JAカードの審査難易度は?種類や年会費、ポイントなど

JAカードは三菱UFJニコスがJAバンクと提携して発行しているクレジットカードです。JA=農協であることから、農業に従事していないと発行できないとも思われがちですが、実際には農業従事者以外の一般の方でも申し込みが可能です。

当記事ではJAカードの審査難易度や種類、年会費、ポイント、特典、申込方法、お得な利用方法などを詳しくお伝えします。JA関連のサービスをよく利用する方、ぜひ参考にしてください。


もくじ

JAカードの種類

JAカードには次の種類があります。

・JAカード
・JAカード ロードアシスタンスサービス付き
・JAゴールドカード

そして、それぞれに単機能型とキャッシュカード一体型があるため、タイプとしては全部で6種類あることになります。

※キャッシュカード一体型を申し込んで審査に通らなかった場合には、クレジット機能を持たないキャッシュカードが発行されます。

では、各JAカードの概要を見てみることにしましょう。

JAカード

先ほどもご紹介した通り、JAカードには単機能型とキャッシュカード一体型とがあり、機能の違いはキャッシュカード機能があるかないかのみで、他のスペック的には同じです。

また、もうひとつの違いに券面デザインが挙げられます。どちらもCMでイメージキャラクターを務めるサザエさんのデザインが選べますが、各JAカードの絵柄は別のものとなっています。

年会費 [本人会員] 初年度無料、次年度より1,375円(税込)
[家族会員] 初年度無料、次年度より440円(税込)
※以下のいずれか条件を満たすと、本人会員・家族会員両方の翌年度年会費が無料になります。
・当年度の本カードのショッピング利用代金が12万円以上
・電気の月額利用料金の支払いに本カードを登録し当年度に支払った場合
・携帯電話の月額利用料金の支払いに本カードを登録し当年度に支払った場合
申込資格 ・18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)
※未成年の方は親権者の同意が必要です
・電話連絡可能な方
国際ブランド Visa、Mastercard
カード利用可能枠 [一般] 10~100万円
[学生] 10万円
キャッシュカード機能 [単機能型] なし
[キャッシュカード一体型] あり
券面デザイン [単機能型] リーフ/地球/サザエさん
[キャッシュカード一体型] 通常/サザエさん
追加可能カード ETCカード、家族カード
付帯保険 海外旅行傷害保険、ショッピングパートナー保険
ポイント名 JAカードわいわいプレゼント
ポイント還元率 0.3%~
締め日・支払日 毎月5日締め、当月27日(土・日・祝日の場合は翌営業日)支払
カード会社・ブランド 三菱UFJニコス(NICOSカード)
申込方法 店頭、インターネット(JAバンク口座をお持ちでない方が一体型を申し込む場合のみ)
公式サイト こちら

 

JAカード ロードアシスタンスサービス付き

JAカードに495円をプラスして、NICOSロードアシスタンスサービスのついたカードを選ぶこともできます。

NICOSロードアシスタンスサービスは、外出中の事故、ガス欠、パンクなどの故障のトラブルに24時間・365日対応するサービスで、レッカー急行サービスや緊急修理サービスなど一定条件まで無料でサポートを受けられます。

レンタカー、ガソリンスタンドの紹介や車に関するメカニカルな相談も受けられるので、車に乗る方にとっては心強いサービスです。

年会費 [本人会員] 初年度無料、次年度より1,870円(税込)
[家族会員] 初年度無料、次年度より935円(税込)※3名まで
※以下のいずれか条件を満たすと、本人会員・家族会員両方の翌年度年会費が無料になります。
・当年度の本カードのショッピング利用代金が12万円以上
・電気の月額利用料金の支払いに本カードを登録し当年度に支払った場合
携帯電話の月額利用料金の支払いに本カードを登録し当年度に支払った場合
申込資格 ・18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)
※未成年の方は親権者の同意が必要です
・電話連絡可能な方
国際ブランド Visa、Mastercard
カード利用可能枠 [一般] 10~100万円
[学生] 10万円
キャッシュカード機能 [単機能型] なし
[キャッシュカード一体型] あり
券面デザイン [単機能型] 地球
[キャッシュカード一体型] 通常
追加可能カード ETCカード、家族カード
付帯機能 ロードアシスタンスサービス
付帯保険 海外旅行傷害保険、ショッピングパートナー保険
ポイント名 JAカードわいわいプレゼント
ポイント還元率 0.3%~
締め日・支払日 毎月5日締め、当月27日(土・日・祝日の場合は翌営業日)支払い
カード会社・ブランド 三菱UFJニコス(NICOSカード)
申込方法 店頭、インターネット(JAバンク口座をお持ちでない方が一体型を申し込む場合のみ)

 

JAゴールドカード

JAカードにはゴールドグレードのカードもあります。

JAゴールドカードは年会費が11,000円かかりますが、ポイント還元が一般グレードのJAカードの2倍(1%)になっていますし、人気の海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が付帯されています。海外旅行傷害保険のほうは自動付帯ですので、JAゴールドカードで代金を支払っていなくても補償を受けることができます。

ゴールドカードではおなじみの空港ラウンジサービスもありますので、旅行の機会が多い方には安心や楽しみの多いカードだと言えるでしょう。

また、NICOSロードアシスタンスサービスも自動付帯されているため、車をよく利用する方にも大きなメリットがあります。

年会費 [本人会員] 11,000円(税込)
[家族会員] 無料 ※3名まで
申込資格 原則として25歳以上の安定した継続収入のあるお勤め(自営)の方
国際ブランド Visa、Mastercard
カード利用可能枠 30~100万円
キャッシュカード機能 [単機能型] なし
[キャッシュカード一体型] あり
追加可能カード ETCカード、家族カード
付帯機能 ロードアシスタンスサービス
付帯保険 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピングパートナー保険
ポイント名 JAカードゴールドポイントプログラム
ポイント還元率 0.6%~
締め日・支払日 毎月5日締め、当月27日(土・日・祝日の場合は翌営業日)支払い
カード会社・ブランド 三菱UFJニコス(NICOSカード)
申込方法 店頭、インターネット(JAバンク口座をお持ちでない方が一体型を申し込む場合のみ)
公式サイト こちら

 

JAカードの追加カード

JAカードは追加で家族カード、ETCカード(ETC PLUS)を発行することができます。

家族カード

家族カードは本人会員の配偶者、親、子(高校生を除く18歳以上)に対して発行できるカードです。

家族カードは低コストで本カードとほぼ同等のサービスを受けることができ(※1)、ショッピングで獲得できるポイントも合算できるので、おトク度がいっぱいです。

また、JAカードの家族会員となる方に対しては審査がなく、本人会員の信用の元で発行されるため、収入のない方もクレジットカードを持ちやすいというメリットもあります。

※1.キャッシュカード一体型JAカードの家族カードにはキャッシュカード機能はありません。

ETCカード

JAカードは「ETC PLUS」という名称のETCカードを発行することができます。

ETCカードの利用分も通常のショッピング利用分と合算され請求されます。もちろんポイントも本カードと同じように貯まります。

NICOSブランドのETCカードは通常、新規発行手数料がかかりますが、JAカードのETCカードは例外で、新規発行手数料や年会費が全くかからないのも嬉しいところです。

JAカードの特徴・特典

JAカードには次のような特長があります。

・ショッピング利用でポイントが貯まる
・JA直売所での買い物が5%引
・JA-SS・ホクレンSSでの給油が2円/L割引
・海外旅行傷害保険などが付帯
・行楽玉手箱のクーポンでレジャーや宿泊などが優待に
・JAバンクのネットローン申し込みが簡単に

JAカードのポイント還元

1ヶ月のショッピング利用金額合計1,000円ごとに、JAカードでは1ポイント、JAゴールドカードでは2ポイントが貯まります。

1ポイントは3~5円程度に相当するため、ポイント還元率はJAカードが0.3~0.5%、JAゴールドカードでは0.6~1%ということになると考えられます。

クレジットカードのポイント還元率としては低めの数字ですが、利用1回ごとのポイント計算ではなく月間合計額に対してポイントが付与されるため、切り捨てになるのは最大で999円のみで済みます。

利用次第でポイントアップ

JAカードには一定額以上のショッピング利用で獲得ポイントがアップするサービスがあります。

●JAカード(ロードアシスタンスサービス付きカードを含む)
JAカードはショッピング利用額によって翌年度のポイント還元率がアップする「わいわいup」というシステムになっています。ポイントアップ率は次の通りです。

本年度利用額 ポイント加算
50万円未満 なし
50万円~100万円未満 20%
100万円以上 100%

 
 

●JAゴールドカード
JAゴールドカードのポイントアップの仕組みは、JAカードよりもさらにおトクになっています。

本年度利用額 ポイント加算
年間30万円利用に達すると 90ポイント
以降10万円ごとに 10ポイント

 

POINT名人.comでもっとおトクに

ネットショッピングをよく利用するなら三菱UFJニコスが運営するPOINT名人.comの利用がお勧めです。

POINT名人.comは、買い物をする際に直接目的のサイトを訪問するのではなく、POINT名人.comに掲載されている各ショップのバナーやリンクを経由してから買い物することで、何倍もの獲得ポイントがもらえるシステムです。

POINT名人.comに掲載されているのは楽天市場、Yahoo!ショッピング、Joshin Webショップ、じゃらん、BELLE MAISONなどおなじみのショップが多数。ふるさと納税に利用できる「さとふる」も掲載されています。

JAカードは基本となる獲得ポイントがそれほど高くないので、このようなシステムを最大限に利用したいところです。

JAカード新規契約でポイントプレゼントも

2020年7月現在、JAカードの新規契約と利用により最大10,000円相当のポイントプレゼントがもらえます。

・WEBサービスのID登録で1,200円相当のポイントをプレゼント
・JAカードでのショッピング利用で最大8,000円相当のポイントをプレゼント
・携帯電話利用料金の支払いで800円相当のポイントをプレゼント

※新規契約時のプレゼントは変更される可能性がありますので、最新情報は公式サイトをご確認ください。

ポイントの使い方

JAカードで貯めたポイントは次の3通りの使い方ができます。

1. 商品に交換する
2. 請求額から差し引く
3. 提携先のポイントに移行する

2の請求額から差し引く方法は、1ポイントを4円に交換し、最短で次回の請求額からその分をマイナスする方法です。500ポイント以上100ポイント単位で交換することができます。

3のポイントの移行先とレートは以下のようになっています。

【ポイント移行先】
200ポイント → 600ポイント(WAONポイント)
500ポイント → 1,500マイル(ANAマイル/JALマイル1,500)
500ポイント → 2,250ポイント(Tポイント)
500ポイント → 2,500ポイント(Pontaポイント楽天スーパーポイント/nanacoポイント/au WALLETポイント/ベルメゾン・ポイント/ビックポイント)

JA直売所での買い物で値引き

JA直売所(ファーマーズマーケット)でJAカードを利用すると、利用代金の請求時に5%が割引されます。対象となるJA直売所は緑のステッカー、のぼりが目印となっており、新鮮な野菜を値引き価格で購入できるのが魅力です。

JA-SS・ホクレンSSでの給油で値引き

JA-SS・ホクレンSSでの給油時にJAカードで支払うと、2円/Lの割引が受けられます。割引対象となるのはハイオク・レギュラーガソリン・軽油です。

JAカードの付帯保険

JAカードには海外旅行傷害保険などが付帯されており、JAゴールドカードでは一般グレードカードよりもさらに保険が充実しています。

●JAカード(ロードアシスタンスサービス付きカードを含む)
・海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
・ショッピングパートナー保険 年間限度額100万円
  ※リボ・分割払いでの利用分のみ

●JAゴールドカード
・海外旅行傷害保険 最高5,000万円(自動付帯)
・国内旅行傷害保険 最高5,000万円(利用付帯)
・ショッピングパートナー保険 年間限度額300万円

優待クーポンがもらえる

全国各地のレジャー施設、宿泊施設などがお得に利用できるサイト「行楽玉手箱」で優待クーポンをゲット。当該施設にて優待クーポンとJAカードを提示(または利用)することで、様々な特典を受けることができます。

割引を受けられたりプレゼントがもらえたりとクーポンの内容は様々。JAの提携施設は全国を網羅しているため、旅行などの際にはお出かけの地域で受けられるサービスをぜひチェックしておきたいところです。

JAネットローンで優遇

JAカード会員になると、JAバンクのローンの仮申込の手続きが非常に簡単になります。

JAバンクのローンは総じて低金利ですし、契約にも安心感があります。一部JAでは店頭まで出かけることなくローンの手続きができるので、将来的に融資を受けたいと考えている方には便利でしょう。

JAネットローンには目的別ローンとなる「マイカーローン」「教育ローン」「リフォームローン」「多目的ローン」「フリーローン」と、借入枠の範囲内で繰り返し融資を受けられる「カードローン」の6タイプがあります。

JAネットローンの商品内容については各JAにより異なるので、詳しくは最寄りのJAバンクまでお問い合わせください。

⇒農協(JAバンク)でお金を借りるには?ローンの種類や借入条件

JAカードの審査は甘い?難易度は?

クレジットカードの審査基準は明らかにされていないため、具体的な審査内容を挙げることはできませんが、申込条件や発行元の系統などから審査の難易度がどのような傾向になっているかを類推することができます。

JAカードの審査申込条件

まずはJAカードの審査申込条件から確認してみることにしましょう。

JAカードは一般グレードのカードとゴールドカードとで明確な条件の違いがあります。

【JAカード/JAカード ロードアシスタンスサービス付き】
・18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)
※未成年の方は親権者の同意が必要です
・電話連絡可能な方

【JAゴールドカード】
原則として25歳以上の安定した継続収入のあるお勤め(自営)の方

JAカードの方は未成年の方でも申し込みが可能ですので、審査基準としてはそれほど厳しくはないことがわかりますが、収入や電話連絡についての条件も明記されており、「審査が甘い」と言えるほどではないことも推測できます。

JAゴールドカードについては一般グレードのカードよりも条件が厳しくなっていることから、こちらのほうがより取得が難しいのは明らかです。

専業主婦はJAカードに申込可能?

専業主婦・主夫の方のように本人に安定収入のないについては具体的な言及はありませんが、未成年の方でも申込可能であることから、配偶者に安定収入があれば申込可能です。

JAゴールドカードの方も申し込みは可能ですが、審査のハードルが上がることから、慎重に申し込んだほうが良いでしょう。

まずは一般グレードのJAカードで利用実績を作り、その後アップグレードを考えるのもひとつの方法です。

JAカードは信販系クレジットカード

クレジットカードは発行元によって「銀行系」「交通系」「信販系」「流通系」「消費者金融系」などといった具合に分類することが可能で、それぞれに審査難易度が異なっています。

例を挙げると銀行系クレジットカードは慎重に審査が行われることが多いため、審査難易度が高めになる傾向があります。

逆に比較的審査の難易度が低めであると言われるのが流通系や消費者金融系。例えば流通系は発行元がデパートやショップなどの商業施設であることから、クレジットカードの発行がそれらの売上につながることが想定され、大いに利用が見込まれる主婦層などをはじめ広くカードを発行しています。

では気になるJAカードですが、こちらのカードは三菱UFJニコスが発行していることから、信販系のクレジットカードに分類されます(ちなみにJAカードはJAバンクと提携して発行されていますが、JAバンクという銀行があるわけではありません)。

信販系のクレジットカードの難易度は中程度で、特別厳しいというわけではありませんが、審査はしっかり行われるため誰でも入手できるわけでもありません。

この後にもご紹介しますが、クレジットカードやローンなどの利用歴に問題がなければ審査に通る期待は大いに持つことができるでしょう。

JAカードの審査落ちの可能性が高くなる条件

取得のしやすさは平均的だと思われるJAカードですが、次の条件にひとつでも当てはまっていると審査に通らない可能性が高くなります。

・収入が一定の基準に達していない
・借入(分割払いやリボ払い)の残高が多い
・5年以内に債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)を行っている
・クレジットカードやローンの利用で長期延滞したり、強制解約されたりしたことがある
・三菱UFJニコスのサービスで金融事故を起こした経験がある
・半年以内にクレジットカードやローンの申し込みが3件以上ある
・クレジットカードやローンを一度も利用したことがない(30代以降の方のみ)
・申込書に記入した内容に虚偽がある
・申込条件を満たしていない

返済能力が十分でないと判断されたケース

JAカードの申込条件に「安定した収入」とありますが、実際には収入さえあれば審査に通るわけではありません。

申込者の返済能力は、借入金などがあればそれらとのバランスも見て判断されるからです。

返済能力を量るうえでの指針となるのが「支払可能見込額」で、クレジットカードの利用枠は、以下の計算で求められる支払可能見込額の90%以内に収める必要があります(割賦販売法)。

支払可能見込額=年収-年間請求予定額-生活維持費
クレジットカード利用枠の上限=支払可能見込額×0.9

支払見込額が非常に小さかったりマイナスであったりすると、クレジットカードの十分な利用枠が作れず、審査落ちに繋がる可能性があります。

またJAカードの審査に通った場合でも、他に三菱UFJニコスで作ったクレジットカードを所持していれば、その利用枠を減額される可能性が高くなります。

信用情報に問題が認められたケース

これまでクレジットカードやローンなどを利用した履歴は「信用情報(クレジットヒストリー)」として、信用情報機関で記録されています。

JAカードに申し込むと、審査を行う三菱UFJニコスは信用情報機関に申込者の情報を照会し、その内容を審査に活かします。

例えば以前起こした支払遅れが他社のクレジットカードで起こしたものであったとしても、信用情報機関を通じて内容は全てわかってしまいますので、過去に次のような情報(異動情報・ブラック情報)があれば、審査に落ちる可能性はかなり高くなると考えられます。

・2ヶ月以上の長期延滞
・強制解約
・代位弁済
・債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)

上記の情報は一度起こしてしまったらずっと残り続けるものではありません。ほとんどの情報は5年(延滞は開始からではなく解消してから5年、全国銀行個人信用情報センターで記録される自己破産記録は10年)経過すると消えるため、情報が抹消された後に改めて申し込みを行えば良いということになります。

とはいえ、このような金融トラブルがあった業者の社内情報はずっと残り続けます。そのため同じ業者に申し込んだ場合には、たとえトラブルから5年以上が経過していても審査に通らないと考えた方が良いでしょう。これを「社内ブラック」と呼んでいます。

もしあなたが以前三菱UFJニコスのサービスで何かしらトラブルを起こしたことがあるのなら、残念ですがJAカードへの申し込みは見合わせたほうが良いでしょう。

多重申込をしているケース

さきほどご紹介した信用情報には、クレジットカードやローンなどに申し込んだり契約したりといった内容も含まれています。

それらの情報は5年ではなく半年で抹消されますが、その半年の間に何件もの申し込み記録があった場合、審査する側にいかにもお金に困った印象を与えてしまうため、可決の可能性が非常に低くなります。こうした状況のことを「申し込みブラック」とも呼んでいます。

申し込みブラックとなるのは1ヶ月に3件の申込情報があったケースが多いようですが、半年間に3件でも好ましくないと判断する業者も少なくないため、注意が必要です。

クレジットカードに審査落ちしてしまい、同じカードや別のカードに次々申し込む方がいらっしゃいますが、それでは自ら審査に通りにくい状況を作っているようなものです。焦る気持ちがあっても、次の申し込みは半年経ってからにするのが無難なのです。

JAカードの審査申し込み方法

全てのJAカードはお近くのJAバンクの窓口で審査に申し込むことができます。

ただしJAバンク口座をお持ちでない方がキャッシュカード一体型を希望する場合に限り、インターネットでも申し込むことができます。

JAカード発行までにかかる期間

インターネットで申し込んだ場合、手元にJAカードが届くまでは2~6週間程度となることが多いようです。ただし審査の進行状況によってはもう少し長くかかる可能性もあります。

JAカード発行までの流れ

JAカードは店舗で申し込む場合とインターネットで申し込む場合とで、カードが届くまでの流れに違いがあります。

店頭でJAカードに申し込む

JAの店頭での申し込みならわかりにくいところも相談しながら手続きすることができます。まずはお近くのJAバンクまでお出かけください。JAバンクの店舗はこちらで確認できます。

JA店舗で申し込んだ後は所定の審査を経て、合格した方に対しJAカードが順次届けられます。

インターネットでJAカードに申し込む

インターネット申し込みが可能なのは、JAバンク口座をお持ちでない方がキャッシュカード一体型を希望する場合に限りますので、JAバンク口座の開設手続きも合わせて必要になります。

1. JAバンクのメールオーダーシステム(インターネット申し込みフォーム)に必要事項を入力し、送信
2. JAバンクより申込書類が郵送される
3. 必要事項を記入し、必要書類を同封して返送する
4. 審査
5. JAカードが発送される

インターネットでJAカードに申し込んだ場合には、一旦郵便での書類のやり取りが発生するため、クレジットカードの入手までに多く時間を要すことになります。

正式な申し込みは必要書類の返送後となり、そこからJAカードが発送されるまでは約2~5週間程度となります。

つまり手元にJAカードが届くまで最大で1ヶ月半ほどかかる計算になるので、お急ぎの場合には1~3までの手順を店頭にて完了できる店舗窓口での申し込みを選択したほうが良いでしょう。

JAカードの申し込みに必要な書類

JAカードの申し込みには本人確認書類が必要になります。本人確認書類として提出可能なのは次の書類ですので、下記のいずれかを準備してください。

・運転免許証または運転経歴証明書
・健康保険証
・旅券(パスポート)
・在留カード・特別永住者証明書
・住民票の写し
・住民基本台帳カード
・個人番号カード(マイナンバーカード)

JAカードのキャッシング

JAバンクの融資商品なら金利が比較的低い「カードローン」という選択肢もありますが、お住い(または勤務先)のエリアによっては最寄りのJAがカードローンを取り扱っていなかったり、インターネットでの申し込みに対応していなかったりと、契約に難のあるケースも少なくありません。

また、クレジットカードとは別に改めてカードローン契約のための審査を受けるのも面倒なもの。長く待った挙げ句に契約できないことだって考えられます。

その点、JAカードであらかじめキャッシング枠を作っておけば、お金が必要になったときにいちいち審査を受けることなくスピーディーにお金を借りられるようになります。

もちろん枠を申し込んだときに審査に通ることは必要ですが、早めに申し込んでいざというときに備えておくと安心です。

なお、キャッシング枠の申請はJAカードの申し込みの際にもできますし、最初はキャッシング枠なしで申し込んで後日枠を申請することも可能です。

JAカードのキャッシング枠の融資条件

JAカードでのキャッシングはゴールドカードのほうが有利な条件となっており、返済は一括払いかリボ払いを選択可能です。

新規入会者の利用可能枠は上限が50万円となっていますが、審査によって50万円に満たないこともあります。

後日改めてキャッシング枠を増額することもできますし(要審査)、枠を減らしたりなくしたりすることもできます。

利用可能枠 新規入会時は上限50万円
実質年率 [JAカード] 14.94%~17.94%
[JAゴールドカード] 14.94%
遅延損害金 20.0%
返済方式 元利一括払い/元本定額リボルビング払い
締日・返済日 毎月5日締め、当月27日(土・日・祝日の場合は翌営業日)支払い
返済方法 口座引落
資金使途 自由(ただし、事業資金は除く)
保証人・担保 不要

 

JAカードでキャッシングする方法

JAカードでのキャッシングは、

・WEBで申し込んで口座に振り込んでもらう(ネットキャッシング)
・提携ATM・CDから出金する(ATMキャッシング)

の2通りがあります。

JAカードのネットキャッシング

JAカードのネットキャッシングは口座の残高が足らなくなったときなどに威力を発揮するサービスです。パソコンやスマートフォンから平日の13:00までに申し込めば、最短当日中に支払口座に希望の金額(1万円以上1万円単位)を振り込んでもらえます。

申し込みは24時間可能。NICOSカードのWEB会員サービス「Net Branch」から申し込んでください。振込手数料はかかりません。

JAカードのATMキャッシング

JAカードはNICOSカードが提携している全国のATM・CDからお金を借りることができます。当記事末で詳しくご紹介していますが、都市銀行をはじめJAやゆうちょ銀行、信用金庫、コンビニATMなど多く対応しているので、ATMの稼働時間内であればいつでもスピーディーにキャッシング可能です。

ただしATMの利用に際して、110円(税込)~220円(税込)のATM手数料がかかる点に注意が必要です。

JAカードの海外キャッシング

キャッシングは日本国内のATMからだけでなく、海外のATMから現地通貨を引き出すという利用方法もあります。

海外キャッシングは次のようなメリットがあります。

・事前に両替しておく手間が省ける
・両替所が閉まっているときでもスピーディーに現地通貨が手に入る
・必要なときに現金を引き出せばいいので、大金を持ち歩くリスクを軽減できる
・両替手数料よりもコストが低く済むことが多い

海外キャッシングのコストは利用日数分の利息と国内と同じATM手数料だけなので、帰国後一括払いしてしまえば両替手数料より安く上がるケースが少なくありません。

また操作についても、NICOSカードのサイトに具体的に説明されています。不安な方はぜひチェックしてみてください。

ATM操作方法のご案内(NICOSカード公式サイト)

海外キャッシングのATM

海外キャッシングが利用できるATMは、お手持ちのJAやカードの海外ブランドによって異なります。次のロゴマークのあるATMでキャッシングすることができます。

Mastercard・・・「mastercard」
VISA・・・「VISA」「PLUS」

海外のATMは公共機関やショッピングセンター、繁華街などに多数設置されていますが、安全を期すためにも空港内や銀行内に設置されているATMを利用することをお勧めします。

JAカードの支払い・返済方法

JAカードでショッピング利用したときの支払い、キャッシング利用したときの返済方法を合わせてご紹介しましょう。

JAカードの締日と支払日

ショッピング利用分、キャッシング利用分ともに毎月5日締め、当月27日の自動引落となります。支払日が土・日・祝日などの金融機関休業日となった場合には翌営業日に引き落とされます。

JAカードのショッピング利用分の支払い

ショッピング利用分の支払方法は、1回払い・2回払い・ボーナス1回払い・分割払い(3・5・6・10・12・15・18・20・24回)・リボ払いから選ぶことができます。

このうち、1回払い・2回払い・ボーナス1回払いには手数料がかかりませんが、3回以上の分割払いとリボ払いには所定の手数料が発生します。

1回払いに指定した利用分を後日、3回以上の分割払い、リボ払い、最大5ヶ月まで支払いを繰り越せる据え置き1回払い(あといち)のいずれかに変更することも可能です。

JAカードの分割払い

JAカードの分割払いは利用ごとに回数を指定し、商品代金と手数料とを合計した額を均等割で月々支払っていく方法です。

JAカードの分割払いで発生する手数料は支払回数によって以下のように変わります。

支払回数 手数料率 分割手数料(100円あたり)
3回払い 12.25% 2.04円
5回払い 13.50% 3.40円
6回払い 13.75% 4.08円
10回払い 14.50% 6.80円
12回払い 14.75% 8.16円
15回払い 15.00% 10.20円
18回払い 15.00% 12.24円
20回払い 15.00% 13.60円
24回払い 15.00% 16.32円

 

例えば、JAカードで10万円の商品を10回払いで購入したとします。10回払いの手数料は100円あたり6.8円ですので、10万円では6,800円、これを商品代金に足した額が総支払額になります。

(10万円+6,800円)÷10=10,680円

したがってこの例の月々の支払額は10,680円となります。

JAカードのリボルビング払い

リボ払いは利用金額や件数にかかわらず、月々の支払いを一定額にするものですが、JAカードの場合は一定になるのは元金分で、月々発生する手数料は若干の違いが出る分、毎月の支払いが完全に同額になるわけではありません。

JAカードのリボ支払いコースは元金定額5,000円以上、5,000円単位で都合に合わせて選ぶことができます。

低額の設定だと月々の負担は軽くなりますが、支払期間が長ければ長くなるほど支払手数料が増えることを考慮して選択しましょう。

JAカードのリボルビング払いの手数料は実質年率15.00%です。

楽Pay(らくペイ)

1回払いに指定したショッピング利用分も自動的にリボ払いにできる「楽Pay(らくペイ)」というサービスがあります。

楽Pay(らくペイ)は「店頭で『リボ払いで』とは言いにくい」「後でリボ払いに変更するのは面倒」という方にぴったりのサービス。支払金額は自由に変更可能ですし、余裕のある月には追加で返済することもできます。

さらに翌月以降の繰越があれば、次回のカード年会費が優遇される特典もあります。

リボ払いにすると手数料の支払いが増えるため安易な利用はお勧めしませんが、うまく管理できれば非常に便利です。

海外ショッピング分の支払い

JAカードの海外ショッピング利用分は原則として1回払いになりますが、出発前や帰国後に手続きすることで、リボ払いや分割払いに変更することも可能です(「海外利用・リボ払いサービス」「お支払回数変更サービス」)。

海外ショッピング利用分の支払いも国内利用分とさほど変わりはなく、全て合算して請求されることになりますが、外貨を円貨に換算する際に、事務処理コストとして2.00%(税別)が換算され、請求される形となります。

JAカードのキャッシング枠の返済

JAカードのキャシングはリボ払いか1回払いかを選べ、返済までの日数に応じて金利がかかり、融資利率はJAカードが17.94%、JAゴールドカードが14.94%となっています。

リボ払いの場合、月々の返済額はご自身で設定できますが、キャッシング利用ご可能枠によって最低お支払いコース金額が決まっています。

【月々の最少支払額】

キャッシング利用ご可能枠 最低お支払いコース金額
10万円以下 3,000円
11万円~18万円 5,000円
19万円~60万円 10,000円
60万円超は30万円を増すごとに 5,000円加算

 

余裕があれば上記のコース金額に加算して返済していけば良いですし、あらかじめ支払いコース金額自体を増やしておくこともできます。支払いコース金額は、状況に応じて変更することも簡単です。

また、JAカードの場合、1回払いの利用分を後日リボ払いに変更したり、リボ払い利用分を前倒して一部または全額返済したりするのも自由、こうした自由度の高さは大手ならではと言えるでしょう。

JAカードの海外キャッシング分の返済

JAカードの場合、海外キャッシング利用分の返済も国内での利用分と変わりありませんが、データ処理の都合上、請求月が遅れることがあります。

海外キャッシング利用分には、海外ショッピング利用の支払いに発生する事務手数料はかかりません。

JAカードについてのよくある質問

最後になりましたが、JAカードについてのよくある質問や疑問点にお答えします。

JAカードは他のJAでも使える?

JAカードの申し込みに伴う口座開設は基本的にお住まいのエリア、勤務地のあるエリアでのJA店舗で行うことになりますが、JAカード自体は他のJAでの利用が可能です。

JAバンクのATMは全国に約11,800台あり、キャッシュカード機能はどのATMでも時間帯に関わらず手数料0円で利用することができます。

単機能型とキャッシュカード一体型、どちらのJAカードが良い?

まず大前提として、JAバンクに口座をお持ちでない方がインターネットでJAカードを申し込む場合は、単機能型を申し込むことができませんので、申込可能なのはキャッシュカード一体型のみとなっています。

そのうえでどちらが良いかということになりますが、キャッシュカード一体型は2枚持ちしなくて済むので便利。しかしクレジットカードを紛失したらキャッシュカードもなくなってしまうデメリットがあります。

JAカードのクレジット機能、キャッシング機能をどの程度利用する予定があるかによって選択すると良さそうです。

JAカードを申し込むと在籍確認はある?

全ての方ではありませんが、JAカードの申込後、自宅や勤務先に確認の電話がある可能性があります。

勤務先に電話がかかってくることを煩わしく思う方も少なくないでしょうが、ごく簡単な確認があるだけなので、電話自体はすぐに終わりますので、申込書に記載する職場の電話番号は代表ではなくご自身に最も繋がりやすい番号にしておいたほうが良いでしょう。

勤務中というとこでご自身が電話に出られないケースもあるでしょうが、その場合でも電話に出た方が「ただいま席を外しています」などと応えれば、その職場で勤務していることはわかるため、在籍確認は完了となります。

しかし、自宅や携帯にかかってきた電話に出られなかった場合には、そのままJAカードの審査がストップしてしまう可能性がありますので、カード会社から電話があったことに気づいたら、折返し電話されることをお勧めします。

JAカードが利用できるATMは?

JAカードではNICOSカードと提携する金融機関のATM、CDでキャッシングの借入と返済、ショッピングリボの返済が可能です。

JAカードが利用できるATMは次の通りです(ATMによって一部扱っていないサービスもあります)。

【全国金融機関】
三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、三井住友信託銀行、ローソン銀行、セブン銀行、イオン銀行、農業協同組合、漁業協同組合、ゆうちょ銀行、労働金庫、信用組合

【コンビニATM】
ローソン(ローソン銀行)、セブンイレブン(セブン銀行)、ファミリーマート(イーネットなど)、ミニストップ(イオン銀行)

【北海道・東北】
北海道銀行、北洋銀行、青森銀行、みちのく銀行、秋田銀行、北都銀行、荘内銀行、山形銀行、きらやか銀行、岩手銀行、東北銀行、北日本銀行、七十七銀行、仙台銀行、東邦銀行、福島銀行、大東銀行

【関東】
常陽銀銀行、筑波銀行、足利銀行、栃木銀行、群馬銀行、東和銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、京葉銀行、きらぼし銀行、東日本銀行、東京スター銀行、横浜銀行、神奈川銀行

【甲信越・北陸】
山梨中央銀行、第四銀行、北越銀行、大光銀行、八十二銀行、長野銀行、北陸銀行、富山銀行、富山第一銀行、北國銀行、福井銀行、福邦銀行

【東海・近畿】
静岡銀行、スルガ銀行、清水銀行、大垣共立銀行、十六銀行、愛知銀行、名古屋銀行、中京銀行、百五銀行、第三銀行、滋賀銀行、南都銀行、京都銀行、関西みらい銀行、池田泉州銀行、紀陽銀行、但馬銀行、みなと銀行

【中国・四国】
中国銀行、トマト銀行、広島銀行、もみじ銀行、鳥取銀行、山陰合同銀行、島根銀行、山口銀行、西京銀行、阿波銀行、徳島大正銀行、百十四銀行、香川銀行、伊予銀行、愛媛銀行、四国銀行、高知銀行

【九州、沖縄】
福岡銀行、西日本シティ銀行、筑邦銀行、福岡中央銀行、北九州銀行、佐賀銀行、佐賀共栄銀行、十八銀行、親和銀行、長崎銀行、熊本銀行、大分銀行、豊和銀行、宮崎銀行、宮崎太陽銀行、鹿児島銀行、南日本銀行、琉球銀行、沖縄海邦銀行、沖縄銀行

JAカードの解約(退会)方法

JAカードの解約(退会)は電話(自動音声応答)にて受け付けていますが、Web会員サービス「Net Branch」からの解約(退会)はできません。

解約(退会)の際にはJAカードをお手元に用意し、NICOSカード退会専用ダイヤルまでJAカードの名義人が電話してください。

<NICOSカード退会専用ダイヤル>
0570-025410/03-6732-5777
受付時間 9:00~17:00(年末年始を除き無休)
 
 

この記事の監修者

この記事の監修者 この記事の監修者は、株式会社タンタカの代表取締役「丹野貴浩(⇒プロフィールはこちら)」で、簿記1級の資格を持ち、10年以上、クレジットカードやローンなど金融系のWEBメディアを運営・管理している実績があります。

PAGETOP