SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの審査は通りやすい?特典も紹介

プリンスホテルズ&リゾーツや西武鉄道をはじめとした西武グループでは、公式クレジットカードとして「SEIBU PRINCE CLUBカード」を発行しています。

普段からプリンスホテルやペペ、エミオ、西武鉄道、西武バスなどといった西武グループのサービスを利用する機会の多い方ならぜひ知っておきたい、SEIBU PRINCE CLUBカードのポイントや特典など特徴をご紹介。

そして気になる「SEIBU PRINCE CLUBカードの審査は通りやすいのか?」についても詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください!


もくじ

SEIBU PRINCE CLUBカードの種類

SEIBU PRINCE CLUBカードは一般グレードのクレジットカード「SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン」とその上位カードとなる「SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールド」、そしてクレジット機能を持たない「SEIBU PRINCE CLUBカード」の3種類があります。

当ページではクレジット機能のあるカード、特にSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの内容を中心にお伝えしていきますが、この項では3種類のカード全てについて、その概要をご紹介していきましょう。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンは国際ブランドを「VISA」「Mastercard」「JCB」「American Express」の4種類から選べますが、VISA、Mastercard、JCBの3種類とAmerican Expressは別物として捉えたほうがわかりやすいでしょう。

VISA、Mastercard、JCBは年会費が本カード、家族カードともに無料。しかしその分、保険がつかないなど機能が一部抑えられています。

一方のAmerican Expressでは、本カードの年会費が3,300円、家族カードでは1,100円と一般カードとしては高めになりますが、人気の海外・国内旅行傷害保険などが付帯されています。

その他American Expressカードのみが利用できる優待施設もありますので、これらの特典とAmerican Expressのブランドイメージなどを考え合わせての選択ということになりそうです。

クレジット利用によって永久不滅ポイントのほか、西武グループの利用ではプリンスポイントを貯めることができます。

このダブルでポイントが貯まる点はどのブランドを選んでも変わりなく、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの大きな特徴となっています。

またPASMOオートチャージに対応している数少ないカードの一枚であることも見逃せません。

【SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン 基本情報】

国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、American Express
年会費 [VISA、Mastercard、JCB] 本カード・家族カードともに無料
[American Express] 3,300円(税込)、家族カードは1,100円(税込)
申込資格 18歳以上(高校生を除く)で電話連絡が可能な方
※20歳未満の方は、親権者の了承が必要
電子マネー機能 PASMOオートチャージ可能
追加可能カード ETCカード、家族カード
付帯保険 オプション(有料、300円~)で付帯可能
[American Express] 海外・国内旅行傷害保険、ショッピング安心保険、オンライン・プロテクション
ポイント名 永久不滅ポイント、プリンスポイント
ポイント還元率 0.5%~
※American Expressは海外ショッピング利用分に対し永久不滅ポイント2倍付与
発行カード会社 クレディセゾン(セゾンカード)
申込方法 オンライン、郵便
公式サイト こちら

 

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールド

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンのゴールドカードです。一般カードは年会費がかかりませんが、こちらは本カードが16,500円、家族カードでは1枚につき2,200円の年会費が発生します。

その分、一般グレードのSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンと比べ、主に次の4つの点でサービスがグレードアップしています。

1. 最高5,000円までの海外・国内旅行傷害保険
2. 国内・海外のプリンスホテルにて優遇サービス
3. プリンスホテルズ&リゾーツでの利用金額に応じて「プリンスステータス」がアップ、特典もグレードアップ
4. 空港ラウンジサービス

なお、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドで選べる海外ブランドはVISA、Mastercard、JCBの3つで、こちらはAmerican Expressがありません。

【SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールド基本情報】

国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
年会費 [本カード] 16,500円(税込)
[家族カード] 2,200円(税込)/枚
申込資格 18歳以上(高校生を除く)で電話連絡が可能な方
※20歳未満の方は、親権者の了承が必要
電子マネー機能 PASMOオートチャージ可能
追加可能カード ETCカード、家族カード
付帯保険 海外・国内旅行傷害保険、ショッピング安心保険
オプション(有料、300円~)で付帯可能
ポイント名
永久不滅ポイント、プリンスポイント
ポイント還元率 0.5%~
締め日・支払日 [ショッピング] 毎月10日締め、翌月4日引落
[キャッシング] 毎月月末締め、翌々月4日引落
※引落日が土・日・祝日の場合は翌営業日に引落
発行カード会社 クレディセゾン(セゾンカード)
申込方法 オンライン、郵便

 

SEIBU PRINCE CLUBカード

SEIBU PRINCE CLUBカードはクレジット機能を持たない、ポイント専用カードです。西武プリンスクラブ加盟店の利用時にカードを提示すると、110円(税込)につき、プリンスポイントを1ポイント貯めることができます。

SEIBU PRINCE CLUBカードの場合、クレジット機能がないので審査はありませんので、どなたでも持つことのできるカードです。

ただし13歳未満の方は親権者の了承が必要で、申し込みも店頭(西武プリンスクラブカウンター)のみに限られます。

<西武プリンスクラブカウンター>
西武新宿ペペ(6F)・BIG BOX高田馬場(1F)・西武本川越ペペ(1F)・西武飯能ペペ(1F)・西武入間ペペ(1F)・新横浜プリンスペペ(1F)・グランエミオ所沢(2F)

【SEIBU PRINCE CLUBカード基本情報】

年会費 無料
申込資格 特になし ※13歳未満の方は、親権者の了承が必要
ポイント名 プリンスポイント
ポイント還元率 1%
申込方法 オンライン、店頭

 

その他のカードと追加機能

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドは、追加で家族カード、ETCカードを発行することができます。

SEIBU PRINCE CLUBのWeb会員証、アプリとともにその内容をご紹介します。

Web会員証・アプリ

SEIBU PRINCE CLUBではアプリ、Web会員証も発行しており、カードではなくスマホ画面を提示することでもポイントを貯められるようになっています。

会員登録後、アプリをダウンロードすれば即日ポイントを貯め始めることができるため、カードが手元に届くまで待つ必要がありません。

クレジットカードは必要なときしか持ち歩かないという方にもメリットがあるでしょう。もちろんWeb会員証、アプリの利用は無料、利用資格もなく、誰でもすぐに始められます。

ただしアプリ、Web会員証にはクレジット機能がありません。支払いにはSEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドが必要になります。

SEIBU PRINCE CLUBカードの「家族カード」

家族カードは本カードに付随するものとして、本会員の信用の元で発行されるクレジットカードで、本カード会員と同居する18歳以上(高校生を除く)の同姓の家族の方が申込可能です。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドのどちらも、家族カードを4枚まで発行することができます。

家族カードには次のようなメリットがあります。

・収入のない方や学生の方など申し込みにくい方でも手軽にクレジットカードが持てる
・支払いは本カード利用分とまとめて引き落とされるため、管理が簡単
・ポイントは本カード利用分に合算されるので貯めやすい
・格安の年会費で本カードとほぼ同じサービスが受けられる

なお、家族カードの年会費については以下の通りとなっています。

【各カード年会費(税込)】

本カード 家族カード/枚
SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン(VISA、Mastercard、JCB) 無料 無料
SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン(American Express) 3,300円 1,100円
SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールド 16,500円 2,200円

 

SEIBU PRINCE CLUBカードの「ETCカード」

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドはETCカードを追加発行することができます。

セゾンETCカードは発行手数料も年会費も無料で、クレジットカードの申込時に同時に申し込むこともできますし、後日申込も可能です。その場合、セゾンカウンターでETCカードを申し込めば、即日発行も可能です。

ETCカードの利用分も永久不滅ポイントが付与され、コストの全くかからないカードなので、車に乗る機会のある方なら発行しておいて損はありません。

SEIBU PRINCE CLUBカードの特徴・特典

ここからはクレジット機能を持つSEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、SEIBU PRINCE CLUBカード ゴールドの内容について詳しくご紹介していきましょう。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンには次のような特徴があります。

・2種類のポイント(永久不滅ポイント、プリンスポイント)が貯まる
・PASMOオートチャージサービス機能が利用可能
・西武鉄道、西武バス発行の定期券を購入可能
・西武鉄道の特急レッドアロー号チケットレスサービス「Smooz」に対応
・ペペ、西友、リヴィンでの買い物が値引き
・プリンスホテルズ&リゾーツで優待
・西武グループ施設で値引きなどの特典
・セゾンカード提携施設で値引きなどの特典

海外ブランドがAmerican Expressなら、次の特典も付帯します。

・海外・国内旅行傷害保険、ショッピング安心保険、オンライン・プロテクションが付帯
・優待プログラム「アメリカン・エキスプレス・コネクト」を利用可能
・海外ショッピング利用分は永久不滅ポイントの付与2倍

また、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドには以下の特典が付帯します。

・海外・国内旅行傷害保険、ショッピング安心保険が付帯
・国内・海外のプリンスホテルにて優遇
・プリンスホテルズ&リゾーツでの利用金額に応じ特典がグレードアップ
・国内主要空港のラウンジサービスが無料

それぞれをもう少し詳しく見てみましょう。

クレジット利用でポイント還元

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンをショッピング利用すると、買い物などいろいろな方法で使えるポイントが付与されます。

ポイントはセゾンカード共通の「永久不滅ポイント」、さらにプリンスポイント加盟店で利用すれば、合わせて「プリンスポイント」ももらえます。

ポイント付与ルールは次の通りです。

・ショッピング利用額を毎月10日締めで集計し、1,000円につき永久不滅ポイントを1ポイント付与

・プリンスポイント加盟店でのショッピング利用分に限り、110円(税込)につきプリンスポイントを1ポイント付与

ポイントの使い道にもよりますが、永久不滅ポイントは1ポイント=5円、プリンスポイントは1ポイント=1円に相当します。

一般店舗で利用した場合にもらえる永久不滅ポイントの還元率は0.5%。

年会費無料のクレジットカードでも還元率1%以上のカードがあることを考えると、この数字はあまり高いとは言えませんが、永久不滅ポイントは文字通り有効期限がなく、途中で失効することなく貯めていくことができるという、他のポイントプログラムにはないメリットがあります。

またプリンスポイント加盟店での利用時には合計1.5%のポイントが還元される計算になるので、プリンスポイント加盟店の利用が多い方にはかなりお得だと言えるでしょう。

プリンスポイント加盟店は全国に多数ありますが、主なものを紹介しますと……

西武鉄道、西武バス、PePe(ペペ)、Emio(エミオ)、Grand Emio(グランエミオ)、東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井テラス、プリンスホテル、グランドプリンスホテル、ザ・プリンス、西武園ゆうえんち、横浜・八景島シーパラダイス、伊豆・三津シーパラダイス など

※西武百貨店は西武グループではなくセブン&アイ・ホールディングス傘下なので、プリンスポイント加盟店には入っていません。

全てのプリンスポイント加盟店をお知りになりたい方は、こちらのページ(公式サイト)をご確認ください。

ちなみにプリンスポイントの有効期限は最長2年(ポイント加算日の翌年の12月31日)です。

セゾンポイントモールで永久不滅ポイント獲得率アップ

永久不滅ポイントはリアル店舗だけでなく、ネットショッピングの利用でも獲得することができます。

特にクレディセゾンが運営するサイト「セゾンポイントモール」を経由してSEIBU PRINCE CLUBカードで買い物した場合には、通常の何倍ものポイントが獲得できるため、これを利用しない手はありません。

セゾンポイントモールの利用方法はとても簡単で、利用したいショップを訪問する際に、セゾンポイントモールに掲載されているバナーやリンクを経由するだけ。これだけで0.5%のポイント還元率が最大30倍にアップします。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング/PayPayモール、LOHAKO(ロハコ)、ベルメゾンネット、楽天トラベル、じゃらんnet、DHCなど、人気の通販サイトがセゾンポイントモールに多数参加しています。

軽井沢・プリンスショッピングプラザでは永久不滅ポイント2倍

軽井沢・プリンスショッピングプラザにおいてSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンでクレジット払いすると、永久不滅ポイントが通常の2倍貯まります(一部除外店舗・除外品があります)。つまり1%のポイントが還元されることになります。

おトクdayでプリンスポイント獲得率アップ

一方でプリンスポイントの獲得率の方をアップさせる方法もあります。おトクday実施店舗・施設においてSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンを利用すると、プリンスポイントが通常の獲得率よりもグッとアップします。

対象施設と実施日、獲得できるプリンスポイントは次の通りです。

実施日 獲得ポイント 実施施設
毎月10日 ポイント2倍 中国割烹旅館掬水亭(レストラン天外天)
毎月15日 ポイント2倍 (※1)
毎月15日 来店ポイント10ポイント (※2) ※プリポチェッカーにて加算
毎月25日 ポイント2倍 (※3)
毎月25日 ポイント2倍 リンスホテルズ&リゾーツ
毎月26日 来店ポイント10ポイント 中国割烹旅館掬水亭 ※プリポチェッカーにて加算
毎週土曜日 地下食品フロアポイント2倍 西武飯能ペペ、新横浜プリンスペペ
毎週火・土曜日 地下食品フロアポイント2倍 西武本川越ペペ、西武入間ペペ、グランエミオ大泉学園
毎月月末金曜日 ポイント3倍 (※4)
埼玉西武ライオンズ勝利の翌日 (※5) (※6)※プリポチェッカーにて加算

 

(※1)エミオ(池袋・桜台・練馬・中村橋・富士見台・練馬高野台・石神井公園・保谷・東久留米・秋津・武蔵関・田無・新所沢・狭山市・武蔵境)、グランエミオ大泉学園、西武ショッピングプラザ(小手指ハイツ・新所沢グリーンハイツ)、西武線の駅ナカ・駅チカ店舗

(※2)BIGBOX高田馬場、エミオ(池袋・桜台・練馬・中村橋・富士見台・練馬高野台・石神井公園・保谷・東久留米・秋津・武蔵関・田無・新所沢・狭山市・武蔵境)、グランエミオ大泉学園

(※3)西武新宿ペペ/Brick St.、西武本川越ペペ、西武飯能ペペ、西武入間ペペ、新横浜プリンスペペ、BIGBOX高田馬場

(※4)西武新宿ペペ/Brick St.、西武本川越ペペ、西武飯能ペペ、西武入間ペペ、新横浜プリンスペペ、BIGBOX高田馬場、エミオ(池袋・桜台・練馬・中村橋・富士見台・練馬高野台・石神井公園・保谷・東久留米・秋津・武蔵関・田無・新所沢・狭山市・武蔵境)、グランエミオ大泉学園、西武ショッピングプラザ(小手指ハイツ・新所沢グリーンハイツ)、西武ショッピングプラザ(小手指ハイツ・新所沢グリーンハイツ)、西武線の駅ナカ・駅チカ店舗

(※5)埼玉西武ライオンズが公式戦期間中の連勝数に応じてポイントをプレゼント。

(※6)西武新宿ペペ、西武本川越ペペ、西武飯能ペペ、西武入間ペペ、新横浜プリンスペペ、BIGBOX高田馬場、グランエミオ大泉学園

SEIBU PRINCE CLUBカードで貯めた永久不滅ポイントの使い方

SEIBU PRINCE CLUBカードで貯まった永久不滅ポイント、プリンスポイントは商品券やアイテムに交換するなど、様々な使い方があります。

まず永久不滅ポイントには使用期限がないので、自分のペースでポイントを貯められる特長があります。ある程度ポイントが貯まったら、次のような形で利用可能です。

・翌月請求分に充当
・次年度年会費に充当(American Expressのみ)
・ギフト券などに交換
・他のポイントに交換
・グッズに交換
・運用
・寄付

気をつけたいのは支払い分への充当やギフト券への交換は、どれを選ぶかによって1ポイントの価値が異なってくることです。

また運用はポイントが増えることもあれば減ることもあるので、これらのことを把握して選択する必要があります。

支払いへの充当

永久不滅ポイント200ポイントを900円として、請求分に充当することができます。

この場合、永久不滅ポイントは1ポイント=4.5円の計算になるため、ポイントの価値は少し減ってしまいます。が、請求額を直接減らせるのは魅力。また毎月13日までに手続きすれば、翌月の請求分に即反映されるのも嬉しいところです。

また、American Expressブランドのカードをお持ちなら、通常は税込3,300円かかる年会費を600ポイントで支払うことも可能です。年会費請求月の2ヵ月前までに申し込む必要がありますが、実質年会費無料にできるので、お得度がかなり高い利用方法だと言えそうです。

ポイント交換

永久不滅ポイントをギフト券や他のポイント、グッズなどに交換することができます。ギフト券、他のポイントとの交換レートもそれぞれ異なっているので、注意しつつ交換先を選んでください。

主な交換先と交換レートは次の通りです。

交換先 必要ポイント 交換先ポイント レート
ANAマイル 200ポイント 600マイル -
JALマイル 200ポイント 500マイル -
スターバックスカードにチャージ 100ポイント 450ポイント 90%
mijicaにチャージ 100ポイント 500ポイント 100%
Pontaポイント 200ポイント 900ポイント 90%
nanacoポイント 200ポイント 920ポイント 92%
プリンスポイント 200ポイント 1,000円分 100%
Amazonギフト券 200ポイント 1,000円分 100%
dポイント 200ポイント 1,000円分 100%
すかいらーく優待券 200ポイント 1,000円分 100%
モスカード 400ポイント 2,000円分 100%
UCギフトカード 500ポイント 2,000円分 80%
App Store & iTunesコード 1,100ポイント 5,000円分 91%

 

永久不滅ポイントはプリンスポイントに交換することも可能で、レートも100%なので、プリンスポイント狙いならSEIBU PRINCE CLUBカードセゾン1枚でかなりスピーディーにポイントを貯めていけることになります。

ポイント運用

「投資に興味があるけどリスクが怖い」「ちょっと試してみたいけど何をどうしたらいいのかわからない」という方なら、永久不滅ポイントを運用してみてはいかがでしょう?

運用なのでポイントを減らしてしまう可能性はありますが、お金を使わない分リスクは限定的。もちろんポイントを増やせる可能性もあります。

コースは6種類ある投資信託コースと、株式コースの合計7種類から選ぶことができます。

●投資信託コース
・日本株(TOPIX)コース
・アメリカ株(VOO)コース
・アクティブコース
・バランスコース
・資産形成の達人コース
・グローバルバランスコース

●株式コース

SEIBU PRINCE CLUBカードで貯めたプリンスポイントの使い方

SEIBU PRINCE CLUBカードで貯めたプリンスポイントは主に加盟店のお食事券や宿泊券、施設の入場券、プレー券、駐車券、グッズなどに交換することができます。例えば……

必要ポイント 交換商品
200ポイント サンシャインシティプリンスホテル チェックイン・アウト延長券
500ポイント 品川プリンスホテル お部屋タイプグレードアップ
1,000ポイント 箱根園水族館 ペア入場券
1,500ポイント 西武園ゆうえんち ワンデーフリーチケット おとな1名様
5,000ポイント 品川プリンスホテル リュクス ダイニング ハプナ ディナー券(飲み放題付き) 1名様
7,000ポイント 川奈ホテルゴルフコース 大島コース 平日1Rゴルフプレー券(セルフ) 1名様

 

レジャー、グルメ、宿泊などでプリンスポイント加盟店をよく利用する方には嬉しい特典なのではないでしょうか。

プリンスポイントは永久不滅ポイントと異なり1~2年で失効してしまうため、その点は注意が必要ですが、駐車券やランチデザート券など200ポイントから使えるものもあるので、利用はしやすいでしょう。

また、プリンスポイントを1,000ポイント以上お持ちの方は現金との併用も可能です。

PASMOオートチャージサービス機能が利用可能

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドはPASMOのオートチャージに対応しています。

PASMOオートチャージサービスとは、あらかじめ設定しておいた金額以下になったとき、改札の通過時に自動的にチャージされるというもの。残高を気にすることなくPASMOが使えるので、電車の利用がとてもスムーズになります。

残額やチャージする額は自分で自由に設定可能で、オートチャージ利用分はSEIBU PRINCE CLUBカードでの支払いになり、その金額に対しても永久不滅ポイントが付与されます。

SEIBU PRINCE CLUBカードの場合、PASMOオートチャージサービスは家族カードも対応しているので、ポイントをどんどん貯めることができます。

西武鉄道、西武バスの利用もお得に

SEIBU PRINCE CLUBカードで西武鉄道、西武バスの定期券を購入すると、プリンスポイントと永久不滅ポイントの両方が貯まります。定期券はある程度まとまった額の利用になるので、両方のポイントを貯められるチャンスです。

また、SEIBU PRINCE CLUBカードは西武鉄道の特急レッドアロー号チケットレスサービス「Smooz」にも対応。利用時に必要となる特急ポイントの積立でも、プリンスポイントと永久不滅ポイントの両方が一度に貯まります。

ペペ、西友、リヴィンでの買い物が割引に

SEIBU PRINCE CLUBカードの特典として、毎月20日はPePe(ペペ)、グランエミオでの買い物が5%割引(※1)。

また、毎月第1・第3土曜日は全国の西友・リヴィンでの買い物が5%割引になります(請求時に割引。一部店舗、一部商品、楽天西友ネットスーパーは割引対象外)。

(※1)対象店舗:西武新宿ペペ、西武本川越ペペ、西武飯能ペペ、西武入間ペペ、新横浜プリンスペペ、グランエミオ大泉学園

プリンスホテルズ&リゾーツで優待

SEIBU PRINCE CLUBカードを所持すると、SEIBU PRINCE CLUB会員としてプリンスホテルズ&リゾーツで次のような優待を受けることができます。

・宿泊・ゴルフベストレート保証
・指定レストラン・バーのご利用料金5%割引
・チェックアウトタイムの延長サービス
・挙式・披露宴の際、料理・飲み物5%割引

また、プリンスホテルズ&リゾーツでの利用累計金額などに応じて「プリンスステータス」が「ブルーメンバー」「ゴールドメンバー」「プラチナメンバー」と上がって行き、特典の内容がアップするサービスも行われています。

例えばプラチナメンバーになると、

・宿泊時にウェルカムキットプレゼント
・宿泊時の朝食が無料
・宿泊時の滞在時間を3時間プレゼント
・宿泊時、バーやラウンジのカバーチャージ無料
・レストラン利用時、ワイン1本持ち込み無料
・プリンスホテルズ&リゾーツの利用時、ポイント付与率1.3倍

などといったワンランク上の優待が受けられます。

西武グループ施設で値引きなどの特典

SEIBU PRINCE CLUBカード会員になると、西武グループでの多彩な優待を受けられます。

優待を受けられる施設や内容は非常にたくさんあるので、ここでは代表的なものをごく一部ですがご紹介します。

施設名 優待内容
豊島園 庭の湯 平日入館料:300円値引
西武園ゆうえんち 入園料:おとな・こども・シニア200円値引
ワンデーフリーチケット:おとな300円、こども・シニア200円値引
入園+プール:おとな・こども・シニア200円値引
伊豆・三津シーパラダイス 入場券:おとな400円、こども(4歳~小学生)200円値引
西武トラベル 西武トラベルで取扱いのパッケージツアー3~5%割引(一部除外商品あり) など

 

セゾンカード提携施設で値引きなどの特典

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンはセゾンカードのサービスも受けることができます。セゾンカードの優待施設も非常に多いので、こちらも一部のみご紹介していきましょう。

施設名 優待内容
サンシャイン水族館 入場料割引
東京ジョイポリス デイパスポート600円値引
レゴランド・ディスカバリーセンター東京 当日入場300円割引クーポン
マダム・タッソー東京 当日入場200円割引
成田ゆめ牧場 入場料金会員限定価格
富士急グループ 各施設にて会員価格
星野リゾー リゾナーレ那須 最大50%割引
吉野家 テイクアウト50円引きなどクーポン3種
PIZZA-LA デリバリーピザ最大500円割引など

 

利用できる施設や優待内容は時期により異なりますので、対象施設や最新情報は公式サイトをご確認ください。

American Expressの特典

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンで国際ブランドをAmerican Expressにすると、年会費が3,300円かかりますが、他の国際ブランドにはない次のような特典がついてきます。

1.保険
・最高3,000万円までの海外旅行傷害保険(自動付帯)
・最高3,000万円までの国内旅行傷害保険(利用付帯)
・購入商品の破損や盗難を保証するショッピング安心保険(1事故上限・年間上限100万円)
・インターネット上での不正使用による損害を全額補償するオンライン・プロテクション

2.海外旅行時など、海外での食事、買い物、宿泊で優待特典
(American Express Connect / LIVE THE WORLD)

3.海外ショッピング利用時、永久不滅ポイントが通常の2倍

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドの特典

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドは年会費が16,500円(税込)かかりますが、一般カードに比べサービス内容がワンランクアップしています。

1. 保険
・最高5,000万円までの海外旅行傷害保険(自動付帯)
・最高5,000万円までの国内旅行傷害保険(自動付帯)
・購入商品の破損や盗難を保証するショッピング安心保険(1事故上限・年間上限300万円)

2. 国内・海外のプリンスホテルにて優遇サービス
(優先予約、アーリーチェックインサービス、ウェルカムドリンクサービス、ミネラルウォーターサービス、ターンダウンサービス、スパ・エステでの特別料金サービスなど)

3. 「プリンスステータス」でゴールドメンバー特典

4. 空港ラウンジサービス
(国内主要空港、ダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジ利用が無料)

5. 会員誌「express」を無料発行

SEIBU PRINCE CLUBカードの入会特典

2020年9月現在、11月30日までにSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンへ新規入会した方を対象として、最大3,000円のキャッシュバックキャンペーンが行われています。

キャッシュバックの条件は、

1. キャンペーン期間内に10,000円以上ショッピング利用すると2,000円キャッシュバック
2. 1の対象者が2020年12月末までにPASMOオートチャージ設定し、5,000円以上利用するとさらに1,000円キャッシュバック

家族カード利用分も合算されますし、オートチャージ利用分は1の利用金額にも含まれるので、特にPASMOオートチャージを目的にSEIBU PRINCE CLUBカードを申し込む方には満たしやすい条件になっています。

上記の期間を過ぎてもまた新たなキャンペーンが随時行われる可能性が高いので、SEIBU PRINCE CLUBカードの公式サイトで最新情報をぜひチェックしてみてください。

SEIBU PRINCE CLUBカードの審査は甘い?難易度は?

西武鉄道、プリンスホテルほか西武グループのサービスを利用する方ならぜひ取得したいSEIBU PRINCE CLUBカードですが、クレジットカードである以上は審査を避けては通れません。

そこで気になってくるのがSEIBU PRINCE CLUBカードの難易度です。

クレジットカードの審査基準は各カード会社とも明らかにしていませんが、申込条件や発行会社がどんな系統であるかによって、ある程度は難易度を推し量ることが可能です。

まずはSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの申込条件から見てみることにしましょう。

SEIBU PRINCE CLUBカードの申込条件

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの申込条件は「18歳以上(高校生を除く)で電話連絡が可能な方」という至ってシンプルなものです。

「20歳未満の方は親権者の了承が必要」という但し書きはありますが、未成年の方でもSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンに申込可能。

その他に就労状況や年収など条件があるわけでなく、クレジットカードの申込条件としては最も簡単な部類に入ると言えるでしょう。

したがってSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの審査難易度は比較的低めであると推測することができます。

専業主婦、学生もSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンに申込可能!

SEIBU PRINCE CLUBカードの申込条件には、申込者本人に安定した収入があるかどうかについての言及がなく、世帯年収などを含め総合的な判断がなされるものと考えられます。

したがって、全く収入のない専業主婦、主夫の方や学生の方もSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンに申し込むことができますし、本人に安定収入がないことを原因として審査に落とされることはありません。

発行会社から見たSEIBU PRINCE CLUBカードの難易度は?

クレジットカードは発行会社により「銀行系」「信販系」「交通系」「流通系」「消費者金融系」といった具合に分類が可能で、それぞれ審査難易度が異なっています。

これらを難易度で上から順に並べると(カードにもよりますが一般的には)、

「銀行系」
「交通系」
「信販系」
「流通系」
「消費者金融系」

の順になると言われています。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンは西武グループとクレディセゾンが提携して発行しているクレジットカードです。

そもそも西武グループ自体に多角的な要素があり難しいところですが、特にホテルやショッピング施設での利用が見込まれることから、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンは「流通系クレジットカード」に分類できると言えるでしょう。

上記でもご紹介しているように、流通系クレジットカードは審査が柔軟な部類に入ります。

特にショッピング施設ではクレジットカード発行を顧客囲い込みにつなげたいとの思いもあることから、幅広く利用者を募りたいという事情もあるようです。

SEIBU PRINCE CLUBカードの審査に落ちる可能性が高くなる条件とは?

このように、比較的取得しやすいと考えられるSEIBU PRINCE CLUBカードですが、次のような条件に当てはまる方は審査落ちの可能性が高くなってきます。

・収入が一定の基準に達していない
・分割払い、リボ払い、キャッシングなどの利用残高が多い
・5年以内に債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)を行った
・これまでに利用したクレジットカードやローンで長期延滞、強制解約などの経験がある
・これまでにクレディセゾン(セゾンカード、UCカード)のサービスで金融事故の経験がある
・これまでクレジットカードやローンなどを全く利用したことがない(30代以降の方)
・6ヶ月以内にクレジットカードやローンの多重申込をしている
・申込書に記載した内容に虚偽がある
・申込条件を満たしていない

ではこれらのどこが良くないのか、上記に当てはまる方に対策はあるのかなどについて見てみることにしましょう。

返済能力に問題があると判断されたケース

クレジットカードのショッピング利用可能枠は、割賦販売法に基づいて算出された「支払可能見込額」の90%以内の数字にクレジット会社の基準を加味して設定されることになっています。

この支払可能見込額は、次の方法で計算することができます。

支払可能見込額=年収-年間請求予定額-生活維持費

「年収」SEIBU PRINCE CLUBカードへの申込書に記載した年収(税金や保険などが引かれる前の総支給額、年金・不動産などで得た収入なども含む)

「年間請求予定額」今後1年間に支払いが見込まれるクレジット代金(一括払い分は含まず)

「生活維持費」下記「生活維持費算定基準表」の通り経済産業省令で定められた金額

【生活維持費算定基準表】

利用者と生計を一にする方の合計 1人 2人 3人 4人以上
住宅所有で住宅ローンなし/住宅なしで家賃支払いなし 90万円 136万円 169万円 200万円
住宅所有で住宅ローンあり/住宅なしで家賃支払いあり 116万円 177万円 209万円 240万円

 

しかし年収が低かったり年間請求予定額(つまり借金など)が多いと、支払可能見込額が小さな数字、もしくはマイナスになってしまい、ショッピング利用可能枠を作ることができません。

すなわち、クレジットカードを発行できないということになってしまいます。

対策として考えられるのは、年収を増やすか年間請求予定額を少なくするかの二択になります。現実的な方法としては、普段から買い物はできる限り一括払いにする、リボ払い残高等があれば前倒し返済をする、などが考えられます。

信用情報(利用歴)に問題があると判断されたケース

クレジットカードやローンを利用するうえで、これまでに、

・2ヶ月以上の長期延滞
・強制解約
・代位弁済
・債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)

などといった経験のある方は、SEIBU PRINCE CLUBカードの審査で問題になる可能性があります。

クレジットカードやローンなどを利用してきたこれまでの情報は、「信用情報(クレジットヒストリー)」として信用情報機関に収められています。

SEIBU PRINCE CLUBカードはもちろん、他のクレジットカードの審査でもそれらの信用情報が参照されるため、たとえ問題を起こしたのが他社での利用においてでも、その内容は全て知られてしまいます。

信用情報機関の上記の情報が残るのは5年間(延滞は解消してから5年、全国銀行個人信用情報センターで記録される自己破産記録のみ10年間)。

つまりはその期間が経過し、情報が消えたのを見計らって新たなカード(SEIBU PRINCE CLUBカード)に申し込むのがその対策ということになるでしょう。

ただ、問題を起こした同じ会社に申し込むのはNG。記録が消えるのはあくまでの信用情報機関のみで、カード会社の社内情報まで抹消されるわけではありません。

もし以前にクレディセゾン(セゾンカード、UCカード)で問題を起こしたことがあれば、今回のSEIBU PRINCE CLUBカードも厳しい判断をくだされる可能性が非常に高いと言えるでしょう。

多重申込を行っているケース

さきほども触れた信用情報には、クレジットカードやローンなどへの申込履歴も記載されています。申込記録は半年で抹消されますが、その半年間に何件も申込記録があると、審査ではかなりのマイナスになります。

なぜなら申し込みの集中は、いかにもお金に困っている印象を与えてしまうからです。

このような、多重申込によって審査落ちを招く状況を「申し込みブラック」と呼んでいます。

クレジットカードで審査落ちしたとき、立て続けに同じ、もしくは別のクレジットカードに申し込んでしまいがちですが、これはやめましょう。ますます審査に通らなくなってしまいます。

信用情報には申込記録のみで審査の合否は書かれていませんが、契約情報がなければ審査落ちしたことは筒抜けになっています。

「他社で落としているから当社でも」ともなりかねないので、情報の消える半年を待ってからSEIBU PRINCE CLUBカードの申し込みを行うのが無難です。

SEIBU PRINCE CLUBカードの審査申し込み方法

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンはWeb、郵送で申込可能ですが、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドはWebで申し込むことができません。郵送のみの受付となっている点に注意してください。

SEIBU PRINCE CLUBカードの発行までにかかる期間

SEIBU PRINCE CLUBカードのWeb申し込みは、最短4営業日でカード発行、その後郵送での送付となりますので、手元に届くまで1~2週間程度かかると考えられます。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドを含め郵送で申し込む場合には、Webで申し込むよりさらに1週間は長くかかると想定しておきましょう。

なお、未成年の方がSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンに申し込んだ場合には、親権者の同意の確認が必要となるため、その手続きに数日かかることがあります。

SEIBU PRINCE CLUBカード発行までの流れ

WebでSEIBU PRINCE CLUBカードに申し込む

Webからはパソコン、スマートフォンでセゾンカードの公式サイトにアクセスしてSEIBU PRINCE CLUBカードに申し込みます。

1. 申し込みフォームに必要事項を入力し、送信する
2. 引落口座を設定する(可能な方のみ)
3. 受付番号が記載された「受付完了メール」が届く(※1)
4. 確認の電話がかかってくる(※2)
5. 審査
6. メールで審査結果が届く
7. カード発行
8. 郵送にてカードが届けられる(※3)

(※1)受付完了メール(受付番号)は通常、申し込みから30分以内に届きます。ただし申し込みが19:30以降の場合には翌日からの手続きになります。

(※2)確認の電話は10:00~20:00の間にあります。状況により省略されることもあります。

(※3)セゾンカードが初めての方は「本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」、すでにセゾンカードをお持ちの方は「本人限定受取郵便」、本人確認完了後の発送となった場合には「簡易書留」で届けられます。本人限定受取郵便は配達、または郵便局窓口にて受取可能ですが、受け取る際に本人確認書類の提示が必要です。

郵送でSEIBU PRINCE CLUBカードに申し込む

まずは公式サイトで資料請求するか、西武プリンスクラブカウンター、西武鉄道各駅、プリンスホテルズ&リゾーツなどの西武グループ施設で郵送用申込書を入手してください。

申込書に必要事項を記入し、捺印した後、専用の返送用封筒にてセゾンカードに郵送してください。

申し込みにはこの後ご紹介する本人確認書類のコピーが必要です。

SEIBU PRINCE CLUBカード審査時の在籍確認について

クレディセゾンではSEIBU PRINCE CLUBカードに申し込み後、原則として電話による申込確認を行っています。

その電話は自宅や携帯にかかってくることもありますが、勤務先に掛けられるケースもあり、それが事実上在籍確認になると考えられます。

SEIBU PRINCE CLUBカードの申込条件には「電話連絡が可能な方」とありますので、電話がつながらないうちは審査が進みません。

その状態が続けば審査落ちの原因になることも多分に考えられますので、申し込み後はクレディセゾンからの電話に気をつけておく必要があります。

クレディセゾンからの電話は多くの場合申込当日、もしくは翌日の10:00~20:00の間にかかってきます。

SEIBU PRINCE CLUBカードの申し込みに必要な書類

法律により、クレジットカードを作るには必ず本人確認が必要となっています。SEIBU PRINCE CLUBカードは多くの場合、本人限定受取郵便で送られてくるため、郵便局員が代行する形で本人確認書類を確認する形になります。

※すでに別のルートで本人確認が完了しているケースでは、本人確認書類の提示が必要ない簡易書留でカードが送付されます。

また、SEIBU PRINCE CLUBカードのキャッシング枠を申請すると、条件によっては年収証明書類の提出を求められることがあります。

本人確認書類

本人確認書類として次のものを用意し、郵便局員に提示してください。

【本人限定受取郵便(特定事項伝達型を含む)受取に必要な書類】

顔写真付きの公的証明書1点で、住所・氏名および生年月日の記載がある書類が必要となります。

運転免許証/旅券(パスポート)/個人番号カード(マイナンバーカード)/在留カード/特別永住者証明書/外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限る)など

※本人限定受取郵便は下記のいずれか2点でも受取可能です(特定事項伝達型は不可)

運転経歴証明書/健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証/共済組合員証/国民年金手帳/年金手帳/国民年金、厚生年金保険または船員保険に係る年金証書/共済年金または恩給等の証書/学生証、会社の身分証明書または公の機関が発行した資格証明書で写真付きのもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)

年収証明書類

クレディセゾンのキャッシング利用可能枠が50万円を超えるときや、他の貸金業者の利用残高を合算して100万円を超える場合には、所得証明書のコピーの提出が必要になります。その場合には次のいずれかの書類のコピーを用意してください。

給与明細書(直近の2ヶ月分)/源泉徴収票/納税通知書/課税証明書/所得証明書/年金振込通知書/確定申告書/青色申告決算書/収支内訳書など

SEIBU PRINCE CLUBカードでのキャッシング

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドには、あらかじめ設定された枠内で自由にお金を借りることのできる「キャッシング枠」を付帯させることができます。

キャッシング枠を作るためには審査がありますが、一度枠を作ればその後はいちいち審査を受けることなく、自由なタイミングでお金が借りられるようになります。

出費がかさみ給料日前にお金が足らなくなったとき、すぐに現金を用意しなければならなくなったとき、キャッシング枠は頼りになる存在となってくれることでしょう。

SEIBU PRINCE CLUBカードの融資条件

SEIBU PRINCE CLUBカードのキャッシング条件は以下のようになっています。

【SEIBU PRINCE CLUBカード キャッシング概要】

利用可能枠 1~300万円
実質年率 12.0%~18.0%
遅延損害金 17.52%~20.00%
返済方式 一括返済方式、定額リボルビング方式
締日・返済日 毎月月末締め、翌々月4日引落(土・日・祝日の場合は翌営業日)
返済方法 口座引落
保証人・担保 不要

 

SEIBU PRINCE CLUBカードのキャッシングの申し込みには、本人に毎月安定した収入があることが条件となっておりますが、パート、アルバイト、派遣社員、契約社員など就労形態は問われません。

また未成年の方のキャッシング利用には親権者の同意が必要です。

SEIBU PRINCE CLUBカードキャッシングしてお金を借りる方法

SEIBU PRINCE CLUBカードは「振込キャッシング」と「ATMキャッシング」の2つの方法でキャッシングが可能ですので、その都度、都合の良い方法で利用してください。

振込キャッシングでお金を借りる

振込キャッシングとは会員専用ページの「Netアンサー」か音声自動応答電話の「パーソナルアンサー」で申し込み、支払用として登録している口座に希望の金額を振り込んでもらう方法です。支払いを前に残高が足らないときなどに便利です。

キャッシングできるのは利用可能額内の千円以上千円単位で、振込手数料はクレディセゾンが負担してくれるので、必要ないのが嬉しいところです。

また、平日の昼間であれば、依頼受付から振込までわずか数十秒という速さであることも見逃せません。

【申込時間と振込時間】

申込時間 振込時間
平日 0:00~ 9:00 当日9:00以降
9:00~14:30 最短数十秒
14:30~24:00 翌営業日9:00以降
土日祝日 0:00~24:00 翌営業日9:00以降

 

【振込キャッシングの申込先】
インターネット:会員専用ページ「Netアンサー」
音声自動応答電話:ONLINEキャッシング専用「パーソナルアンサー」
0120-24-8376/東京 03-6688-7997/大阪 06-7709-8127

ATMキャッシングでお金を借りる

ATMキャッシングはSEIBU PRINCE CLUBカードと暗証番号を使い、クレディセゾンATMや提携ATMから出金できるサービスです。

ATMの稼働時間内であれば日曜日でも深夜でも現金を用意できるため、急ぎのときにとても便利です。

クレディセゾンATMならATM手数料が無料になるうえに返済にも対応。借りた後、短期間で返済するという利用方法も可能です(利息は借りた日数分必要なので、出費を抑えることができます)。

提携ATMについては当ページの終わりのほうにある「よくある質問」で詳しくご紹介していますが、コンビニATMなども含まれているため、利便性の高さが魅力。

ただし以下のようにATM手数料がかかりますし、返済(入金)できるATMは一部に限られている点にも注意が必要です。

利用・返済金額 ATM利用手数料(税込)
10,000円以下 110円
10,000円超 220円

 

またクレディセゾンATMとコンビニATM、他の提携ATMとでは利用できる金額の単位なども異なっています。

出金(借入) 入金(返済)
クレディセゾンATM 千円単位千円単位 1円以上1円単位
コンビニATM 千円以上千円単位 千円以上千円単位
他の提携ATM 1万円以上1万円単位 1万円以上1万円単位(※入金は一部ATMのみ利用可能)

 

SEIBU PRINCE CLUBカードの海外キャッシング

SEIBU PRINCE CLUBカードは海外のATMから現地通貨を引き出す「海外キャッシング」も可能。全世界で150ヶ国以上をカバーし、約96万台ものATMが利用できるので、海外滞在時に大活躍してくれること間違いありません。

海外キャッシングの利用分にも国内と同様の金利、ATM手数料がかかります。海外キャッシングは原則として一括での返済となりますが、後日リボ払いに変更できますし、前倒し返済すれば支払利息も少なくて済みます。

海外キャッシングのメリットとは?

海外キャッシングには次のようなメリットがあります。

・簡単な操作で現地通貨を入手でき、手間がかからない
・両替所が閉まっているときでもささっと現地通貨を用意できる
・必要なときに必要なだけATMから引き出せば良いので、大金を持ち歩くリスクが減らせる
・両替手数料よりもコストを抑えられるケースが少なくない

海外のATM操作に不安のある方は、セゾンカードの公式サイトにデモ体験できるページがあるので、あらかじめ練習してから渡航するといいかもしれませんね。

海外キャッシングが利用できるATMは?

海外キャッシングを利用できるATMは、お持ちのSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの海外ブランドによって異なります。以下のロゴマークを目印にしてATMを利用してください。

VISA 「VISA」「PLUS」
Mastercard 「mastercard」「cirrus」
JCB 「JCB」
American Express 「American Express」

 

海外ATMは空港や駅などの公共施設、ショッピングセンター、繁華街などで見かけられますが、トラブルやリスクを避けるためには空港や銀行内などに設置されているATMの利用が無難です。

SEIBU PRINCE CLUBカードの支払い・返済方法

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドのショッピング利用分の支払い、キャッシング利用分の返済について、ここでまとめてご紹介していきます。

SEIBU PRINCE CLUBカードの締日と支払日

SEIBU PRINCE CLUBカードの締日、支払日はショッピング利用分とキャッシング利用分とで異なっており、

ショッピング利用分:毎月10日締め、翌月4日引落
キャッシング利用分:毎月月末締め、翌々月4日引落

となっています。支払いは自動引落で、引落日が土・日・祝日にあたった場合は、翌営業日が引落日になります。

ショッピング利用分の支払い

ショッピング利用分の支払い方法は国際ブランドがVISA、Mastercard、JCBか、American Expressかで若干異なっています。

●VISA、Mastercard、JCB
1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い(一括・2回)

●American Express
[American Express加盟店での利用] 1回払い、ボーナス払い ※後からリボ払いに変更可能
[そごう、西武、西友、パルコなどセゾンカード加盟店での利用] 1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い(一括・2回)

※SEIBU PRINCE CLUBカードをはじめとしたセゾンカードは分割払いを扱っていません。

1回払い、2回払い、ボーナス一括払いには手数料がかかりませんが、リボ払いには15.0%、ボーナス2回払いには利用時期によって3.79%~10.29%の手数料が発生します。

ショッピングリボの支払方法

ショッピングリボ(ショッピング利用分のリボルビング払い)は買い物件数に関わらず、毎月の支払額が利用残高に応じてほぼ一定になる支払い方法です。

SEIBU PRINCE CLUBカードのショッピングリボは月々の支払額が3,000円からとなる「長期コース」、1万円からの「標準コース」、5千円以上5千円単位で自分の都合の良い額を設定できる「定額コース」の3種類から選ぶことができます。

長期コースと標準コースは利用残高が増えれば月々の支払額も増えていくスライド方式、定額コースは利用残高の増減に左右されない文字通りの定額となっています。

<長期コース>

リボ算定日残高 月々の支払額(弁済金)
~6万円 3,000円
6万円超~8万円 4,000円
8万円超~10万円 5,000円
10万円超~20万円 2万円増すごとに 1,000円ずつ加算
20万円超~40万円 25,000円増すごとに 1,000円ずつ加算
40万円超~50万円 5万円増すごとに 1,000円ずつ加算
50万円超~ 5万円増すごとに 2,000円ずつ加算

 
 
<標準コース>
「標準コース」

リボ算定日残高 月々の支払額(弁済金)
~10万円 10,000円
10万円超~15万円 15,000円
以降5万円増すごとに 5,000円ずつ加算

 

海外ショッピング分の支払い

海外ショッピング分の支払いは基本的に全て一括払いになりますが、希望する場合には買い物後、リボ払いに変更することが可能です。

変更方法は非常に簡単で、会員専用ページ「Netアンサー」で手続きするか、自動音声応答の電話「パーソナルアンサー」でも手続き可能です。

海外ショッピング利用分は、円換算される際に、以下の事務処理コストがかかります。

VISA / Mastercard:2.20%(税込)
JCB:2.15%(税込)
American Express:2.00%

SEIBU PRINCE CLUBカードのキャッシング利用分の返済

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンのキャッシングリボには月々の最少返済額が4,000円からとなる「ゆとりコース」と1万円からとなる「標準コース」の2種類が、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドには「3万円コース」「5万円コース」「10万円コース」と最少返済額が4,000円からとなる「ゆとりコース」の4種類があります。

リボ残高によって月々の返済額が変化するスライド方式ですが、ゆとりコースで新たなキャッシングリボの利用がない場合には、返済額は前月と同額になります。

●SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン 標準コースの返済額

融資金リボ残高 月々の返済額
1円~20万円 10,000円
20万円超~30万円 15,000円
30万円超~40万円 20,000円
40万円超~50万円 25,000円
50万円超~60万円 30,000円
以降10万円増すごとに 5,000円ずつ加算

 
 

●SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールド ゆとりコースの返済額

融資金リボ残高 月々の返済額
1円~10万円 4,000円
10万円超~20万円 8,000円
20万円超~30万円 12,000円
30万円超~40万円 11,000円
40万円超~50万円 14,000円
50万円超~60万円 17,000円
以降10万円増すごとに 3,000円ずつ加算

 
 

●SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドの返済額

融資金リボ残高 3万円コース 5万円コース 10万円コース
1円~60万円 30,000円 50,000円 100,000円
以降10万円増すごとに 5,000円ずつ加算

 

海外キャッシング分の返済

SEIBU PRINCE CLUBカードで利用した海外キャッシング分の返済は原則として一括払いになります。ただし希望により、後日リボ払いに変更することも可能です。

キャッシングリボへの変更は会員専用ページ「Netアンサー」や自動音声応答電話「パーソナルアンサー」で簡単に行うことができます。

海外ショッピング利用分には事務処理コストを加えての請求になりますが、海外キャッシング利用分にはこのコストは発生しません。

SEIBU PRINCE CLUBカードのリボ宣言とは?

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンをはじめとしたセゾンカードには、一度手続きしておけば国内・海外を問わず全てのショッピング・キャッシング利用分が自動的にリボ払いになる「リボ宣言」というサービスがあります。

リボ払いには月々の支払額を減らせる便利さがありますが、支払手数料、利息がかさむため、安易に選択すべき方法ではありません。

ただリボ宣言していても、余裕のある月には増額して支払ったり都合の良いときに全額支払ったりすることは自由です。計画的な利用が勧められる方法です。

SEIBU PRINCE CLUBカードについてのよくある質問

最後に、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドに関してのよくある質問にお答えしましょう。

セゾンカードとSEIBU PRINCE CLUBカードとの違いは?

クレディセゾンが他社と提携せず自社発行している「セゾンカード(セゾンカードインターナショナル)」と「SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン」の違いには次のような点が挙げられます。

・券面デザイン・・・セゾンカードはブルーとシルバーが基調、SEIBU PRINCE CLUBカードはブルーが基調

・発行までの期間・・・セゾンカードは最短即日発行可能、SEIBU PRINCE CLUBカードは発行まで最短4営業日

・付与ポイント・・・セゾンカードは永久不滅ポイントのみ、SEIBU PRINCE CLUBカードはプリンスポイントと永久不滅ポイントの2種類

・PASMOオートチャージ・・・セゾンカードは非対応、SEIBU PRINCE CLUBカードは対応

・西武グループのサービス特典・・・セゾンカードは付帯なし、SEIBU PRINCE CLUBカードは付帯あり

このように、発行までの期間を除いてはSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンのほうに様々なメリットがあります。特にPASMOオートチャージに対応したクレジットカードが欲しい方、西武グループのサービスをよく利用する方は、SEIBU PRINCE CLUBカードのほうが断然お勧めです。

家族カード、ETCカードは同時に申し込める?

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドを申し込む際、同時に家族カードやETCカードを申し込むことも可能です。

ETCカードを一緒に申し込んだ場合にはカードの到着が1~2日程度余分にかかることがあるので、利用したい日が決まっているときには余裕を持って申し込むようにしましょう。

PASMOオートチャージ分が勝手にリボ払いになったりはしない?

PASMOオートチャージ利用分は通常は一括払いとなっており、勝手にリボ払いになることはありません。ただし「リボ宣言」している場合には、特に手続きしなくても自動的にリボ払いになります。

一括払いとなったPASMOオートチャージ利用分を後日リボ払いにすることは可能ですし、リボ宣言を解除することも簡単にできます。ご自分のライフスタイルに合わせて設定してください。

PASMOオートチャージでもポイントは貯まる?

PASMOオートチャージでは、永久不滅ポイントが1,000円につき1ポイント貯まります。永久不滅ポイントは1ポイントが5円相当になりますので、還元率は0.5%。つまり通常のショッピング利用と同じですね。

SEIBU PRINCE CLUBカードが利用できるATMは?

SEIBU PRINCE CLUBカードは「SAISON CARD」のロゴマークのあるクレディセゾンのATMの他、全国に設置されている提携ATMで利用可能です。

利用可能な提携ATMを以下でご紹介します。提携ATMにはキャッシングの出入金ができるもの(★印)とキャッシングの出金のみ対応するもの(無印)とがあるので注意してください。

【全国】
みずほ銀行★・三井住友銀行★・三菱UFJ銀行★・りそな銀行★・ゆうちょ銀行★・セブン銀行★・ローソン銀行★・イオン銀行★・三井住友信託銀行、全国信用金庫協会(対応していないところもあります)

【北海道・東北】
北海道銀行・北洋銀行★・青森銀行・みちのく銀行★・秋田銀行・北都銀行・荘内銀行・山形銀行★・岩手銀行・東北銀行・七十七銀行・仙台銀行・東邦銀行・福島銀行・大東銀行

【関東】
群馬銀行・東和銀行・足利銀行★・栃木銀行・常陽銀行・筑波銀行・埼玉りそな銀行★・武蔵野銀行・千葉銀行★・千葉興業銀行・京葉銀行★・東京スター銀行★・東日本銀行・きらぼし銀行・横浜銀行★・山梨中央銀行

【中部・東海】
静岡銀行★・清水銀行・スルガ銀行・愛知銀行・名古屋銀行・中京銀行・百五銀行★・第三銀行・大垣共立銀行・十六銀行・岐阜銀行

【信越・北陸】
北越銀行・第四銀行・富山銀行・北陸銀行・北國銀行★・福井銀行★・福邦銀行★・八十二銀行★

【関西】
滋賀銀行★・京都銀行★・南都銀行・池田泉州銀行・関西みらい銀行★・みなと銀行・紀陽銀行

【中国・四国】
中国銀行・広島銀行★・もみじ銀行★・鳥取銀行・山陰合同銀行・島根銀行・山口銀行★・西京銀行・百十四銀行★・香川銀行・阿波銀行・徳島大正銀行・四国銀行・伊予銀行・愛媛銀行

【九州・沖縄】
西日本シティ銀行★・福岡銀行・福岡中央銀行・北九州銀行★・佐賀銀行・佐賀共栄銀行★・親和銀行・長崎銀行★・熊本銀行・肥後銀行・大分銀行・豊和銀行★・宮崎銀行・宮崎太陽銀行★・南日本銀行★・鹿児島銀行・沖縄銀行・琉球銀行

提携ATMでは出入金するごとにATM手数料(110円~220円)がかかります(クレディセゾンのATMならATM手数料はかかりません)。

SEIBU PRINCE CLUBカードの解約(退会)方法

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールドの解約(退会)は、インターネットや自動音声応答「パーソナルアンサー」では手続きできません。解約手続きには次の2つの方法があります。

・カード裏面に記載されているインフォメーションセンターに本人が電話し、オペレーターに解約を申し出る

・カード会員本人がカードと本人確認書類(運転免許証や保険証など)を用意しセゾンカウンターに行く

インフォメーションセンターの受付は、9:00~17:00の間。1月1日以外は無休です。

【インフォメーションセンター】
SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン:0570-064-133(または 03-5996-1111、06-7709-8000)
SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン ゴールド:0120-300-989(または 03-3565-7030)
セゾンアメリカン・エキスプレス・カードデスク:0120-399-930(または 03-5996-1123)
 
 

この記事の監修者

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している実績があります。

PAGETOP