金を借りることができる「キャッシング枠」が用意されています。

キャッシング枠は申し込み時に限度額を希望することで付帯するのが一般的なのですが、設定したことを忘れてしまっているケースも多いものです。

自分が持っているクレジットカードにキャッシング枠があるかどうかを確認するには、

・インターネットの会員サイトで確認する
・毎月届く利用明細書で確認する
・カード裏面に記載されているクレジットカード会社電話番号に電話をかけて確認する

などの方法があります。

クレジットカード キャッシング枠でお金を借りる手順はとても簡単です。

まずはクレジットカードを持ってコンビニなどのATMに行きます。

クレジットカードを挿入するとキャッシング専用の画面になりますので、暗証番号と必要な金額などを入力すれば現金が出てきます。

定期預金があるなら定期預金担保貸付でお金を借りる

最終手段として街金を頼ったけどお金を借りられないし、定期預金を解約するしかない・・・と諦める前に、「定期預金担保貸付」を確認してみましょう。

定期預金担保貸付は、その名のとおり自分が組んでいる定期預金を担保にしてお金を借りる方法で、金融機関によっては「自動貸付」「預金担保貸付」「当座貸越」などと呼ばれることもあります。

定期預金担保貸付には審査もありませんし、お金を借りても信用情報機関に記録が残ることもないので、ブラックでお金を借りられない人や、無職の人、収入が不安定でお金を借りられない人でも確実にお金を借りることができます。

借りられる限度額は定期預金額の9割程度かつ200万円〜300万円までなどの設定があります。

金利は非常に低いですよ。

例えば、ゆうちょ銀行なら0.26%〜0.51%、三井住友銀行・三菱UJF銀行・みずほ銀行・りそな銀行なら0.51%で借りることができます。

大手消費者金融のアコムで10万円借りて90日間で返済する場合と比べてみるとこうなります。

アコム ゆうちょ銀行
金利 18.0% 0.26%
90日間の利息 4,438円 641円
返済合計額 104,438円 100,641円

 
同じ金額を同じ期間借りても、利息がかなり大きく異なりますよね。

定期預金担保貸付の借り方・返し方はとても簡単です。

借り方は普通預金口座から必要なお金を引き出すだけ。返し方は、普通預金口座に入金するだけです。(総合口座通帳がある場合)

定期預金担保貸付を利用するうえで気をつけたいことは、返済期限が設けられていないことです。

カードローンのように毎月1回の返済期限がないので、計画的に返していかないと後から返済が苦しくなってしまうことがあります。

また、完済できないまま定期預金の満期を迎えてしまうと、返済が必要な金額(元金+利息)が相殺されてしまうので、本来戻ってくる金額よりも少ない額しか返ってこないことになります。

こういったデメリットはありますが、できれば避けたい「定期預金の解約」の一歩手前の最終手段としては非常に効果的です。

生命保険があるなら契約者貸付制度でお金を借りる

最終手段として、中小のサラ金に頼ったけど借りられない、クレジットカードも持っていない、定期預金もない・・・、そんな方で生命保険に加入しているなら「契約者貸付制度」を確認してみてください。

契約者貸付制度は生命保険の解約返戻金を担保にしてお金を借りることができる制度です。

借りられる限度額は解約返済金の7割〜8割程度です。金利は加入先によりますが、2.0%〜8.0%程度である場合が多いです。

生命保険をもとにしてお金を借りることに不安を感じる人もいるのですが、そもそも生命保険を解約しなくてもお金を借りられるので、保証がなくなるリスクがありません。

返済も毎月1回などと決められた期間がないので、保険の契約期間が完了する前に完済していれば良いと考えておいて大丈夫です。

また、契約者貸付制度には審査がないので、ブラックすぎて消費者金融で断られてしまったような場合でも最終手段としてお金を借りることができます。

契約者貸付制度でお金を借りたことが信用情報機関に記録されることもないので、今後のローンやクレジットカード契約に影響することもありません。

契約者貸付制度のデメリットは、元金が解約返戻金の額を超えないように注意することです。

保険の見直しは家計の見直しに欠かせない方法ですが、長く加入している生命保険を解約すると万が一の時の不安が大きいものです。

解約する前に加入している生命保険に契約者貸付制度があるかどうかを確認してみてください。

理由によっては公的融資制度も最終手段として利用できる

お金が必要な理由や生活環境によっては、公的な融資を受けられる可能性もあります。

ギャンブルで借金を抱えてしまったとか、働くのが面倒などの自己責任でお金がない時に最終手段として頼ることはできませんが、公的融資には以下のようなものがあります。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、「低所得者世帯・障害者世帯・高齢者世帯」の生活を支えて、在宅福祉や社会参加への促進を図ることを目的としています。

資金項目は「総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金」の4種類があり、その中でさらに細分化しています。

限度額や金利は貸付の種類によって設定があります。

例えば総合支援資金の「緊急小口資金」なら、限度額は10万円以内で、金利がつかないため無利息で借りることができます。

生活福祉資金貸付制度の問い合わせ先は、お住いの市区町村の社会福祉協議会になりますので、不明な場合は、まず都道府県社会福祉協議会に問い合わせてみてください。

<参考>:都道府県社会福祉協議会

求職者支援資金融資制度

求職者支援資金融資制度は「求職者支援制度」で職業訓練受講給付金を受給する人を対象としている貸付です。ややこしいですね・・・。

まず求職者支援制度が何かというと、雇用保険をもらうことができない求職者が職業訓練を受けてスキルアップしたい時に利用できる制度です。

●求職者支援制度の内容
・無料の職業訓練
・給付金の支給(諸条件あり)
・ハローワークを中心とした職業支援

この求職者支援制度を利用すると、職業訓練受講給付金として「月額10万円+通所手当」がもらえるのですが、職業訓練受講給付金を受給しても生活費が不足する場合に融資を受けられるのが求職者支援資金融資制度になります。

貸付け額は「毎月5万円または10万円 × 受講予定訓練月数」です。

求職者支援資金融資制度の対象者は「雇用保険を受給できない求職者」になるので、具体的には、

・雇用保険の適用がなかった人
・雇用保険の加入期間が足りず給付を受けられなかった人
・雇用保険の受給が終了した人
・学卒未就職者
・自営廃業者
など

です。

問い合わせ・申請先は最寄りのハローワークですので、求職者支援資金融資制度を最終手段の借入先として利用したい方は、以下をご覧ください。

<参考>:求職者支援資金有志のご案内 -厚生労働省-

年金担保貸付制度(年金担保融資貸付)

年金担保貸付制度(年金担保融資貸付)は、国民年金・厚生年金保険または労働者災害補償保険の年金を担保にしてお金を借りられる制度です。

なお、年金を担保にした融資として法律で認められているのはこの年金担保貸付制度(年金担保融資貸付)のみです。

一般の貸金業者が「年金手帳を預ければお金を貸せる」などと言ってきても絶対に利用しないでください。間違いなく違法業者、悪質な詐欺業者なので最終手段でもダメですよ!

年金担保貸付制度の資金使途は「保健・医療、介護・福祉、住宅改修、冠婚葬祭、生活必需物品の購入などための一時的な小口資金」になります。

限度額は10万円〜200万円の範囲で決定されることになります。金利は年金担保の場合2.8%、労災年金担保の場合は2.1%になります。

返済は年金支給時に直接差し引かれることになるので、自分で返済を行う必要はありません。

年金担保貸付制度の借り入れ申込先は、年金を受け取っている銀行や信用金庫の店舗になるので、最終手段の借入方法として利用したい方はぜひ問い合わせてみてください。

※ゆうちょ銀行、農協及び労働金庫は不可

<参考>:年金担保貸付制度 融資の窓口(受託金融機関一覧)

この他の公的な支援としては、出産費用の用意が苦しいなら自治体に相談できますし、進学・就学向けの「国の教育ローン」などもあります。最終手段として国からの借り入れを希望する方は以下をご覧ください。

最終手段を使ってもお金を借りられない!そんな時は

ここまでは民間の金融機関と公的融資でお金を借りる最終手段を見てきましたが、ここからは死に物狂いでお金を作る方法を見ていきましょう。

最終手段として質屋でお金を借りる・買い取ってもらう

質屋は預けたものを担保にしてお金を借りることができるお店です。

貴金属やブランドバッグなどの売りたくはないけど価値があるものや、3ヶ月以内に返済できそうな場合などは売却するよりも質屋の方が合っているかもしれませんね。

質屋で審査されるのは品物の価値や状態などで、本人の収入や信用情報は全く関係ありません。

ブラックの人や債務整理をしたばかりの人でも品物に価値があれば確実にお金を借りることができます。

質屋では品物を預けてお金を借りるだけでなく、品物を買い取ってもらうこともできます。

買取の方が高額査定を受けることができますし、大手の質屋なら買取時と預け入れ時の両方の査定額を確認することもできます。

最終手段として質屋を利用した方は、以下の記事をご覧ください。

どこからも借りられない!最終手段は色々な方法でものを売ってお金を作る!

リサイクルショップで物を売る

慢性的にお金に困っている人が物を売ってお金を作っても、一時しのぎにしかならないものですが背に腹は変えられません。

「不用品なんてないし・・・」などと生温いことを言っていないで、身の回りを真剣に探してみましょう。

とりあえず履かないけどとっておきたいスニーカーや、元カノからの貰い物で捨てにくいアクセサリーや腕時計など、「不用品」とは言えないけど使わないものとか精神的な理由で処分できないものはありませんか?

この際、そういったものは全て処分してお金に変えてしまいましょう。どんな最終手段を使ってもお金を借りられない人は、リサイクルショップへの売却を検討してみましょう。

ヤフオク・フリマアプリで物を売る

最終手段と言われる借入方法をすべて試したけど借りられない方は、ヤフオク・フリマアプリを使ってみてはいかがでしょうか。

手間はかかりますが、リサイクルショップなどに持ち込むよりもヤフオクやメルカリやラクマなどのフリマアプリで売却した方が高く売れる可能性が高いです。

スマホアプリを利用すれば初心者でも簡単に参加できるようになっていますし、本1冊からでも売ることができますよ。

本、CD、DVD、ゲームソフト・本体を売る

ブックオフなどを利用すれば本、CD、DVD、ゲームソフト・本体、それからカードゲーム類などをまとめて売ることができます。

こういったものもまとめて売却することで意外なくらい高いお金に変わることもありますので、最終手段として借入先を探す前に検討してみてはいかがでしょうか?

自分でお店に持っていくのが大変なら宅配買取サービスを利用しましょう。段ボール箱に詰めて送るだけで査定してもらえますよ。

段ボール箱は近所のスーパーなどからもらってきたもので大丈夫ですし、送料無料、送り状も用意してもらえます。

自分でやることは申し込みをして、箱に詰めて、運送会社さんに渡すことくらいです。

最終手段なんだから売れるものはなんでも売る!

本、DVD、ゲーム、服などは買い取ってくれるお店がパッと思いつきますが、「このスポーツ用品やおもちゃはどこに売ればいいの?」とか、いろんなジャンルのものをまとめて売りたいんだけど・・・という時はネット買取サービスを利用して、売れそうなものはまとめて売ってしまいましょう。

たとえば「買取王子」なら60種類以上の商品をまとめて査定してもらうことができますし、送料無料で自宅に取りに来てくれるので、利用者は品物を箱に詰めるだけでOKです。

<参考>:買取王子

最終手段として最適?自分のスキルを売ることもできる!

和牛が出演している「ココナラ」というサービスのテレビCMを見たことありませんか?
ココナラは自分が得意なことやスキルを売ることができるサービスです。

ココナラの他にも例えばヤフオクにも「スキル、知識」というジャンルがあり、ここでも自分が得意なことを販売することができます。

特別なスキルは無いんだけど・・・という人でも、ブログをやっているなら記事作成の技術を売ることもできますし、PowerPointのスキルがあれば記事作成代行などもできます。
「ゲームのレベル上げ」を売っている人もいますよ!

ココナラでは販売できるジャンルが細かく設定されているので、まずざっくり見てみて自分が売れそうなスキルを探してみてください。

<参考>:ココナラ公式サイト

本来は最終手段として借入先を探す前にやるべき?単発・日払いのバイト

単発のバイトや日払いのお仕事なら、即金を得ることもできます。差し支えなければホスト・ホステスなど水商売なら短期間で高収入を得ることもできるかもしれませんね。

また、男性なら現場仕事や夜間道路工事などの力仕事、夜間警備、ビル警備、交通誘導などで手っ取り早く稼ぐ方法もあります。バイトルなどのアルバイト紹介サイトでも単発(1日のみ)のバイトを紹介しているので、近くの単発バイトを探してみましょう。

最終手段として借入先を探す前に、働いてお金を稼ぐということを、本来するべきことかもしれませんね。

最終手段は治験に参加すること?

治験は新しい薬や治療法として承認されるために必要な臨床試験のことです。治験はバイトではありませんが、交通費と負担軽減費の支給があるので有償ボランティアとも言われています。

自分の体を使うことになるので、気軽におすすめ!とは言えませんが、健康食品や美容品などのモニターといったものもあります。

なお、治験は合法・適法なものなので、最終手段ではありますが違法ではありません。
その点は安心できます。

最終手段なら仕方がない!親・友達・彼氏・彼女からお金を借りる?

身近な人にお金のことを相談するのは避けたいところですが、最終手段であればなりふりかまっていられません。

特に親からだったら比較的お金を借りやすいのではないでしょうか。

ただし、借りたお金はきちんと返すのは当然ですし、借用書を作るなど誠意のある借り方をしましょう。

裏切るような結果になってしまったら人間関係は確実に崩れますし、友達などの周囲の人が離れていくことだってあります。

身近な人からお金を借りるのは本当に最終手段として考えるべきでしょう。

最終手段でも絶対にやってはいけないこと

最終手段としてでも絶対にやってはいけないこともあります。

最終手段でもNG!闇金、怪しいサービスでお金を借りない!

最終手段でもNGなのは、まず闇金を利用することです。

闇金からは簡単にお金を借りることができますが、目先のことに囚われて闇金を利用してしまうと確実に今後の生活が金銭的にも精神的にも脅かされることになります。

同じく、個人間融資掲示板も利用しないようにしましょう。

お金を貸したい側として書き込みをしている人の多くは闇金業者です。個人情報を売買されてしまったり、法外な利息を取られることになりますよ。

人を疑うのは悲しいことかもしれませんが、正規の貸金業者からお金を借りられない人にお金を貸すサービスは非常に怪しい業者と考えるべきです。

お金が借りられないという立場の自分に、利益が無いのにお金を貸すのは、貸す側にとって何かしらの利益があるからなんです。

闇金業者はあらゆる手段を使って元金と膨大な利息を返済させます。最終手段だからと言って近寄ってはダメ!絶対に関わらないようにしましょう。

最終手段だから言って犯罪に手を染めてはダメ!

最終手段だから言って犯罪はダメ!絶対!

窃盗やオレオレ詐欺など明らかな犯罪はもちろんダメですが、裏バイトと言われるような違法なバイト、違法な仕事もやめておきましょう。

●違法バイトの例
名義貸し
口座売買
詐欺の受け子・出し子
出会い系サイトのサクラ
など

こういった裏バイトは「違法だと知らなかった」という言い逃れはできませんし、実刑判決を受けた実例もあります。

また、クレジットカードを換金目的で使うことも禁止されています。

例えば、現金化することが目的で新幹線の回数券を買う、Amazonギフト券を買うなどは「クレジットカードの現金化」という規約違反になります。

クレジットカード現金化を行なっているサービスを利用することもやめておきましょう。

お金を得る最終手段は意外と多い?(まとめ)

銀行カードローンや大手消費者金融からお金を借りるには、必ず審査に通過しないといけませんが、貸金業者が公開している融資実績を見ると、だいたい半数近くの人が審査に落ちていることがわかります。

お金を借りたいのに借りられなかったこういった人たちが、最終手段としてまず頼るのは中小規模の消費者金融ですが、クレジットカード キャッシング枠があれば、今すぐにでも審査不要でお金を借りることができます。

生命保険や定期預金がある場合は、解約をする前に貸付に利用できないか問い合わせてみましょう。

また、ネット社会である現代は家にいながらものを売ったり、スキルで稼げるなど、お金を得る方法が多様化しています。

ちょっと視野を広げることで数万円くらいならお金を得ることも不可能ではないんです。本当に生活に困っているなら最終手段として公的支援を受けることもできます。

最終手段の借入方法といっても様々な方法があるので、決して自暴自棄にならずにできることからはじめてみましょう。


 
 

PAGETOP