高知の街金「いつも」でお金借りるには?審査は通りやすい?

「いつも」は高知県高知市に拠点を置く地方の消費者金融になります。

いつもは、本社のみで運営している街金でありながら全国から利用者を受け付けていて即日融資も可能、自社ATMまで備えている非常にハイスペックな貸金業者でネットの評判も上々です。

評価が高く安心して利用できる正規の街金をお探しの方に「いつも」は向いていると思いますが、スペックが高い分、審査は厳しくなるかも?

高知の街金「いつも」の金利や借入限度額などローンの特徴や、審査は厳しいのか?お金を借りる方法、借り方やメリット・デメリットなどを詳しく解説します。


もくじ

いつもの主力ローンはフリーローン

いつもには、

・フリーローン
・貸金業法に基づくおまとめローン
・不動産担保ローン
・ビジネスローン

の4種類のローンが用意されています。

ここでは、いつもの主力商品となるフリーローンを中心にご紹介します。

●いつも フローローン基本情報

商品名 フリーローン
利用対象者 年齢20歳以上、65歳以下の本人に安定した収入のある方
契約額 1万円~500万円
貸付利率 7.0%~18.0%(実質年率)
遅延損害金 20.0% (実質年率)
返済方式 借入金額スライドリボルビング方式
返済期日 毎月約定日払い
返済期間 5年
返済回数 5年(60回)毎の自動継続
担保・連帯保証人 原則として不要
必要書類 本人確認書類、収入証明書(提出を求められた場合のみ)

 
 

●いつも 会社情報

会社名 株式会社K・ライズホールディングス
本社所在地 高知県高知市杉井流5-18
電話番号 代表:088-880-0088
フリーダイヤル:0120-889-126
女性専用ダイヤル:0120-126-315
登録番号 高知県知事(2)第01519号
日本貸金業協会会員 第005847号

 

いつもの前身の会社は1993年に誕生しているのですが、2014年に株式会社K・ライズホールディングスが貸金業登録をして、いつもを吸収合併することで現在の運営となりました。

90年代に誕生したにも関わらず登録番号のカッコの数字が「(2)」と若いのはそんな背景があったんですね。

本社のみで運営をしている地域密着型の街金は、審査が甘いとかブラックでも借りられるなどの口コミが多いものですが、いつもも例に漏れず属性があまり良くない人も借りられたという声があります。

ただし、最初にお伝えしておくと、いつもは金利が大手消費者金融と同等で、利用対象者の基準も明確にしているので審査が非常に甘いとか緩いということはありません。

「他は全部ダメだったけどここなら審査に通るかも?」という期待はしない方が良いかもしれません。

いつもの利用対象者は?

いつもを利用できる人の年齢は「満20歳以上〜65歳以下」となっており、定期的な収入と返済能力が必要で、具体的には以下の人が申し込み可能となっています。

●いつもに申し込みができる人
給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・委託社員、主婦、学生

20歳以上でアルバイト収入があれば学生もOKだけど、年金受給者は不可となっています。本人に収入がない専業主婦も「いつも」は対象外となっています。

中小規模の消費者金融の中には「とりあえず申し込んでもらえれば審査はする」といった感じで、明確な申し込み条件を設けずに間口を広くしているところも少なくないのですが、いつもはやや厳しいというかスタンスがはっきりしています。

「いつも」の利用条件に該当しない場合は、切り替えて他の消費者金融を検討するようにしましょう。

いつもの限度額と金利

いつもの限度額は1万円〜500万円となっており、この規模の貸金業者にしては高額融資も行なっていますね。

金利は7.0%〜18.0%で、上限金利が18.0%になっていますが、この金利は大手消費者金融と同等ですし、中小規模の消費者金融としては低いと言えます。

金利は利息制限法によって設定があるのですが、借入額が10万円未満の場合、20.0%まで設定して良いことになっているんです。

そのため中小の消費者金融では実際に20.0%を上限金利としていることも多いのですが、いつもは10万円未満の融資でも18.0%から上がることはありません。

いつもは金利面で非常に良心的な消費者金融です。

いつもの無利息サービス

いつものフリーローンには60日間無利息サービスがあり、無利息サービスの適用条件は以下の2つとなります。

・いつもを初めて利用する人
・60万円以上の契約をすること

例えば60万円を金利18.0%で借りた場合、60日間の利息は17,753円になります。

契約額は審査次第になりますが、無利息サービスが適用されたら非常にお得な借り入れができることになりますね。

ただし、いつもフリーローンで限度額50万円を希望する場合、収入証明書の提出が必須となります。

詳しくは後述しますが、最新の源泉徴収票や直近2ヶ月分の給与明細などが必要になることは頭に入れておきましょう。

いつもの手厚いサービスがすごい!

いつもは利用者目線に立ったサービスにも力を入れています。
ここでは、いつもの3つのサービス&キャンペーンをご紹介します。

ジャパンネット銀行口座登録で1,000円プレゼント!

いつもでは、2019年9月30日までにジャパンネット銀行口座を登録すると、現金1,000円がもらえるキャンペーンを開催しています。

いつもと契約をしている人が対象で、まだジャパンネット銀行の口座を開設していない場合は期限内に開設して応募することでプレゼントをゲットできます。

ジャパンネット銀行宛の振込融資なら、24時間365日いつでも最短1分で振り込んでもらえるので、開設しておくとお得がいっぱいですよ。

いつもには専用ATMがある!

この規模の消費者金融にしては非常に珍しいことなのですが、いつもは自社ATMを所有していて8:00〜22:00であれば年中無休で専用ローンカードを使った借り入れ・返済ができるようになっています。

ローンカードが発行されるのは店舗に行ける高知県の利用者さんだけなのですが、お近くの人であればとても便利に利用できるはずです。

いつもには女性専用ダイヤルも用意されている

地方の街金で女性専用ダイヤルがあるのは本当に珍しいです。女性スタッフに相談したいときはフリーダイヤル「0120-126-315」に電話をかけててみください。

いつもの審査はどうなってる?通りやすい?

小規模の街金はブラック属性の人が申し込むことが多いので、審査に通してくれたら神対応と絶賛され、否決となったらクズと両極端な評価を受けることも多いのですが、いつもはどちらかというと評価が高い消費者金融です。

融資率が高いから評価が高いとも言えるのですが、金利面で見てもATMがあるという点からも、いつもは健全かつ誠実な運営を行なっていることがわかります。

こういったクリーンな運営を続けてきたことに対する利用者の評価が口コミで広まっていることから評判が良い街金になっているとも言えます。

審査に関しては、ブラックの人を門前払いすることはありませんが、一般的な街金の中ではいつもは甘くはないと思っておいた方が良さそうです。

いつもは高知県にある本社のみで運営している街金なので、そういう意味では大手消費者金融よりも柔軟に審査を行なっていると考えることができます。

実際、債務整理や自己破産をした人でも借り入れができたという口コミも見受けられます。

しかし、いつもは申し込み基準が明確なので誰でも申し込みができるわけではありませんし、スペックが良い商品は審査も厳しいものなので、ブラックの人が最後の頼みの綱として申し込む消費者金融という感じではありません。

いつもの審査は大手消費者金融よりも若干優しいかもしれませんが、一般的な街金よりは厳しくなると予想されます。

いつもの審査申し込み方法

いつもに審査申し込みをする方法はネット申し込みの「インターネットキャッシング」が一般的です。ここではインターネットキャッシングの流れをご紹介します。

1.いつも公式サイトから申し込みをする
いつもでは、スマホ、パソコンのどちらからでも審査申し込み可能です。

2.審査・在籍確認
いつもの審査では、在籍確認も実施されることになります。

3.審査結果の連絡
審査結果は電話で連絡があり、必要書類などの案内もあるのでメモのご用意を。

4.契約書類と本人確認書類の提出
契約書類はセブンイレブン店内のマルチプリンタより発行できます。記入して本人確認書類と一緒にFAXまたはメールでいつもに送ります。

5.お金を借りる
指定の金融機関に口座振込で融資が行われます。

いつもの申し込みに必要な書類

【本人確認書類】
・運転免許証
基本的には運転免許証を提出します。運転免許証がない場合は、各種保険証、パスポート、住民基本台帳カードを用意してください。
※外国籍の方は、「外国人登録証明書」をあわせてご用意ください。

・本人確認書類に記載された自宅住所と現在の自宅住所が異なる方
現在の自宅住所が記載されている以下のいずれかの書類(発行日から6ヶ月以内のもの)の
コピーをあわせて用意します。

・国税または地方税の領収書または請求書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書または請求書
・公共料金の領収書または請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

【年収証明書】
年収証明書は以下の場合に必要となります。
・希望借入額が50万円を超える人
・希望借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える人

上記条件に該当する場合は、次の書類の中から1点を用意します。

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月)
・所得証明書(市町村発行で最新のもの)

いつもでは、電話による在籍確認を実施する?

いつものも審査では、電話による在籍確認が行われます。

会社に電話があると不安になるものですが、自分が電話に出られれば即終了しますし、出られなかったとしても会社の人が「ただ今不在です」などと回答してくれるだけでクリアできます。

なお、お勤め先にいつもの審査担当者から電話が来ることになりますが、「お借り入れの件で・・・」などと要件が伝わることはなく、プライバシーにはきちんと配慮があります。

いつもの融資スピードは?

いつもはスピード融資を心がけていますので、申し込みから融資までにかかる時間は最短45分となっています。

審査をスムーズに進めるコツは、契約書の発行・提出をスピーディに行うことです。

セブンイレブンのマルチプリンタで契約書を発行したら、その場で記入してFAXするという流れがもっとも迅速に契約手続きを進める方法になります。

振込融資で融資を受ける場合は銀行営業時間に振込が実行されることになるので、お急ぎなら午前中のなるべく早い時間に申し込みを完了させておいた方が安心でしょう。

いつも店舗に来店して、即日カードを受け取りたいなら営業時間にも気をつけてください。
営業時間は平日9:30~18:00になり、土日祝祭日はお休みです。

いつもでお金を借りる:借り方は?

いつものお金の借り方は3つの方法が用意されています。

▼インターネットでお金を借りる
パソコン、スマホ、携帯から24時間365日、最短1分で振込融資を実行してもらえます。

▼いつもATMからお金を借りる
専用ローンカードを使っていつもATMから借りることもできます。

・ATM所在地
〒780-0072 高知県高知市杉井流5丁目5−18

▼電話でお金を借りる
電話対応はなんと24時間受付!「0120-889-126」に電話して振込依頼をすることで、いつでも気軽に依頼できます。

いつもでは追加融資を受けられる?

一般的なフリーローンでは、融資は1回限りで追加融資が必要な時は改めて審査が必要になるのですが、いつもはプロミスなどの大手消費者金融と同じように限度額が設定されてその範囲内で追加融資を受けることができます。

※審査次第で通常のフリーローンになることもあります。

追加融資を受ける方法は、インターネット、ATM、電話になります。ジャパンネット銀行宛の振込なら、24時間365日、いつでも最短1分で振り込んでもらえますよ!

いつもの返済方法は?

返済日は契約時に自分の都合が良い日を設定することができます。
お給料日の翌々日くらいに設定しておくと無理なく返済できるでしょう。

返済方法は4種類用意されています。

▼インターネットバンキングで返済
お使いの金融機関口座がインターネットバンキングに対応していればネット返済が可能です。
また、

・四国銀行ネットバンキング
・楽天銀行ネットバンキング
・ジャパンネット銀行

のいずれかなら、24時間リアルタイム返済が可能なので、さらに便利です。

▼いつもATMで返済
高知県高知市のいつもATMでも返済可能です。
ローンカードを持参して来店しましょう。

▼銀行振込で返済
ATMなどを利用して、いつもが指定する金融機関に口座振込で返済します。

▼いつも店舗窓口で返済
いつもの店舗に来店して現金で返済します。

高知県高知市のいつも店舗またはATMに行けない 人は、口座振込かインターネットバンキングで返済をすることになると思いますが、返済手数料は自分負担になります。

返済は毎月のことなので、自動引き落としができないのはやや残念ですね。

毎月の返済額はいくら?返済シミュレーション

いつもの返済方式は「借入金額スライドリボルビング方式」になるので、毎月の返済額は借り入れ直後の残高によって決まります。

借入直後残高 返済金額
1円~100,000円 4,000円
100,001円~200,000円 8,000円
200,001円~300,000円 12,000円
300,001円~400,000円 15,000円
400,001円~500,000円 18,000円

 
最低返済額のみで完済を目指す場合の返済シミュレーションは以下のとおりです。

借入額 最低返済額 返済回数・期間 返済総額 うち利息
10万円 4,000円 32回・2年8ヶ月 125,771円 25,771円
20万円 8,000円 32回・2年8ヶ月 251,562円 51,562円
30万円 12,000円 32回・2年8ヶ月 377,351円 77,351円
40万円 15,000円 35回・2年11ヶ月 512,448円 112,448円
50万円 18,000円 37回・3年1ヶ月 648,664円 148,664円

※実際の金額と異なる場合があります。

いつもの最低返済額は他社と比べると多く設定されています。
(ちなみにアコムで10万円借りた場合の最低返済額は3,000円です)

毎月の返済が大変になる可能性もありますが、その分、他社よりも早く完済できるので支払う利息も少なくて済むでしょう。

ただ、どうしても無理が生じると延滞してしまうことも考えられるので、いつもを利用するなら「毎月最低でも4,000円の返済が可能かどうか」をしっかり判断する必要があります。

いつもフリーローンでお金を借りるメリット・デメリット(まとめ)

いつもは地方の街金ながら非常にメリットが多い貸金業者になるので、良いところとイマイチなところをここでまとめます。

いつもでお金を借りるメリットは?

・即日融資可能。最短45分!
・上限金利が18.0%と大手と同等
・無利息サービスがある
・高額融資も可能
・店舗に行ける人はATMも利用可能
・インターネットバンキングで借り入れ・返済ができる
・女性専用ダイヤルも完備!

いつもの貸付内容は大手消費者金融とあまり変わりません。多店舗展開していないだけでサービスは非常に充実しています。

特に、いつもの金利に関してはホントに大手と同等なので、審査にあまり自信がないけど金利は低い方が良いという全国の方に最適でしょう。

いつもでお金を借りるデメリットは?

・審査がやや厳しめになりそう
・審査は平日のみ
・契約書を発行しに行く必要がある
・返済時の振込手数料は自分負担になる
・最低返済額がやや高め

いつもは金利も低めでサービスが行き届いていることから、審査は比較的厳しくなることが予想されます。

最低返済額も審査に関与しているので、最低でも毎月4,000円の返済を安定して継続できる人にしかお金を貸してもらえないでしょう。

とにかく審査に通過してお金を借りることが最優先の人には、いつもは向いていないかもしれませんね。

審査を行うのは平日のみで、急いでいる場合は契約書をセブンイレブンに発行しに行くことになりますので手間もかかります。

ちょっと不便なところはありますが、いつものフリーローンはハイスペックであることは間違いないですよ。

いつものフリーローン以外のローン一覧

いつもにはフリーローン以外にも3つのローンがありますので、簡単にご紹介します。

いつもの貸金業法に基づくおまとめローン

商品名 貸金業法に基づくおまとめローン
契約額 1万円~300万円
資金使途 貸金業法に基づく貸金業者債務の借換え
貸付利率 5.8%~18.0% (実質年率)
遅延損害金 20.0% (実質年率)
返済方式 元利均等返済方式
返済期日 毎月約定日払い
返済期間 2ヶ月~5年
返済回数 2回~60回
利用対象者 年齢20歳以上、65歳以下の本人に安定した収入のある方
担保・保証人 不要
必要書類 原則として他社借入条件などの確認ができる書類
本人確認書類
源泉徴収票等収入を証明する書類

 
貸金業法に基づくおまとめローンは、すでに他社借り入れが複数ある人向けのローンです。

いつもで借りたお金で既存の借り入れ先に完済してしまって、今後の返済をいつも1本にまとめることで、毎月の返済負担を減らして前向きに完済を目指すことができます。

いつもの不動産担保ローン

商品名 不動産担保ローン
契約額 1万円~1億円
貸付利率 4.8%~15.0%(実質年利)
遅延損害金 20.0% (実質年率)
返済方式 元利均等返済方式
返済期日 毎月約定日払い
返済期間 1年~最長10年
返済回数 1回~120回
利用対象者 年齢20歳以上、65歳以下の本人に安定した収入のある方
保証人の要否 原則として不要
必要書類 登記識別情報(登記済権利証書)・登記事項証明書(全部事項)・公図
運転免許証・健康保険証・印鑑証明書・実印・給料明細または所得証明書

 
1億円まで融資可能な不動産を担保にしたローンで、インターネット・電話で申し込みができて、審査結果はその場でわかります。

いつものビジネスローン

個人事業主 法人事業者
商品名 ビジネスローン ビジネスローン
契約額 1万円~200万円 1万円~300万円
貸付利率 8.0%~18.0%(実質年率) 7.0%~18.0%(実質年率)
遅延損害金 20.0% (実質年率) 20.0% (実質年率)
返済方式 元利均等返済方式 元利均等返済方式
返済期日 毎月約定日払い 毎月約定日払い
返済期間 2ヶ月~5年 2ヶ月~5年
返済回数 2回~60回 2回~60回
担保の要否 不要 不要
保証人の要否 原則として不要 代表者様の連帯保証が必要
必要書類 本人確認書類、確定申告書(青・白)
事業内容確認書(いつも所定のもの)
代表者の本人確認書類
決算書2期分、商業登記簿謄本

 
個人事業主、法人事業者の運転資金や新規開業資金などに利用できる事業性資金です。

いつものビジネスローンは、電話・ネットで申し込みができて審査はスピーディに行われるので、急いで資金繰りが必要な場合にも有効です。


 
 

PAGETOP