クレヒスなし「スーパーホワイト」だとクレカの審査に落ちる?

クレジットカード審査において、クレヒスは必ず確認される項目になります。

単純にクレヒスが良ければ審査に通りやすく、悪ければ通りにくくなってしまうのですが、
クレヒスがない「スーパーホワイト」だとクレジットカードの審査に落ちやすくなるのでしょうか?

ここでは、知っておくと今後の人生で役に立つクレヒスとクレジットカード審査についてわかりやすくご紹介します!


もくじ

クレヒスは「クレジットカードヒストリー」の略

クレヒスは「クレジットカードヒストリー」のことで、クレジットカードや住宅ローン、自動車ローン、目的ローン、スマホ本体の分割払い、消費者金融や銀行カードローンなどのあらゆるローンや信用販売の利用履歴・記録になります。

記録される内容は申し込み歴、入金状況(支払い状況)、キャッシングの利用日、借入額、支払日、延滞歴など、利用状況は全て一定期間保管されることになります。

クレヒスはどこに保管されているの?

クレジットカード会社やローン会社など、利用している会社にももちろん履歴が残りますが、クレヒスはこれらの社内リストとは別になり、「信用情報機関」に保管されることになります。

日本に3社ある信用情報機関

信用情報機関は日本に3社あり、クレジットカード会社も必ずいずれかに加盟しています。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

内閣総理大臣の指定を受けた指定信用情報機関で、主に消費者金融やクレジットカード会社が加盟しています。クレジットカード会社はこのCICに必ず加盟することになります。

株式会社日本信用情報機構(JICC)

こちらも指定信用情報機関で、クレジットカード会社、貸金業社などが加盟しています。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

全国銀行協会が運営している信用情報機関で、主に銀行が加盟しています。

信用情報機関に記録される内容

3社で微妙に異なるのですが、主な保管内容はこちらです。

・氏名
・生年月日
・住所
・勤務先
・運転免許証番号
・ローン、クレジットカードの申し込み履歴
・契約状況
・借り入れ状況
・支払い状況
・延滞状況・強制解約・任意整理・自己破産などの債務整理状況
・あらゆる金融事故情報(異動情報)
など

それぞれの情報は保管される期間が決まっています。

例えばスマホ本体代金を延滞してしまったとします。この場合、JICCが1年間、CICとKSCは5年間延滞歴を記録します。

自己破産をしてしまった場合、CICとJICCは5年間、KSCは10年間記録されます。

クレヒスは共有される

例えばAさんがauのスマホ本体を分割払いで購入したとします。auはCICに加盟しているので、支払い状況などはCICに履歴が蓄積されていくことになります。

Aさんはうっかり分割払いの料金を延滞してしまって、CICに延滞履歴が残ってしまいました。

1度延滞履歴が残ってしまうと、延滞を解消したとしても最長5年間は記録が保管されるのですが、ここで重要なのは延滞歴を知ることができるのはCIC加盟店だけではないということです。

CIC、JICC、JBAは「CRIN」という情報共有ネットワークで繋がっているので、延滞歴などのネガティブ情報は筒抜けになってしまうんです。

そのため、AさんがCICに加盟していない銀行でローンを組むときにもCICに記録されている延滞情報を知ることができるわけです。

良いことも悪いことも、重要な信用情報は共有されるということは覚えておきましょう。

クレヒスは知らない間に活用されている

クレジットカード会社や消費者金融などのローン会社、それから銀行などに何かしらのローン申込みをすると、審査の一環として必ずクレヒスがチェックされることになります。

クレヒスが良い人は信用度が高いですが、悪い人は低くなるのでクレジットカードの発行も渋られてしまうことになります。

クレヒスの3つの状態

クレヒスには3つの状態「ブラック」「ホワイト」「スーパーホワイト」があります。

ブラック

ブラックは延滞、債務整理、強制解約などのネガティブな情報が記録されている状態です。
例えば延滞なら5年間記録されることになるので、この5年間はブラックとなり「ブラックリスト入りしている」などと表現します。

なお実際にブラックリストという帳簿があるわけではなく、ブラックリストというのはあくまでも通称になります。

ホワイト

延滞や自己破産などの金融事故を起こしていない状態です。

クレジットカードを適切に使うと自然とホワイトになるので、延滞した心当たりがない人はホワイト状態と考えて良いでしょう。

※ホワイト状態の定義は広く「ブラックが解消されて間も無く、クレジットやローンの利用履歴がない白紙の状態」と解釈されることがあります。この場合、同じホワイトでもあまり良い状態とは言えません。

なお、過去にローンを組んだことがない人やクレジットカードを所有したことがない人などはホワイトではなく次のスーパーホワイトになります。

スーパーホワイト

スーパーホワイトは各種ローン、クレジットの利用履歴が全くない状態です。

スーパーホワイトが考えられるケースは現金主義の場合です。借金をしたことがなく全て現金で払ってきた場合は信用情報機関に記録が残っていなくても不思議ではありません。

次に考えられるのが、クレジットカードなどを作りたくても発行してもらえず、信用情報機関に記録されてない場合です。

前者は「クレジットカードを自分の意思で利用しなかった」となりますが、後者は「クレジットカードを利用したかったけどできなかった」ということになり意味が全く違ってきます。

スーパーホワイトはクレジットカード審査に不利?

スーパーホワイトはクレジットカード審査が不利になると聞いたことがありませんか?

記録がないことがなぜ不利になるのかというと、返済実績がないため本当に返済能力があるのかどうか判断できないからなんです。

クレジットカードは一括払いでも分割払いでも、その場で支払いをするのではなく後払いで払うことになるので商品だけ先に受け取って返済はできないという状態はとても困ることになります。

そのため返済能力は非常に重要になるのです。

年齢を重ねるほどスーパーホワイトは不利になる

20代前半くらいの人ならクレジットカードを持っていなくても不思議ではないので、この年代の人がスーパーホワイトでもクレジットカード審査に通過する可能性はあります。

では40代ではどうでしょうか。

40代になってクレジットカードを1枚も持っておらず、ローンを1回も組んだことがないとなるとクレジットカード会社に警戒されることになります。

返済能力が全くわからないので「返済が滞って貸し倒れになったら困る・・・」と判断される可能性が高くなり審査に不利になるわけです。

少なくともこれまでコツコツとクレヒスを貯めて確実に返済実績を積んでいる人と比べたら立場は悪くなってしまいます。

現金主義でスーパーホワイトでも審査は不利なの?

これまで現金主義で通してきた人は大変堅実で、毎月の返済で苦しんだり延滞した経験もなかったかと思います。しかし、この情報社会においては信用できる材料が足りないからクレジットカードの発行もできないと判断されてしまうことになるんです。

きちんとその都度現金払いしてきたことがクレジットカード審査を不利にするなんて納得がいかないかもしれませんが、「今はそういう時代だ」と理解して、1日でも早くクレヒス磨きを始めないと状況はますます不利になります。

具体的な線引きができるわけではないのですが、20代前半はセーフですがそれ以降になるとどんどん厳しくなると考えておきましょう。

クレヒスを良くするにはどうすればいい?

クレヒスを良くすることを「クレヒスを磨く」とか「クレヒス修行をする」などと表現することがありますが、実際はこういう言い方が必要なほど難しいことではありません。

クレジットカードを普通に使えばクレヒスは磨かれる

クレヒスはクレジットカードや分割払いの利用履歴なので、普通に使っているだけで自動的に蓄積されていきます。

ですので良いクレヒスを貯めるにはクレジットカードをより良く使っていくだけで良いんです。

「クレジットカードをより良く使う」とは、

1.クレジットカードを毎月使うこと
2.毎月の口座振替(自動引き落とし)で返済すること

たったこれだけです。普通の使い方ですよね!

クレヒスは利用履歴の積み上げになるので、たまにクレジットカードを使う程度では良くなっていきません。かといって無理やり買い物をする必要もないですよ。

たとえば、

・公共料金の支払いをクレジットカード払いにする
・スマホ利用料金、本体分割代金の支払いをクレジットカード払いにする
・会員制サービスなどの毎月払いをクレジットカード払いにする

など、自分が必要な支払いをクレジットカード払いにするだけでも毎月自動的にクレジットカードを使うことになります。

そして、利用代金は毎月行われる口座振替で確実に支払うようにしましょう。返済は信用能力と直結するので、1度でも延滞してしまうと積み上げたクレヒスも無駄になってしまいます。

クレヒスの改善方法は、この「クレジットカードを毎月使う」「口座振替で支払う」の2つと言い切っても良いくらいなのですが、気をつけておきたいことを以下にあげていきます。

クレヒスの磨き方1:うっかり延滞しない

これは基本中の基本です。クレジットカード会社に「うっかり」や「たまたま」は通用しません。

口座振替で返済していけば延滞することは絶対にありません。

クレジットカード会社がカード発行をもっとも渋るのはブラックの人です。ブラックの人は過去に確実に金融事故を起こした人になるので、クレジットカードを発行しても繰り返す可能性があると判断されてしまうんです。

過去に交通事故を起こしたことがある友達に「車を貸して欲しい」と言われても「この人に貸したらまた事故を起こすんじゃ?」と思えてきませんか?

少なくとも事故歴のある人よりも運転歴はあるけど事故歴はない人の方に安心して車を貸せると思います。

また、特に近年増えているのが若年層の延滞です。

スマホ本体を実質0円や分割払いで購入して、毎月の引き落としが滞ったことはありませんか?

本体代金は利用料金と一緒に引き落とされるので、なんとなく毎月支払っている人もいるかもしれませんが、分割代金はローンと同じなので延滞するとクレヒスに傷がついてしまいます。

クレヒスを磨くためには延滞だけは絶対にしないようにしましょう。

クレヒスの磨き方2:収入に見合った使い方をする

クレジットカードの限度額は年収を考慮して設定されていますし、限度額以上は使えないのですが、だからといっていつも限度額いっぱいまで利用するのは考えものです。

特に限度額ぎりぎりまで使って、支払いはリボ払いという状態は非常に良くありません。

リボ払いは時に便利なものですが、クレヒスを磨くことを第一に考えれば基本は1回払いにしておいて、どうしても複数回に分けて支払う必要があるときはリボ払いではなく分割払いにしておきましょう。

ただし、サブカードを持つためにクレヒスを磨きたい場合はリボ払いを使った方が良いケースもあります。

リボ払いを確実に返済していくことそのものがクレヒスの積み上げになり信用能力を上げることになるので、確実に返済できる場合はリボ払いで返済履歴を積み上げてもよいでしょう。でも、絶対に延滞しないようにしてくださいね!

※リボ払いは気がついたら返済額が溜まっていることもあります。いくらクレヒスを磨きたいからといって積極的に利用するのは避けてください。

クレヒスの磨き方3:キャッシング、クレカのキャッシング枠は利用しない

もちろんどうしても借りないといけない時もありますし、経済的に余裕があっても海外旅行で便利な海外キャッシングを利用することもあるでしょう。

こういった必要性のある時を除いて、日常的にキャッシングをすることは避けた方が無難です。

借りたお金を返していくことも返済履歴を積むことになるのですが、そもそもお金を借りるということがクレヒス磨きとは相反します。

収入に見合った生活をしている人は、よほどのことがない限りカードローンでお金を借りる必要はないはずなのでクレジットカード会社の方でもキャッシング歴があるということはお金の管理ができない人、お金に困っている人と判断することがあるんです。

こういった信用能力を下げてしまうようなことは避けた方が良いでしょう。

クレヒスはあくまでも「クレジットカードを適切に使って確実に返済すること」で徐々に積み上がっていくものだということを忘れないでくださいね。

クレジットカードを持ってない場合のクレヒスの磨き方

「クレジットカードを使いたいけど、ブラックリスト入りしていて今はまだ作れない・・・」という人もいます。

こういった場合のクレヒスの磨き方も確認しておきましょう。

クレジットカード不要のローンを組む

最適なのが少額のローンを組んでクレヒスを積むことです。

クレヒスはクレジットカード利用だけではなく、ローンの返済でも磨いていくことができるので、確実に返済できる程度のローンを組んで返済実績を積み上げることでもクレヒス磨きになるんです。

身近な例では、スマホを買い換えるときにお店が用意しているショッピングローンで分割払いにする、洋服を買うときやエステなどの支払い家電製品をショッピングローンで購入するなどの方法があります。

ちなみに最も審査難易度が低いのがスマホ本体の分割払いと言われています。(審査落ちすることもあります)

アコム「ACマスターカード」に申し込んでみる

アコムのACマスターカードもクレジットカードのひとつなのですが、他のカードと違って消費者金融が発行しているクレカになるので、審査内容がちょっと異なるんです。

一般的にクレジットカード審査はクレヒスを非常に重要視しますが、アコムACマスターカードは今現在安定した収入があることが重要になります。

ですのでスーパーホワイトでも毎月きちんとお給料をもらっているという人なら審査通過する可能性は十分あります。

もちろん普通のクレジットカードと同じように利用できるので、比較的審査に通りやすいアコムACマスターカードでクレヒスを積んで、本当に作りたいクレジットカード審査に挑戦するという方法はとても有効です。

ただし、アコムACマスターカードは支払い方法が実質リボ払いのみになり、1回払いにするには毎月自分で手続きをしなければいけないので長く使い続けるには不向きなクレジットカードになります。

かといって持っているだけではクレヒス磨きにならないので、クレヒス修行のためと割り切って期間を決めて使うと良いでしょう。

ちなみにアコムACマスターカードは、パート・アルバイトの人でも申し込み可能で、最短即日発行も可能ですよ。

クレジットカード審査とクレヒスの関係 Q&A

ここからはクレジットカード審査とクレヒスについてのちょっとした疑問をQ&Aで見ていきましょう。

プリペイドカード、デビットカードでもスーパーホワイトを脱却できる?

結論から言うと、プリペイドカード、デビットカードではクレヒスはたまらないのでスーパーホワイトの解消には繋がりません。

そもそもクレジットカードとプリペイドカード・デビットカードは全く性質が異なります。

クレジットカード お買い物やサービスに対する支払いを「後払い」できるカード。
支払いはクレジットカード会社が指定する日に口座引き落としで行います。
プリペイドカード 利用前に「チャージ(入金)」した分だけ利用できるカード。
支払いは即時行われます。
デビットカード 自分の「銀行口座の預金残高の範囲」で利用できるカード。
支払いは即時引き落としがかかります。

 
この3つの中で後払いになるのはクレジットカードだけで、プリペイドカードとデビットカードは即時払いになるんです。

プリカはあらかじめチャージした金額、デビットカードは預金の範囲でしか利用できないので、カードを発行するときに信用情報を審査されることもないですし、クレヒスとも関わりがないということになります。

「VISAデビット」のように国際ブランド名がついたデビットカードもありますが、あれはVISA加盟店で使えるという意味のカードなので、同じくクレヒス磨きには使えません。

家族カードなら持ってるけどクレヒス磨きになる?

家族カードは本会員の家族が自分名義で作れるクレジットカードです。

生計を共にする配偶者、親、18歳以上の子供向けに作ることができて、カードの名義はその家族それぞれになります。

家族カードでもクレヒスは溜まっていくのですが、家族会員それぞれにたまるのではなく一括して本会員につくことになります。

家族カードの支払いは本会員の口座からの自動引き落としになるので返済能力が問われるのは本会員になります。

また、家族カード利用分の返済が滞った場合の責任も本会員が担うことになるので、クレヒスも本会員にしかたまらないのです。

専業主婦だからスーパーホワイトだった場合も審査落ちする?

そもそも本人に収入がない専業主婦の人はクレジットカードを作ることはできませんが、専業主婦を卒業してパートで働くことにした人など、自分名義のクレジットカードが欲しいときもありますよね。

しかし、自分のクレカを作る前に結婚して自分名義のカードを作ったことがない人や、これまでは配偶者の家族カードを使っていた場合などは、スーパーホワイト状態であることが考えられます。

現代社会においてはローンの名義人になるのは夫婦のうちの男性であることも多いので、特に若くして専業主婦になった方は自分でローンを組んだこともない、本会員となってクレジットカードを作ったこともないという人もいるでしょう。

こういった事情があったとしてもスーパーホワイトというのは審査が不利になります。

審査する側にとっては審査できる情報や材料がないということになるので、安心してクレジットカードを発行することができないんです。

クレジットカード審査の際に、スーパーホワイトになった経緯は基本的に考慮されないと思っておきましょう。

家族がスーパーホワイトだと審査に落ちる?

親がスーパーホワイトで子供がクレジットカードに申し込む場合などに、こういう不安があるのではないでしょうか。

でもこの点は安心してください。

クレジットカードの審査はあくまでも申し込みをする人(本会員)に対して行われるので、親が現金主義でスーパーホワイトであったとしても本人(子供)の審査には影響しません。

こういった場合に審査落ちしてしまうと「親がスーパーホワイトだからではないか?」とか「親に自己破産歴があるからではないか?」と思ってしまいそうですが、クレジットカード審査に落ちる原因は自分にあります。

なぜ審査落ちするのかわからない場合は、信用情報の開示を行なって確認してみましょう。

PAGETOP