転職後すぐ・働き始めにお金を借りることはできる?

カードローンでお金を借りるには審査が必要なことはご存知だと思いますが、転職後すぐや働き始めでもその審査に通ることはできるのでしょうか?

転職後・働き始めにカードローン審査に通りやすくするコツや在籍確認対策について解説していきます。


もくじ

転職後すぐのカードローン審査は厳しい?

結論から言ってしまうと、転職してすぐにお金を借りるのは難しいです。なぜかというと、勤続年数は審査を通過するために非常に重要になるから。

勤続年数が短いということは収入にまだ不安があり、返済能力が低いと判断されるんです。

カードローン審査では、「これから収入が上がるかもしれない」といった期待値はあまり加味されません。

ですので、自分の中ではキャリアアップ転職だとしても、申し込み時点では転職後すぐという状態だと審査が不利になってしまうんです。

ただし、カードローンの審査は総合評価になるので、転職してすぐだから絶対に審査に通らないということはありません。

転職先が公務員であるとか誰もが知ってる大企業の場合は、転職直後という点はマイナス評価になりますが、職業としてはプラスの評価を受けることになります。

勤続年数はとても重要な項目であり、勤続年数が短いことが大きなマイナス評価になることは間違いありませんが、これまでにクレジットカードやローン返済を1度も延滞したことがないなど、日頃からお金を綺麗に使っていれば働き始めでも審査に通過することは不可能ではありません。

新卒で働き始めのカードローン審査は厳しい?

学校を卒業したばかりで働き始めの場合はどうかというと、転職時と同じように審査は厳しくなります。

新卒で働き始めるということには希望がいっぱいですが、初めて社会に出て長く勤めることができるかどうかは誰にもわかりません。

いくら希望に満ち溢れていても、最初は収入もそう多くはないですし安定性もないことから、審査通過は厳しいと思っておきましょう。

転職後・働き始めでお金を借りにくい人の特徴は?

転職後・働き始めのカードローン審査通過が難しい理由を見てきましたが、誰にでも新卒の時期はありますし、転職だって珍しいことではありません。

転職直後にお金を借りるのはさすがに難しいですが、逆に考えると直後を避ければ審査に通過できる可能性は十分にあるわけです。

転職後・働き始めでしばらく期間が経っても審査に通りにくい人に共通している特徴は次のとおりです。

信用情報が悪い人・ブラックな人

過去にクレジットカードを延滞したことがある、スマホ本体の分割払い代金を延滞したことがある、カードローンの返済が遅れたことがある場合は、転職後すぐだろうが、勤続年数が長かろうが要注意です。

数日くらいなら大丈夫ですが、2ヶ月以上遅れたことがあるなら信用情報機関に延滞記録が残っていることになります。

延滞、強制解約、債務整理などの情報は「事故情報」と呼ばれていて、信用情報機関に事故情報が記録されていることを「ブラックリスト」とか「ブラック入りしている」「ブラック状態」などと呼んでいます。

ブラックリスト入りする期間は、項目によって設定があります。例えば延滞なら最長で「延滞が解消されてから5年間」になります。

カードローンに申し込みをすると、必ず信用情報機関に照会をかけて事故情報を調べられることになり、事故情報があれば審査に通る可能性がかなり低くなります。

つまり、延滞情報が載ってしまうときちんと支払いをして延滞が解消されても、5年間はカードローン審査に通る可能性は限りなく低いということになります。

希望額が多すぎて総量規制に引っかかる

転職後すぐの働き始めなのに希望額が多すぎると、「この人は働き始めたばかりでお金に困っているのかな?融資をしても返済が滞るんじゃないか?」と判断されてしまいます。

また、貸金業者からお金を借りる場合、貸金業法の総量規制によって「借り入れができる金額は年収の3分の1以下」と決められています。

消費者金融の場合、
・限度額50万円以上を希望する
・希望額と他社との借り入れ額を合わせた額が100万円を超える

の、いずれかに該当しなければ収入証明書の提出を求められることはほぼありませんが、もし求められるようなことがあったら現職の収入証明書を出すことになります。

転職後すぐの人にとってあまり有利なことではないはずですので、希望額は最小限(10万円程度)にしておくことをおすすめします。

転職後・働き始めでも審査に通る方法はある?

転職後・働き始めのカードローン審査を少しでも有利にする方法には、どのようなものがあるのでしょうか?

銀行カードローンではなく消費者金融に申し込もう

銀行カードローンには「消費者金融と比べて低金利」という大きなメリットがあります。ただし金利が低い分、審査は厳しくなります。

カードローンは貸付条件が良くなるほど審査は厳しくなるものなので、消費者金融よりも銀行カードローンの方がどうしてもハードルが高くなってしまうんです。

転職後・働き始めで、審査通過を第一に考えるなら、銀行カードローンよりも消費者金融の方が良いですよ。

転職後・働き始めでも信用情報が良ければ少額借りられることもある

信用情報はカードローン審査で必ず確認されるものです。信用情報を良くするためには、ローンや分割払いを延滞しないことが第一です。

あとは借り入れ枠があってもお金を借りすぎない、クレジットカードのキャッシング枠やリボ払いをなるべく利用しないなど、お金の使い方をいつでも綺麗にしておくことです。

すぐにどうにかできることではありませんが、だからこそ日頃から気をつけておかないといけません。

ちなみに転職後、働き始めで限度額が少額になってしまったとしても、カードローン契約をした後に「増額申請(増枠申請)」を行えば限度額を上げてもらうこともできます。

カードローンを適度に利用して延滞せずに返済を続けていくと、利用状態が良いと判断されて限度額を上げてもらえるんです。

契約から半年くらいコツコツと返済実績を積み重ねたら、増額申請を検討してみましょう。

転職後半年経つまで待つ

転職をしても6ヶ月くらい経てば仕事も落ち着いてきて収入も安定してくるのではないでしょうか。

勤続年数は長ければ長いほど審査が有利になりますが、6ヶ月くらい経てば消費者金融にも「転職歴はあるけど、一応安定した収入を得ている」と判断してもらえるようになります。

可能であれば転職前に契約しておこう

すでに転職してしまった場合は後の祭りですが、カードローン審査は転職直後よりも転職前の方が有利です。

勤続年数も長いはずですし、働き始めよりも信用情報も安定している可能性が高いので転職する前に申し込みをした方が審査に通過しやすくなります。

転職後すぐに会社に電話があると困る!在籍確認の乗り切り方

在籍確認はカードローン会社が申込者の勤務先に実際に電話をかけて、勤めていることを確認する方法です。

大抵の場合は、「山田と申しますが○○(あなた)さんはいらっしゃいますか?」という感じで、カードローン審査担当者の個人名であなたあてに電話がかかってくることになります。

でも、働き始めてすぐでわからないことだらけの会社に、個人名で電話があっても困るのではないでしょうか?

就職してすぐに変な噂が立つのは避けたいですし、会社の人に自分の名前を覚えてもらう前に自分が電話に出られなかった場合に誰宛の電話なのかわからず現場が混乱する可能性もあります。

電話在籍確認を避ける方法は一応2つあります。

転職後すぐなので、電話以外の在籍確認をお願いする

カードローン会社によっては電話による在籍確認ではなく、勤めていることがわかる書類で在籍確認をとってくれることもあります。

例えば、社会保険証、社員証、会社名が記載されている給与明細などで在籍確認をとってもらえることもあるので、カードローン会社に相談してみましょう。

働き始めなので、電話連絡がないカードローンを利用する

もともと電話連絡がないカードローン商品もあり、もっとも有名なのは、SMBCモビットの「web完結」になります。

ただし「WEB完結」を利用するには2つの条件をクリアしていないといけません。

1.三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
2.全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)または組合保険証を持っている

いかがでしょうか。該当する人はSMBCモビット「web完結」をチェックしてみてください。

クレジットカードの審査を受けたことにする

在籍確認に備えるために、申し込み時に記入する勤務先電話番号はなるべく自分が電話に出やすいように部署に直接かかってくる電話番号を記入しましょう。

また、在籍確認の電話に自分が出られない場合は、電話に出そうな人に「クレジットカードを作ったので電話があるかもしれません」とひとこと伝えておくと自然な流れになります。

クレジットカード審査で在籍確認があるのは普通のことですし、社会人ならクレジットカードを持っているのは当たり前なので怪しまれることもないでしょう。

転職後すぐ・働き始めだからといってアリバイ会社を利用しては絶対ダメ!

どうしても在籍確認を通過して審査に通りたいという思いが強く、「アリバイ会社」を利用する人もいますが、アリバイ会社を使うのはやめておきましょう。

アリバイ会社は、カードローン、住宅ローン、クレジットカード、保育園の選考、タワーマンションの入居審査などの審査の際に、電話在籍確認に対応してくれる架空の会社です。

電話に出てくれるだけでなく偽の給与明細や源泉徴収票なども発行してくれることから、職業面で審査に自信がない人に利用されることがあります。

例えば、本当の職業は水商売を始めたばかりなのに、商社の事務として10年働いているといった嘘をつくことも可能となるので、職業面で審査に自信がない人に利用されているんです。

しかし、アリバイ会社を使うということは、勤務先を偽ってカードローン会社に申し込みをするということになります。

虚偽の申告をすることになるので、アリバイ会社を利用してカードローン契約をしてお金を借りてしまうと、詐欺罪が成立することもあるんです。

詐欺罪の法定刑は10年以下の懲役なので、軽くはありません。

嘘をついてお金を借りても良い結果にはなりません。転職後でどんなに不安が大きくても、アリバイ会社を利用するのは絶対にやめましょう。

転職後・働き始めのカードローン審査は甘くない!(まとめ)

転職後でもカードローンを利用することはできますが、転職前と比べると審査は不利になります。

また、長く勤めている会社の方が在籍確認の電話も取りやすいはずなので、転職後・働き始めのカードローン審査は転職前と比べるとリスクが大きいと考えることもできますね。

また、審査に通過してお金を借りられたとしても、転職後すぐの不安定な状態で返済を続けないといけないので、返済が滞らないように気をつけないといけません。

借りられたとしても返済は簡単ではないので、申し込みは慎重に行うようにしましょう。


 
 

PAGETOP