日米公認会計士兼日米税理士が在籍する日本唯一の会計事務所~福留聡国際会計アドバイザリー株式会社 福留聡氏インタビュー

日米公認会計士兼日米税理士が在籍する日本唯一の会計事務所~福留聡国際会計アドバイザリー株式会社 福留聡氏インタビュー

福留聡氏(福留聡国際会計アドバイザリー株式会社 代表取締役/日米税理士/日米公認会計士)

 

日本・アメリカの会計と税務のほぼすべてをカバー

福留さんのご経歴を教えてください。

1999年3月に慶應義塾大学商学部を卒業しまして、そこから半年から1年弱ほど公務員になるため就職活動をしました。その後、方向転換して会計士試験の勉強を始め、2002年に合格しました。

広島に戻っていたこともあり、2002年10月に監査法人トーマツ広島事務所に合格しました。トーマツには4年9カ月ほど在籍し、2006年7月からちょうど3年間ほど、あずさ監査法人東京事務所で働きました。

トーマツでは、一般的な上場企業の監査を中心に、M&Aの財務デューデリジェンスやIPO準備の支援を経験しました。あずさに入社した後は国内事業部に所属し、国内の監査だけではなく、フランスの企業の子会社も受け持ちました。

また、リファード監査や内部統制監査等にも関わりました。トーマツ広島事務所は広島という立地もあり、上場企業でも数十億円から数百億円程度のクライアントが主でしたが、あずさでは1兆円企業のクライアントもたくさんありました。

働きながら米国公認会計士の資格も取得し、独立しても差別化しできると考え、2010年7月に独立しました。現在は個人事務所と会社を2社、共同出資の監査法人という4つの柱で事業を行っています。

福留聡国際会計アドバイザリーの特徴や強みは?

一番の強みは、日米公認会計士兼日米税理士として仕事を請け負っていることです。海外の会計にはUSGAAPやIFRSという国際会計基準があります。

また税務では、日本、米国の税務を対応できます。これらでほぼすべてをカバーできますが、私はこれらを網羅していますから、会計と税務のことなら安心してお任せいただくことができます。

英語を使った会計・税務も得意です。

たとえば海外に親会社があり、日本に子会社を作るというケースなら、海外の税制に対する理解や英語対応が必須になります。

こうした状況にある日本法人や外国人が日本に会社を作る際に当事務所にご相談いただくことが多いです。海外企業や外国人が代表を務める企業から依頼される仕事は、全体の4分の1ほどを占めています。

日米公認会計士兼日米税理士が在籍していることが事務所にとって最大の強みであり、この特徴を活かして、仕事を増やしてきました。

日本初で、かつ唯一の日米公認会計士兼日米税理士兼国家公務員Ⅰ種試験経済職合格者事務所なので、今後もこの強みを活かしてサービスを提供していきたいと思います。

クライアントのお役に立つことなら会計以外のことでもサポート

どのようなポリシ―でサービスを提供されていますか。

お客様のニーズに合わせて柔軟に対応することを大切にしています。

近年はクラウドを使った会計が主流になっていますね。当事務所でも導入済みです。当初は弥生会計を中心に使っていたものの、現在はfreeeとマネーフォワードをメインサービスにしています。

freeeとマネーフォワードは、AIで科目を予測する機能やクレジットカード・ネットバンキングとの連携、同じアカウントにログインするだけで画面を共有できる機能が便利なので、お客様の利便性を考えて弥生オンラインから乗り換えました。お客様の視点で考えることを大切にして、便利なクラウド会計を活用しながら会計業務を行っています。

海外も他のクラウドサービスがあります。海外法人や外国人のお客様からのご依頼では、その国で使われているサービスを使用することもあります。

世界中で共通している会計ソフトを使いたい場合は、日本法人のみのクラウドサービスを使用するのではなく、Quikbooksなどを利用することも珍しくありません。ご要望に応じて、柔軟な対応で顧客満足度を高めています。

喜んでもらえた事例を紹介してください。

税務の事例では、税務調査で否認されない範囲で、どれくらい節税できるかということが大切です。

海外に子会社を作った場合、海外に利益を寄せることで日本法人の利益を少なくして節税しできますが、税務上妥当な取引価格を設定したりすることが大切になります。そのためには、価格のスキームと理論立ての両立が大事になります。

税務署が来たときに、ちゃんと理論立てて説明できるように、株の保有関係に関するアドバイスもさせていただいてます。

お客様の節税に貢献し、ご満足いただけたことで、次の会社設立の際もお声がけいただけたいた案件になりましたので、印象に残っています。

お客様へのメッセ―ジ

最後にお客様へのメッセ―ジを。

当事務所は、国内と海外、もしくは外国人向けの会計・税務サービスを提供しています。外国人の方をはじめ、海外拠点・支店・子会社を作るときには、創業や設立のスキームを含めて申告の手続きなどにも対応できます。

外国人の方や海外案件で充実したサービスを提供できる事務所は多くありません。ぜひ当事務所にご相談ください。

また、資金調達でお困りの場合には、日本政策金融公庫だけではなく、都市銀行や信用金庫とも繋がりがありますので、金融機関を紹介したり、事業計画を支援したりといったお金まわりの支援もできます。

私は東京法律会計士業交流会の代表を務めておりますので、弁護士、司法書士、社会保険労等が行うサービスも提供できます。

当事務所でお役に立てることであれば、お気軽にご相談ください。

社名 福留聡国際会計アドバイザリー株式会社
代表者 福留 聡
所在地 〒162―0065 東京都新宿区住吉町2―15萩野ビル6階
TEL 03-6380-4698
設立 2016年2月
ホームページ http://cpasatoshifukudome.biz

取材日:2019年12月16日

PAGETOP